【美プロ】 食べ過ぎで疲れた胃に……。調理も簡単、カモミールのプリン 【ビューティコラム】

0

美プロ「ビューティコラム」は、”美しくなるための秘訣”を美容のプロに聞くコラムです。美容方法のコツや、ちょっと気になるお悩みなど……あなたを美しくするための美容に関するさまざまな対処法をご紹介していきます。

 

忘年会やクリスマス、お正月や新年会など、“おいしい誘惑”が多い年末年始。「ついつい食べ過ぎちゃった……。」という方も多いのではないでしょうか? 疲れた胃を休ませるために、あっさりとした消化のいい食事を心掛けたいところですが、甘いものはやめられないのが女子というもの……。

そこで今回は、弱った胃腸の調子を整える効果が期待できる、カモミールをつかった簡単スイーツをご紹介します。つるんと食べやすい「カモミールのプリン」は、食欲がないときにもおすすめですよ!

 

簡単! プリンの素でつくるカモミールのプリン

<材料>

  • プリンの素(牛乳で溶かして作るタイプのもの)1箱
  • 牛乳 適量
  • カモミールのハーブティー(ティーバッグタイプ)2個

※市販の「プリンの素」を使用するため、分量や作り方が異なる場合があります。

<作り方> 

  1. 鍋にプリンの素を入れ、牛乳(半量)を加えます。
  2. カモミールのティーバッグ2個を入れて中火にかけ、粉末を溶かしながら、カモミールティーを煮出します。
  3. 沸騰したら弱火にし、さらに1分ほど火にかけます。
  4. 火を止めて、残りの牛乳を加え、よくかき混ぜます。
  5. ティーバッグを取り出して、プリンの容器に流し入れます。
  6. 粗熱がとれたら冷蔵庫に入れて、固まったらでき上がり!

 

お好みで、グラニュー糖をかけてバーナーなどで焦げ目をつければ、写真のような焼きプリン風になります。フルーツや生クリームをトッピングすれば、見た目も本格的なスイーツに!

カモミールは、胃腸の調子を整えるだけでなく、ストレスを和らげる鎮静効果も期待できます。食べ過ぎにはもちろん、ストレス性の胃痛のケアにもおすすめです。

ハーブはノンカフェインなので、子どものおやつにも安心です。カモミールには安眠効果も期待できるため、寝つきの悪い子や、腹痛を起こしやすい子につくってあげるのもいいですね。

とても簡単なので、ぜひつくってみてくださいね。

 

今回の美プロ

プレミアビューティアカデミー アロマ&ハーブ講師 高橋 朋子
AEAJ認定アロマテラピーインストラクター/AEAJ認定ア ロマセラピスト/JAMHA認定ハーバルセラピスト/ICAM 国際試験機構 アロマテラピー部門 認定インストラクター/ ICAM国際試験機構 ハーブ部門 認定インストラクター

アロマ&ハーブ講師の高橋です。ディズニーのホテルでディズニースマイルを振りまいて元気を提供していた18年前。東京駅でディズニー帰りの疲れたゲストを見ながら、非日常の一部分だけではなく、「ライフスタイル全般を癒し、サポートしたい!!」という想いから転身。花屋の娘に育ち、植物の恩恵に目覚め、アロマセラピスト、ハーバルセラピストを目指し講師に至りました。心療内科で10年間患者様を癒し、薬に頼らない心のケアに努め、老若男女幅広い人たちを癒す中、自身の美を維持するのにも“心と体の健康”が大切!!と20代、30代の女性に響くアロマ&ハーブケアを広める毎日です。これから、みなさんの生活に役立つ癒しの方法を配信していきますので、お楽しみに!

 

アイキャッチ画像出典:https://www.photo-ac.com/