産褥ショーツって何? 何枚用意すればいい?

0

妊娠をすると、出産のためにさまざまなアイテムが必要になってきます。そのなかのひとつが、「産褥ショーツ」です。

多くの産婦人科で「用意をするように」と言われるこの産褥ショーツ、いったいどんなものなのでしょうか? 使う期間や必要となる枚数は? そんな疑問にお答えします。

 

産褥ショーツって?

産褥ショーツとは、簡単に言えば、「産後すぐに使うショーツ」のことで、股の部分が開閉できる形状のものです。そのため、ショーツを脱ぐ必要がなく、寝たままの姿勢で診察や、悪露のためのパッド交換をしてもらうことができます。

悪露とは、産後すぐから1ヶ月ほど続く、子宮からの出血のこと。出産によりはがれ落ちた子宮内膜、出産時にできた傷による分泌物などが出てくる症状です。

この悪露は、産後の体調のバロメーターになるものでもあるので、助産師や看護師によって状態がチェックされるのです。

 

産褥ショーツ、どれくらいの期間使う? 必要な枚数は?

産褥ショーツは、撥水する布でつくられており、寝たままの状態でもパットが交換できるようになっています。ショーツを脱ぎ着する手間を省くことができますし、つらい体に不要な負担を強いることもありません。

悪露の量がそれほど多くないのであれば、サニタリーショーツでもある程度は代用が可能ですが、悪露の量はあらかじめ予想ができないため、代用する場合でも、入院中は産褥ショーツを、退院してからはサニタリーショーツを使うようにするのがよさそうです。つまり、産褥ショーツは「期間限定色」の強いアイテムだといえますね。

また、産褥ショーツは2~3枚セットで売られていることが多く、これが一つの基準となりますが、余裕を持って使いたいという人の場合は、4枚程度あると安心です。

ただし、出産の記念品として、病院から産褥ショーツが贈られる場合もありますので、用意するまでに病院に確認するのがベターです。

 

産前、産後は特別なケアが必要になります。お腹が大きくなって動きにくくなる前に、産褥ショーツを揃えておきたいですね。

 

アイキャッチ画像出典:https://pixabay.com/

 


 

About Author

PREMIER TODAY 編集部

私たちPREMIER TODAY編集部は、「女性の毎日を美しく」を掲げ、ライフスタイルや仕事、趣味や家族関係などさまざまな場面において、女性自身がよりよく満ちる情報をお届けしていきます。