【マタメシ】簡単! つくり置きして毎日飲みたい「ジンジャーシロップ」

0

寒い季節、冷えた体をあたためてくれる食材といえば「生姜」ではないでしょうか。料理のアクセントや風味づけに使うことが多いかもしれませんが、今回ご紹介するのは、砂糖とハチミツを合わせたジンジャーシロップです。

お湯で割ることでじんわり体をあたためるホットドリンクに変身しますし、炭酸水で割ればお手製のジンジャーエールにもなります。たくさんつくり置きして、生姜のおいしさを存分に味わいましょう!

 

ピリッとくる辛みと甘みのバランスが絶妙!「ジンジャーシロップ」



【材料】

  • 生姜   100g
  • 砂糖   50g
  • ハチミツ 50cc
  • 水    125cc

 

【作り方】

1、生姜をよく洗って泥を落とす。

2、皮のまま半分を薄く切り(千切りでもOK)、残り半分はすりおろしておく。

3、小さい鍋に水、砂糖、ハチミツを加えてあたためる。

4、砂糖が溶けたところに2の生姜を加え、弱火で8~10分ほど煮る。

5、火をとめ、冷ます。

6、粗熱がとれたところでザルでこし、保存容器にいれて完成!

 

生姜は皮のまま使いますが、細かい泥がついていることがあります。そのため、調理する前に水でよく洗いましょう。生姜をすりおろすのが面倒なときは、すべて薄切りでも、千切りでもかまいませんが、すりおろしを入れると、より生姜の風味が楽しめます。

ザルでこした生姜は捨てずに、炒め物に入れたり、ジンジャーシロップを使った飲み物に浮かべるなどして、活用しましょう。

今回ご紹介したジンジャーシロップを炭酸水と割る場合は、シロップ大さじ1に対し、炭酸水180ccくらいが適量です。薄め、濃いめなどの好みは、この割合を目安に調節してみてくださいね! 炭酸水やお湯割りだけでなく、ホットミルクに加えても体があたたまり、とっても美味しいですよ。ジンジャーシロップを常備して、寒い冬を乗り切りたいですね。