アンチエイジングの基本! 毎日続けたい、4つの習慣

0

「アンチエイジング」という言葉は知っていても、具体的に何をどうしたらいいのか、イマイチよくわからなかったりしますよね。それもそのはず、ヒトの老化を促す要素はさまざまなため、「これをしたらいい!」と一言でいえるものではないからです。

そこで今回は、エイジングにとくに影響を与えやすい、環境などの外的要因と、自身の体の変化といった内的要因を整理して、アンチエイジングのために毎日続けたい4つの習慣をご紹介します!

 

外的刺激から肌を守る!

1. 徹底的に乾燥を防ぐ

エイジング対策としてもっとも多くの方が気になるのは、肌の乾燥対策ではないでしょうか。とくに秋冬は湿度が低く、肌の乾燥を感じやすい季節でもあります。

一時的に水分が不足している「乾燥状態」であれば、化粧水・乳液を丁寧につけるなど、一般的な保湿対策でも効果は得やすそうですが、肌がカサカサ・つっぱった状態を放置してしまうと、常に肌の水分が不足する「乾燥肌」や、ちょっとした刺激で肌荒れを起こす「敏感肌」へと症状が進み、肌の弾力が失われ、シワやたるみの原因となってしまいます。

・洗顔時は、肌の表面を荒れさせないよう「泡で洗う」意識を。ゴシゴシこするのはNG!
・普段の化粧水や乳液などで保湿が足りないと感じたら、すぐに緊急対策を。たとえばヒアルロン酸の1.3倍ともいわれるほどの高い保湿力が特徴の「プロテオグリカン」が入っている化粧水や乳液に変えてみましょう!

上記のように、肌に直接水分を補給したり、肌の保湿力をアップさせる対策はもちろん、マスクやマフラーを利用して、なるべく肌が直接外気に当たらないようにしたり、加湿器で部屋の湿度を上げるなど、「肌環境」そのものへ働きかける対策も意識してみましょう。

 

2. 光老化を防ぐ

紫外線による肌トラブルといえば、シミやくすみ。夏は十分な紫外線対策をしている方が多いと思いますが、冬はつい気を抜いてしまう……という方は要注意です。

というのも、肌の真皮まで届く紫外線A波(UVA)は、季節や天候によらず年中降り注いでいます。このUVAは肌の深部に少しずつダメージを与え、コラーゲンやヒアルロン酸の分泌量を低下させてしまいます。肌が赤くなる日やけの主な原因となる紫外線B波(UVB)による肌表面へのダメージと合わせ、これら紫外線による肌の老化は「光老化」と呼ばれ、その影響の大きさへの注目が高まっています。

そのため、冬でも日焼け止めは忘れず塗るようにしたいのですが、日照時間や紫外線量が異なるため、夏と同様にUVカット率が高いものを選ぶよりも、乾燥対策と合わせて保湿力のある日焼け止めを選ぶことをおすすめします。

ただし、太陽の光を浴びることは、心のバランスを整える「セロトニン」の分泌や、肌細胞を成長させる「ビタミンD」の生成にもつながるのだとか。とくに冬は太陽光が弱く、気分が滅入りがちな「季節性うつ」を引き起こすこともあります。ほどよい日光浴も生活の中に採り入れてみてくださいね。

 

身体の中からもエイジング対策を!

3. 糖化を予防する

「糖化」とは、体内のたんぱく質にエネルギーとして消化されなかった糖が結びついて、糖化たんぱく質(AGE)となることを指します。AGEは一度生成されると分解されず、体内に蓄積されて老化やさまざまな疾患の原因になるといわれています。

このAGEの影響が出やすいのが、肌の状態。肌にあるコラーゲンは元々透明なのですが、たんぱく質が糖と結びつきAGE化することで褐色に変色し、機能も劣化してしまいます。この変色がくすみとして肌色に現れたり、肌のたるみやターンオーバーの低下をうながすのです。

糖化を予防するには、体内に余分な糖類を蓄積させないことが重要です。基本的な考え方は、血糖値コントロールと同じでOK。食事時には野菜や海藻など食物繊維の多い食品を先に食べる、甘いものなど間食を控えて血糖値が急激に上昇するのを抑える、食事はなるべく規則正しく摂り、夜遅い時間の飲食は控える、適度な運動を心がける、など。

AGEの増加・蓄積は、動脈硬化や骨粗鬆症の原因にもなるともいわれています。身体全体を老化させるAGE化はなるべく避けて、身体の内側から健康でいたいですね!

 

4. 酸化を予防する

体の酸化、という言葉は聞いたことがある方が多いかもしれませんね。ヒトが呼吸をし酸素を取り込むたび、体内でが活性酸素が発生しますが、これが体を「錆びさせていく」原因となります。具体的には、活性酸素が細胞に触れることで細胞が酸化し、細胞のはたらきを低下させたり、さらには細胞自体を死なせてしまったりもするのです。

酸化が進むと、糖化と同じようにコラーゲンの機能が低下し、肌のたるみやシワ、ターンオーバーの低下へとつながります。喫煙や過度の飲酒、過度の運動、ストレスといった活性酸素が発生しやすい原因をつくらないようにするのはもちろん、ビタミンCやポリフェノールといった抗酸化力があるといわれる栄養素を積極的に採り入れて、体の酸化を防ぎましょう!

 

アンチエイジングの最終兵器!? 「ヒト幹細胞コスメ」に注目!

上記のような外的要因、内的要因をつくらないように頑張っていても、「最近、肌が乾燥してしまった」「寝不足が続いている」など、どうしてもお肌の調子が上がらない、ということはあるかと思います。

そんなときに活躍してくれるのは、近年注目を集めている「ヒト幹細胞コスメ」。ヒト幹細胞とは「どんな細胞にもなりうる細胞」のことで、ノーベル賞を受賞したiPS細胞をはじめ、再生医療の分野で大きく期待が寄せられています。このヒト幹細胞の培養液を使用した「ヒト幹細胞コスメ」は、培養液が肌の表皮や真皮の細胞の活性化を促してターンオーバーの周期を整え、若々しい肌の状態を取り戻すことが期待されています。

これまでの化粧品が「不足する成分を補う」という考え方だったとすると、「肌本来の元気な力を取り戻すことで肌の調子を整える」という新しい考え方。次世代のアンチエイジングアイテムの定番になる日も遠くないかもしれません……!

 

アンチエイジングの基本となる習慣を毎日続けて、年齢を感じさせない美肌を保ちたいですね。

 

<関連記事>
肌の潜在能力を呼び覚ます! 年齢や環境に負けない美肌のつくり方
【体験レポ】話題のヒト幹細胞コスメをグイグイと浸透! 最新若返りエステの実力とは?

 

アイキャッチ画像出典:https://pixabay.com/