九州の「酒・食・器」が、この一店で楽しめる「博多 住吉酒販」

0

仕事の帰りに「今日は軽くお酒を飲みたいな……」なんて日はありませんか? そんなときオススメなのが、サクッと飲める立ち飲み。女性ひとりでは気後れしがちですが、酒屋さんの一角にある立ち飲みコーナーなら、思ったよりも気軽に入れそうです。

博多に行ったら利用してみたいのが、駅ビルの中にある「博多 住吉酒販」。九州の美味しいお酒とおつまみを購入できる酒販店です。豊富な品揃えと利便性から、特にビジネスパーソンに大人気! ひとり飲みを楽しむスーツ姿の女性も多いそうですよ。

 

九州の「酒・食・器」が、この一店で楽しめる

「角打(カクウチ)」という言葉、ご存知ですか? 酒販店の中での立ち飲みを、九州・関東では角打というのだとか。飲んでみて、気に入ったお酒を買って帰ることができるのも、角打ならではの良さですね。

角打で九州の「酒・食・器」が堪能できる……と話題を集めるのが、福岡の「博多 住吉酒販」。取り扱うお酒は、九州産メインの日本酒や焼酎、 ワイン、ビール、梅酒など、じつに豊富な品揃えです。

食品では、「唐津産の塩うに」や「甑島(こしきしま)産のきびなご一夜干し」、「熊本産の有機トマトピューレ」など、九州の美味が並びます。いずれも、原料や製法にこだわって造られたものだけを扱っているのだとか! 角打では、これらを使ったおつまみを味わうことができます。

さらに、おつまみが盛られる器は、佐賀県の唐津焼。「隆太窯」の作家・中里 太亀(たき)さんの作品で、こちらも店内で購入できるそうですよ。

 

支払いは花札で? 小粋な清算システム

立ち飲みでは、注文のたびに現金で支払うキャッシュオンスタイルが多いのですが、「博多 住吉酒販」はちょっとオシャレなチケット制。角打コーナーへ行くと、1 枚300円(税別)換算の10枚の花札が渡されます。メニューに表示されているお酒や料理の値段は、札の枚数。注文時は札で支払い、帰る時に、使った枚数で清算するというシステムです。

また、10枚の札の中に「月見で一杯」などの役(やく)が含まれていたら、お店から日本酒 1杯のプレゼントが! あたり役は月替わりとのことで、それも楽しみのひとつですね。

女性ひとりでも利用しやすい角打

地元の人はもちろん、出張や旅行など多くの人で賑わう、JR博多駅。その「みやげもん市場」の一角にある「博多 住吉酒販」の営業時間は、8 時から21 時まで(ラストオーダー20 時)。朝呑みも、「お土産選びのための試飲・試食」という目的があれば、後ろめたさを感じませんね!

博多駅利用の際には、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

住吉酒販 博多駅店
公式サイト:http://sumiyoshi-sake.jp/shop_hakata

 

アイキャッチ画像出典:住吉酒販有限会社