“新しさ”を感じる伝統工芸品 竹虎「竹ワインクーラー」

0

植栽や建築資材、ざるや水筒といった日用品、釣り竿やおもちゃなど、あらゆるところに活用されていた竹。しなやかな強さと凛とした美しさを持つ竹は、かつては日本人の生活に、なくてはならないものでした。そんな竹から作られた、斬新な「竹ワインクーラー」のご紹介です。

taketora-img

画像出典:http://www.taketora.co.jp/

 

原料は、ひとつひとつ厳選された孟宗竹

竹は、とても成長の早い植物として知られています。種類にもよりますが、およそ3年ほどで、竹製品の材料にできるほどに育つのだとか。竹の中で最も大きく育つのが、春の味覚「タケノコ」でお馴染みの、孟宗竹です。高さ20m以上に育った極太の孟宗竹が、「竹ワインクーラー」の材料。伐り出された孟宗竹は、太さ・節間・形・傷など、ひとつひとつ職人の厳しい目でチェックされます。最終的にワインクーラーの材料に選ばれるのは、なんと1割程度なのだとか。

 

明治27年創業 老舗ならではの丁寧な手仕事

厳選された竹は、湯抜き・乾燥を経て、機械でざっとハツリ加工。そして、職人による熟練の手削りが行なわれます。自然素材だからこそ、太さも形もまちまち。この手仕事が、竹の肉厚感と風合いを残す美しい仕上がりのために、欠かせないものなのです。その後、割れ防止の樹脂加工塗装・下地塗り・手磨き・仕上げ塗装と、いくつもの工程を経て完成。「竹ワインクーラー」には、明治27年の創業から竹を専業としてきた老舗「竹虎」の、確かな技術と竹を愛する思いが込められています。

 

インテリアにもなる「竹ワインクーラー」

洋のワインクーラーなのに、和の手桶をイメージした形。持ち手部分には、適度な厚みとくびれがあります。これが「持ちやすくて良い」と、ワイン好きのご家庭はもちろん、レストラン・料亭でも大好評! 国内だけでなく、海外からの問い合わせや注文もあるのだとか。別料金ではありますが、名入れもしてくれるので、プレゼントにも喜ばれそうですね!
花器や新聞入れなど、インテリアとして使っても素敵な「竹ワインクーラー」。シックで存在感がある、粋な竹製品です。

 

竹虎 竹ワインクーラー ¥4,800(税別)
公式サイト:http://www.taketora.co.jp/