少しの知識が大きな差に。翌朝の“キレイ”をつくる深夜ごはん

0

仕事帰りの飲み会や、残業のあとの深夜ご飯。よくないと思いつつも、働く女性は、なにかと夜遅い時間の食事が多くなりがちではないでしょうか。

今回は、深夜に食べても太りにくい食べ物、そして食べ方のコツについてまとめました!

 

なぜ深夜ごはんは太りやすいの?

まずは、夜遅い時間の食事が太りやすくなる原因について。活動している日中の食事と違って、深夜ごはんはその後寝るだけで、エネルギーがあまり消費されません。そのうえ、そもそも夜は、副交感神経が優位になっていて、身体がリラックスモード。新陳代謝が抑制されているため、夜遅い時間帯に摂取したエネルギーは消費されにくくなるのです。

 

深夜ごはんに向いている食べ物は?

夜遅い時間帯に摂取したエネルギーは消費されにくいことを踏まえると、深夜ごはんに向いているのは、ダイエットでもおなじみのヨーグルトやりんご、豆腐などといった「なるべく低カロリーで、消化が早いもの」となりますね。加えて、消化を促す=胃腸に負担をかけないためには、冷たいものより暖かい食べ物のほうが、よりいいでしょう。そう考えると、味噌汁や野菜スープといったメニューもおすすめです。

体内で糖に変わる炭水化物は基本的には避けたいところですが、「どうしてもお腹が空いていて、お米が食べたい!」というときは、おかゆやお茶漬けにして水分と一緒に摂ることで、お米の量を減らして摂取カロリーを抑えるといいですよ。

 

深夜ごはんを食べても太りにくいコツ

深夜にごはんを食べるときはとくに、よく噛んでゆっくり食べるように意識しましょう。よく噛み、食事に時間をかけることで満腹中枢が刺激され、量をたくさん食べなくても満足感が得やすくなるのです。また、目安としては、就寝する2時間前までに食べ終わるようにしたいもの。寝る直前に胃の中に食べ物が入っている状態だと、寝ている間、つまり本来胃腸が休むはずの時間にも活動を続けることとなり、胃腸の調子を崩す原因となってしまいます。

 

お腹が空いていると、そのことが気になって寝付きが悪くなることもあります。質のよい睡眠でしっかり休むためにも、我慢できそうもないときはいっそ無理せずに、コツを押さえた深夜ごはんを楽しみましょう!

 

アイキャッチ画像出典:https://pixabay.com/