清潔感ってどうつくる? 押さえておきたい、印象美人になるテク

0

冬は、黒やグレー、紺など、ファッションが暗めのトーンになりがちで、見た目も地味な印象に……。そんな冬こそ清潔感を出して周囲と差をつけたいもの。ではどうしたら、印象美人になれるのでしょうか? 今回はそのポイントをお教えします。

 

印象美人ってどんな人?

すごい美人ではなかったり、スタイルが抜群ではなかったりしても、なぜかモテる女性って周囲にいませんか? その人こそ、“印象”が美人なのかもしれません。人の第一印象は、もちろん見た目で決まります。人間は視覚から約8割の情報を得ているので、見た目は印象付けにおいて重要項目というわけです。でも、容姿だけでは、必ずしも印象がいいとはいえません。印象のいい人には、必ずといっていいほど「清潔感」があるのです。

 

印象美人になるために、おさえたいポイント

それでは、印象美人をつくる「清潔感」は、何が決め手となるのでしょうか。おさえておきたいポイントをご紹介します。

1、歯

歯は、目と同様に、顔の中で印象に残るパーツのひとつです。どんなに美人でも、歯がガタガタだったり、黒ずんでいたりすれば、だらしない印象が残ってしまうもの。ホワイトニングの専門審美歯科に通院するのもいいですし、ホワイトニング効果があるとされる歯磨き粉も簡単に手に入るので、日頃からお手入れを忘れず、白い歯を心掛けましょう。

2、肌

きめ細かい透明感のある、整った肌の人を見ると「女性らしくてきれい」と思いませんか? 白く透き通る美肌は、清潔で規律正しい生活をしている、いい印象を与えます。

3、瞳

印象的な女性は、瞳に特徴があります。男性がつい惹かれてしまう女性の目は、キラキラと輝いているもの。いくら大きい瞳でも、怒っていたり、やる気のない目線では魅力的とはいえません。相手に興味を持って話を聞くようにするだけで、きっとキラキラした印象を残すはずです。

4、笑顔

印象美人のポイントで大切なのは、やっぱり愛嬌のある笑顔! 笑顔なら口角も上がります。笑顔が自然な人は「日々の充実」が感じられます。「クールビューティ」という言葉もありますが、笑顔がつくってくれる幸せなオーラにこそ美しさが宿ります。笑顔をつくるのが苦手な人は、鏡を見るたび、自分に笑いかけるようにしてみましょう。

5、姿勢

普段、姿勢を意識していますか? 座り姿や立ち姿は、案外見られているものです。背筋が曲がっていたり、座るときに足が開いていたりしたら、だらしなく見えてしまいますよね。印象的な女性は、まっすぐとした姿勢で、凛としているもの。美しい姿勢維持を心掛ければ、腹筋や背筋もバランスよく付くので、カラダの改善にももってこいです。

6、身だしなみ

シワになったスカートや、毛玉のあるセーターなどを着ていませんか? 目にとまると、人にだらしない印象を与えてしまうものです。また、冬こそ、白やパステルなど、明るいカラーを身につけましょう。顔色を明るく見せてくれる効果があるので、印象美人につながりますよ。

7、整理整頓

会社のデスクに書類が山積みだったり、ものが散らかっていたりしていませんか? 身の回りをいつもきれいに整えている人は「清潔な人」という印象を与えます。片付けや整理整頓ができる余裕には、心の美しさがあらわれるのです。

 

例えば、誰かがハンカチやティッシュがなくて困っているとき、さっと出せる女性って素敵ですよね。そういった気遣いも「印象美人」のひとつです。まず小さなことから意識を変えてみましょう。意識が変われば、そういった所作が自然に出るようになり、内面から輝く“印象美人”に近づけるはずです。

 

アイキャッチ画像出典:https://pixabay.com/