お肌の持つパワーを引き出して。乾燥に負けない冬保湿の心得

0

乾燥によるトラブルが最も気になるこの季節。しっかりと保湿対策を行なっているはずなのに、乾燥でファンデのノリが悪かったり肌トラブルが繰り返し起こってしまったりするなど、悩みが尽きない人も多いのでは?

ただ“保湿”をしているだけでは、お肌の奥まで潤いを与えることはできません。冬の保湿は、お肌の持つ本来の力を呼び覚ますシンプルなケアがポイントなのです。

 

多くの人が間違いがち! 本当に必要な“保湿”とは

“保湿=油分”というイメージを持つ人も多いのでは?実はこれだけでは、保湿対策としては十分ではないんです。

クリームや乳液などの油分の役割は、お肌の潤いを外に逃さないよう蓋をすること。しかし、お肌の内側に十分な潤いがないと、いくら油分で蓋をしても意味がありません。

冬の保湿では、水分を逃がさないことに加え、潤いの元となる水分をお肌の奥までしっかりと届けておくことが必要となります。

 

お肌が化粧水を吸い込まない! 水分の通り道を作るなら美容オイルが最適

乾燥によって表面の皮膚が硬くなった状態のお肌は、お肌の奥までは十分な潤いで満たされていないことも。化粧水をつければ表面だけは潤ったように見えますが、毎日スキンケアを行なっているのに慢性的な乾燥に悩まされてしまうという状態に陥ってしまうこともあるのです。

乾燥したゴワゴワのお肌は、美容オイルでお肌表面をほぐし、化粧水が入り込みやすいお肌を作ることが大切です。洗顔後のキレイなお肌にオイルを数的薄く延ばし、そのあとはいつもどおり化粧水と保湿液でスキンケアを。美容オイルに含まれる成分は皮脂に近く、適度な潤いを与えて水分をお肌の奥深くまで届ける手助けをし、ふっくらモチモチのお肌に導くことができるのです。

 

敏感肌が乾燥の原因かも! 乾燥性敏感肌は専用アイテムで優しいケアを

普段は敏感肌と感じていないけれど、この時期だけお肌が過敏になってしまうという人は、お肌が反応しやすい成分を省いた、低刺激処方の敏感肌用スキンケアを取り入れてみてください。

お肌が炎症を起こした状態が続くと、乾燥はもちろんのこと、シミやシワなどの新たなトラブルが生じてしまう場合があります。また、肌が敏感になっているときには、高機能を謳ったコスメも要注意です。濃厚な成分は、それだけお肌への刺激となりやすい場合が。肌トラブルがある場合には高機能コスメをお休みすることもひとつの方法です。

乾燥や気温差、厳しい冷気など、お肌にとって過酷な環境のこの季節。お肌が持つ本来の力を十分に発揮できるよう、シンプルで基本的なスキンケアを重視してみてはいかがでしょうか。


 

About Author

PREMIER TODAY 編集部

私たちPREMIER TODAY編集部は、「女性の毎日を美しく」を掲げ、ライフスタイルや仕事、趣味や家族関係などさまざまな場面において、女性自身がよりよく満ちる情報をお届けしていきます。