口コミで評判! お肌への負担が少ない「乳液ピーリング」

0

肌のくすみやゴワつきの原因は、お肌に溜まった汚れや古い角質が原因。不要な汚れや角質をとりのぞくにはピーリングがおすすめですが、お肌への負担を考えるとあまり積極的にしたくないという人も多いのではないでしょうか。

でも、ピーリング剤を使わず、普段使いの乳液でできる「乳液ピーリング」なら、お肌への負担も少なく敏感肌の方でも安心! お肌に溜まった汚れや古い角質をやさしく落として、赤ちゃんみたいなもっちり肌を目指しませんか?

 

ゴワゴワ、どんより、肌荒れ……乳液ピーリングでまとめて解決!

いくら化粧水や美容液をたっぷりと使っても、お肌が汚れていたりゴワついていたりすると、スキンケアの効果も半減してしまいます。乳液ピーリングをおこなうと、必要以上に角質を落とすことなく、古い角質や汚れだけを取り去ることができます。ピーリング後はお肌がもっちりと柔らかくなるので、その後に使う化粧水をぐんぐん吸い込んでスキンケアの効果をより高めることができるのです。

<用意するもの>
・乳液(伸びの良いものがおすすめ)
・蒸しタオル
・普段のスキンケア用品(ピーリング後に使用)

<乳液ピーリングのやり方>
(1)ホットタオルで顔を覆い、毛穴を開かせておきます。
(2)乳液を顔全体に伸ばして、やさしくマッサージします。皮膚が硬くなりやすいアゴや口周り、Tゾーン、眉間などは念入りに。
(3)再びホットタオルを顔に乗せて蒸らします。
(4)コットンでやさしく乳液をふきとります。コットンに黒い汚れがついたら、お肌が汚れていた証拠!
(5)化粧水とクリームをつけるなど、普段のスキンケアを。

 

どんな人に向いてるの? 乳液ピーリングに向いている人、向いていない人

乳液を塗るだけなので、基本的にはどんな肌質の人でもおこなうことができます。しかし、ひどいニキビや炎症を起こしているなどトラブルがある方は、そのトラブルが落ち着いてからおこなうことをおすすめします。極端な敏感肌の方は、少しの刺激でもお肌が反応してしまうことがあるので、異変を感じたらすぐに中止を。

また、これからの季節は紫外線によるダメージが心配な時期。日焼けしてすぐのお肌には避け、お肌が落ち着いてからおこなうようにしましょう。

 

ピーリングの後スキンケアが大事! 水分をたっぷり与えて

ピーリング後のお肌は、一皮向けたような繊細な状態です。放っておくと乾燥が進んでしまうので、すぐに化粧水で水分をお肌の奥まで届かせて。

リコプロフェイスケア インプルーヴ モイストローション R

12241944_567bcc7cece16

画像出典:https://shop.premier-beauty.co.jp/
価格:6,480 円(税込)

特殊カプセルに内包された潤い成分をしっかりと浸透させ、肌の奥へ送り届ける機能的なモイストローション。潤しを持続させ、しっとりもっちりとしたお肌になりますよ。