KEN

美のプロフェッショナルとして

サラダ自由が丘本店 マネージャー
安藤 瞳

安藤 瞳 Hitomi Andou

  1. 2011年 美容専門学校を卒業後、エステサロン入社
  2. 2012年 PBSに転職
  3. 2017年 コスメコンシェルジュ取得
  4. 2018年 ファスティングカウンセラー取得

私は美容専門学校を卒業後、他社でエステティシャンとして働きながら、お客さまとしてPBSのサロンに通っていました。
はじめは自分を磨くことだけに興味があったのですが、お客さまとして通う中で、PBSの技術や商品へのこだわり、お客さまとの信頼関係、スタッフ同士の関係性の良さなどを、実感したり体感したりしていくうちに、PBSのスタッフの姿に、自分の将来を重ねて見るようになっていきました。
もともと美容が大好きで、当時の仕事にもやりがいを感じていたのですが、同じ美容ならPBSでもっと自分を成長させてみたいと思い、転職を決めました。

エステティシャンとしての喜びとは…

エステティシャンとしての喜びややりがいは「自分の手」でお客さまに満足を提供できること。昨年、オリジナルのヘッドスパを開発する機会をいただき、それを改めて実感することができました。通常PBSではインストラクターの方々が新たなメニューや手技を開発して、私たちに教育をしてくださるので、メニュー開発は初めての経験でしたが、お客さまが喜ぶ顔を想像しながら手技や商材を研究し、試行錯誤を繰り返し…最高のヘッドスパに仕上がりました。モニターの段階から手ごたえはあったのですが、実際お客さまからも大好評で「こんなに大満足なヘッドスパ初めて!」などの嬉しい声を多数いただき、エステティシャンとしてもっとスキルを高めたい!という更なるモチベーションになりました。

メッセージ

PBSは「美のプロフェッショナルとして成長したい」という方にぴったりな会社です。PBSではフェイシャル、ボディ、マタニティ、ヘッドスパなど様々なサービスを提供しているため、習得すべき知識や技術が幅広く、日々勉強や練習の連続です。
決して簡単なことではないですし、私も新人時代は、先輩達とのスキルの差に悩んだこともありました。
でもPBSにはスクールのインストラクターや、サロンの先輩達による教育や社内認定制度などのバックアップ体制があり、今では私も後進を育成する立場になっています。
エステティシャンとして、だけでなく美容全般のプロフェッショナルとして、お客さまに最高の満足を提供したい。そんな想いを持つ方と是非一緒に働きたいです。

エントリー

キャリアアップストーリー

お問い合わせ

会社説明会・面接をご希望の方/お問い合わせは
下記エントリーフォームよりご応募ください。

エントリー