父の日のギフトにも。たたんだときの薄さは2㎜! 世にも美しい老眼鏡「ペーパーグラス」のすべて

0

「手元の小さな字が見づらい」「ぼやける」などの老眼の症状。これは40代から始まるといわれます。しかし、近年では、スマートフォンやタブレットなどを長時間利用する若い世代にも、スマホ老眼が増えています。
近くを見ると焦点があわずにボケてしまうという人は、それ以上、目を酷使しないためにも老眼鏡を使うべき。そこでおすすめなのが、機能的かつスタイリッシュな老眼鏡「ペーパーグラス」です。

高い技術を誇る、100%「メイド・イン・鯖江」の逸品

「ペーパーグラス」は、100年を超える歴史を持つ、国内有数のメガネ生産地、福井県鯖江市で誕生。『たたむと厚みがなく平板でコンパクト。使うときは、無理なく顔にフィットするエレガントなフレーム』というデザインチームの課題を受け、緻密な加工を得意とする技術集団の手によって完成した逸品です。

本来、厚みのある老眼レンズを極限まで薄くし、ファッショングラスのような佇まいの「ペーパーグラス」に凝縮された技術は国内外で高く評価され、新聞・雑誌やテレビなど、多くのメディアで紹介されました。また、グッドデザイン賞やアジアデザイン賞など、多くのデザイン賞を受賞。経済産業省の“日本が誇るべき優れた地方産品「The Woder 500」”にも認定されています。

機能的で、コンパクトで、美しい。すべてを兼ね備えた老眼鏡

「ペーパーグラス」の最大の特徴は、たたんだときの薄さです。突起物をなくし、なんと薄さ2㎜のフレームを実現! 軽くて、持ち運ぶときもかさばりません。男性なら、スーツのジャケットの内ポケットにスルリ。また、鼻あてがないので、鼻にメガネ跡が残らないのも嬉しいポイントです。

デザインは、「オーバル」「スクエア」「アンダーリム」の3種類。各5色(ゴールド、シルバー、グレー、ピンク、レッド)から選べます。

幅広い年代から支持される極上メガネ

「ペーパーグラス」にはブルーライトカットレンズもあり、パソコンやスマホで目が疲れる方にもオススメ! 度無しにも対応しているので、老眼用ではなくパソコン用としても使えますよ。

ビジネス手帳や長財布にもすっぽり収まり、読みかけの本に栞のように挟んでおくこともできる、そんな極薄の老眼鏡。

父の日のギフトはもちろん、頑張っている自分へのプレゼントとしてもおすすめです。

ペーパーグラス 15,000円~(税抜)

公式サイト http://www.paperglass.jp/

 

アイキャッチ画像出典:http://www.paperglass.jp/