もうお酒は飲まないなんて言わないで! 酒宴を満喫できる二日酔いの予防と対策

0

 

深夜まで大いに盛り上がった飲み会。なのに翌日に最悪の二日酔い状態…。楽しみすぎたことを後悔してもあとの祭りです。頭痛や吐き気などを一刻も早く解消させて、「いつもの自分を取り戻したい!」。そんな働く女性のために、二日酔いの予防と対策を紹介します。

二日酔いの原因はずばり「飲みすぎ」

お酒を飲むと、アルコールが胃と腸に吸収されて血中に運び込まれます。そのアルコールは、肝臓で分解されますが、飲みすぎてしまうとそれが追いつかなくなってしまうのです。

では、どうしてお酒を飲みすぎてしまうのでしょうか。

それは、アルコールが肝臓で分解されるまで、血中アルコール濃度ともに理性を司る大脳皮質のコントロールを麻痺させてしまうから。思考力や判断力が鈍ってしまい、お酒が進んでしまうのです。

二日酔いになるのは、アルコールの血中濃度が高くなるせい。血中濃度が高くなると、顔が赤くなったり、ズキズキとした頭痛を感じたり、吐き気を感じたりします。飲んでいる最中、少しでもそれを感じたら「まずいな」と思ってください。

二日酔いにならないための準備

アルコールには、利尿作用があります。そのため、自分では「お酒は水分、水分をたっぷり取っているから大丈夫」と思っても、体は、摂取した以上の水分が失われています。お酒の席が終わったら、帰り道にコンビニなどでスポーツドリンクを買ってください。緑茶やコーヒーなどのカフェインも、肝機能を高めてくれ、頭痛の改善に有効と言われています。また、オレンジジュースなどの果汁100%飲料は、糖分の補給に役立ちます。

即席のお味噌汁もおすすめです。アルコールの代謝を助けるとして、しじみ汁は二日酔いにいいと有名ですが、適度な塩分が取れる味噌そのものの効果も見逃せません。具にこだわらずとも、ひとつ買って寝る前に飲むといいでしょう。
もし、お開きになる前に、不調を感じたときにもお水やスポーツドリンク、ジュースでインターバルをおきましょう。もちろん、決して、お酒で割ってはいけませんよ。

どんなに酔っぱらっていても、メークだけはしっかり落とす、という人は多いと思いますが、これも二日酔い対策には効果的です。お酒を飲んだあと、すぐに寝てしまうと、アルコールを分解してくれる肝臓の動きも鈍くなります。シャワーを浴びる、パジャマに着替えるなど、少しでも「お酒を飲まずに起きている時間」をつくるのがおすすめです。

それでも翌朝つらいときには…

まず、シャワーを浴びましょう。熱めの温度で体を目覚めさせます。二日酔いで気分が悪い時には軽い脱水症状を起こしている場合があります。体に吸収されやすいスポーツドリンクを飲みましょう。

漢方系の胃薬やヘパリーゼなど、肝臓機能を高めるドリンクを飲むのもおすすめです。頭痛が辛いからと頭痛薬を飲む人がいますが、胃が荒れている場合がありますので、避けた方がよいでしょう。

楽しいお酒の場ですが、翌日に引きずってしまうと後悔しか残りません。その場は思いっきり満喫し、後を引かせないことが大切。そうすれば、あなたの魅力もよりアップしますよ!

参考:https://cs.sonylife.co.jp/
アイキャッチ画像出典:http://weheartit.com/