誰でもプロ並みの映像が撮れる! スマホ用ハンディースタビライザー「OsmoMobile」

0

ビデオカメラを購入するきっかけで、一番多いのが「子どもの誕生」なのだそうです。家族の笑顔や我が子の成長などは、鮮やかに残しておきたい、かけがえのない思い出ですね。そんなニーズを反映して、次々に新製品が登場するビデオカメラ。最近は4Kも登場して、より美しい映像が簡単に撮れるようになりました。

ただ、ビデオカメラや三脚など、お出掛け時の荷物が増えるのは大変! 軽量・小型の最新機種に買い替えるのも、高価なので、簡単ではありません。
そんなお悩みを解決してくれるのが、ハンディースタビライザー「OsmoMobile(オスモ モバイル)」。お使いのスマホで、映画のような映像が撮影できるのです。

 

スタビライザーってなに? どうやって使うの?

スマホの画質の向上は目覚ましく、4K撮影が可能な機種もあるほどです。動画も写真もスマホでOKというのは嬉しいものですが、問題は手ブレ。いくら補正機能があるといっても、ブレは出てしまいます。
“スタビライザー”とは、映像のブレをなくして安定させる装置のこと。今、使っているスマホを「OsmoMobile」に取り付ければ、信じられないほど美しい撮影が可能なのです。

 

ドローンのトップメーカーが実現した、滑らかな映像

最近ではドローンによる空撮の映像も、よく見かけるようになりました。無人で空を飛びながらの、ブレのない滑らかな映像。本当に美しいですね。
「OsmoMobile」は、そのドローンのトップメーカーであるDJIの製品。センサーで傾きを感知して小型モーターで補正する、3軸ハンドヘルドジンバルで被写体をキャッチ。激しく動きまわる子どもの姿も、ラクラク撮影できます。ドラマチックなスローモーション撮影や、息をのむほど美しい景色をパノラマ撮影することも可能! また、プロ仕様の機材や高度な技術が必要だったモーション・タイムラプス撮影も、数回タップするだけです。
「OsmoMobile」で、今度のお休みはどこでどんなシーンを撮影しようか…と、わくわくしませんか?

 

設定はカンタン、楽しみ方いろいろ! スマホ世代に嬉しい操作性

「OsmoMobile」は、Bluetooth4.0搭載のスマホに対応しています。まずはスマホに専用アプリ「DJI GO」をダウンロードして、認証設定。スマホを取り付けたら、Bluetoothで接続してくれるので簡単です。
バッテリーの稼働時間は最大4.5時間。気になる重さは、バッテリーも含めて201gと超軽量です。「OsmoMobile」とスマホがあれば、子どものお遊戯会や運動会の撮影はバッチリ!
撮影した動画や写真は、iPhoneの場合は「DJI GO」アプリに、Androidならスマホ本体かSDカードに保存されます。インスタグラムにアップしたり、ストリーム配信したり、楽しみ方はいろいろ! スマホ世代には嬉しいガジェットです。

osmo_img

画像出典:http://www.dji.com/jp/osmo-mobile

 

DJI JAPAN 株式会社 Osmo Mobile(オスモ モバイル) 37,800円~(税込)

公式サイト:http://www.dji.com/jp/osmo-mobile

 

アイキャッチ画像出典:http://www.dji.com/jp/osmo-mobile