アイデアいっぱい! 月例別! 赤ちゃんと楽しむクリスマス

0

もうじきクリスマスがやってきます。今年、産まれて初めてのクリスマスを過ごすという赤ちゃんもいますよね。中には「まだ赤ちゃんだから、一緒にクリスマスを祝うのは早いかも」と思っているママもいるかもしれません。でも実は、会話をしたり、自由に動くことはできない赤ちゃんともクリスマスを楽しむ方法はたくさんあります。月齢別にクリスマスの楽しみ方をご紹介しましょう。

 

【0~6か月】クリスマスカラー(赤・緑・白)の風船でバルーン飾り!

0002542703QQ-849x565

産まれたばかり~半年までの赤ちゃんにおすすめなのが、バルーン飾りです。100円ショップなどで売っているカラフルな風船をふくらませて、適当なところにテープをつけ、壁にペタペタはりつけていきましょう! ただ風船を浮かべるのではなく、はりつけることで部屋全体をバランスよく彩ることができます。クリスマスムードいっぱいのお部屋なら、寝たままの赤ちゃんにも楽しい雰囲気が伝わるはず! きっと興味をもってくれるはずです。

 

【6~12か月】クリスマスならではの離乳食メニュー!

離乳食がスタートする5~6か月ごろを過ぎた赤ちゃんには、食事の面でクリスマスの雰囲気を味わせてあげるのはいかがでしょうか。離乳食初期のころは、水切りヨーグルトやいちごの裏ごしなどを、小さくて透明なカップケースに交互に重ねていくことで、見た目にもキュートなスイーツに変身!

中期には少しかためのおかゆをリースやツリーの形に盛り付け、ゆでて細かくしたブロッコリーや赤パプリカで飾りつけましょう。

後期には、小松菜をすりつぶしてパン生地と合わせ、少しずつ大きさを変えて焼いたパンケーキを重ねればミニクリスマスツリーの完成。ゆでて小さくサイコロ状にカットした人参やお芋で飾りつければ、立派な離乳食メニューになりますね。

 

【12~18か月】かわいすぎる! サンタコスチュームで記念撮影!

0008534097N-1280x1920

ママとのコミュニケーションが豊かになってくる月例になったら、赤ちゃんにクリスマスにちなんだコスチュームを身につけてもらい、記念写真をとるのもおすすめです。衣装は全身ではなく、トナカイの角やツリー型の帽子をかぶるだけでも十分にクリスマス気分を味わえるはず。ママやパパもコスプレに参加して、親子で思いっきり楽しんでみるのもいいですね。

 

赤ちゃんの成長に合わせたクリスマスの楽しみ方をご紹介しました。今年の冬はぜひ、クリスマスの思い出をたくさん作ってみてください