太りにくい食べ方でゆるダイエット 血糖値を上げない低GI食品がカギ!

0

急激なダイエットではなく、あくまでも「無理をしないダイエット」を希望する方にはトライしてもらいたダイエット法があります。それが、「血糖値をあげない食品選び」。太りにくい食べ方についてご紹介します。

厳しい食事制限やキツい運動は続けられる自信がない……という方におすすめです。日常生活で気をつけるべき食事の摂り方について紹介します。

血糖値を上げない「低GI食品」とは?

GI値(グリセミック指数)とは、血糖値の上がる度合いを表す数値のことを指します。

血糖とは血液中のブドウ糖の量のこと。食事で糖類を摂った時に、血糖値は上がります。
すると、すい臓からインスリンが分泌されます。そして血糖が臓器にエネルギーとして取り込まれ、血糖値は下がります。

インスリンの分泌量は、血糖値の上がり具合によって変化します。

多くの糖を摂取すれば血糖値は急激に上がります。するとインスリンも多く分泌され、その分だけ糖も多く溜め込んでしまうのです。
結果、脂肪として蓄積され太ることにつながるのです。

また、空腹感を感じるのは血糖値が下がった時。
急激に血糖値が上がるような食事をしてしまうと、インスリンによって急激に血糖値が下がり、空腹感を感じやすくなってしまうのです。
結果、間食や食べ過ぎを引き起こしてしまうことにも繋がります。

なので、血糖値が上がりにくい食品、つまり『低GI食品』を選ぶことを心がければ、太りにくい食生活を送れるというわけです。

 

低GI食品ってどんなもの?

GI値が、70以上を高GI食品、56~69は中GI食品、55以下は低GI食品と呼ばれています。

・低GI 55以下
ほとんどの果物及び野菜、豆類、ナッツ、玄米、雑穀パン、そば、春雨、チーズ、ヨーグルト

・中GI 56〜69
全粒粉製品、サツマイモ、肉類、魚介類、ラーメン、パスタ

・高GI 70以上
ジャガイモ、かぼちゃ、人参、餅、白米、菓子パン、フランスパン、うどん、シリアル、煎餅、クッキー、チョコレート

 

食べる順序と組み合わせ、少しの工夫で太りにくくなる

とはいえ、毎日GI値の低いものにこだわって食事をするのは大変です。
例え外食で好きなものをガッツリ食べたい!という時でも、食べる順序や組み合わせを工夫するだけでも、血糖値の急激な上昇を抑えることができます。

食事をするときは必ずGI値の低い野菜や乳製品から摂るようにします。
例えば、サラダやチーズ、居酒屋なら枝豆などから食べると良いでしょう。

また、GIの高いものも食べたい時には、食事のGI値を下げる効果のある食材を組み合わせて摂りましょう。
「酢」や「食物繊維」「乳製品」「豆類」がGI値を下げてくれる効果があります。
例えば、ファーストフード店ではドリンクをミルクに変えると良いでしょう。

食事の中でバランスをとって、GI値を下げることが大切だということですね。

無理なダイエットをしなくても、このように少し工夫をすることで太りやすい食生活は改善できます。
これからやってくる食欲の秋、血糖値に気をつけて美味しい料理をめいっぱい楽しみましょう。

アイキャッチ画像出典:https://pixabay.com/