冬にだけ使える小顔テクニック! 大判ストールとマフラーを使って小顔美人に♪

0

まだまだ寒い日が続きます。ちょっと暖かくなったかな、と思っても、風が吹くとヒンヤリ…。このシーズンのマストアイテムといえば、マフラーや大判ストールですね。防寒のために使うだけじゃなく、上手に活用して、小顔効果も狙ってみましょう。

顔が隠れるから、何をどう使っても小顔に見えるのでは? と思いがちですが、実は、素材や色によって、顔の大きさが強調されてしまう場合もあるのです。そこで今回は、マフラーや大判ストールを使った小顔テクをご紹介します。

 

大判、地厚のマフラーをざっくり巻き

もこもこ素材のマフラーは、暖かいだけでなく、女っぽさも演出できる一石二鳥アイテム。さらに小顔効果を狙うなら、大判サイズをチョイスして、耳から下、フェイスラインを包むようにふわりと巻いてみて。輪郭をカバーできるので、小顔に見えます。

太い毛糸でざっくり編まれたケーブルニットのマフラーもおすすめ。ふわっと首回りを隠すことで、本来の首の太さを感じさせない効果があります。逆に、薄手で幅が細いマフラーを首元にぎゅっと巻いてしまうと、太さが強調されてしまうので注意して。

 

黒や茶色は逆効果! チョイスすべきはパステルカラー

一般的に、黒や茶色、濃いグレーなどは引き締め効果があると言われています。でも、マフラーの場合は要注意。マフラーで包まれた部分がコンパクトにキュッと見える分、マフラーで包まれていない顔が、より大きく、目立ってしまうのです。
小顔効果を狙うなら、逆に白やベージュ、パステルカラーなど、マフラー自体が膨張色のほうがいいのです。チェックなどの柄のあるマフラーを選ぶ場合も、明るい色味の割合が多いものや、薄い色使いのものをチョイスして。

 

ヘアスタイルにもひとワザ加えて

ヘアスタイルにも工夫を。ストールを巻くときは、髪は後頭部でひとつにまとめて、スッキリとさせましょう。ポニーテールや、お団子ヘアなどにして、アゴと耳と延長線、やや頭の高い位置にポイントをつくると、視線が上にいき、さらにスッキリとした印象になります。

ただ巻くだけじゃもったいない! マフラーやストールの巻き方、選び方に小顔テクを盛り込めば、毎日、自信を持ってお出かけできそうですよね。