腸内フローラを整えてダイエット! サプリの使い方は?

0

みなさんは「腸内フローラ」という言葉を聞いたことはありますか? なんのことだか実はよく知らないという方も多いのではないでしょうか。腸内フローラとは、腸内細菌のこと。私たちの腸内には、数百種600兆個以上の多種多様な細菌が生息しています。

 

腸内フローラって何?

腸内、特に小腸から大腸にかけては、さまざまな細菌が種類ごとにグループを形成しています。それを顕微鏡で覗くと、まるで「お花畑(flora)」のように見えることから、「腸内フローラ」と呼ばれているそうですが、これには個人差があるとか。なぜなら、腸内フローラの種類や数は、個々の食事、生活習慣・人種・年齢などによって異なるからです。

 

腸内フローラとダイエットとの関係

腸内フローラには、「善玉菌」「悪玉菌」のほかに、「日和見菌(ひよりみきん)」があります。この「日和見菌」は、腸内フローラのうち約7割も占めているのだとか。そしてこの「日和見菌」の一種に「デブ菌」と呼ばれる、悪玉菌に味方しやすい、老廃物を貯め込みやすい菌がいるのです。

……そう、デブ菌は太りやすい体質の元凶!! 腸内環境を改善することによって痩せやすい体を手に入れることができるのです。ダイエットを頑張っても効果が出にくい方は、腸内フローラの「デブ菌」が増えてしまっているのかもしれません。

 

腸内フローラを改善するには?

腸内フローラを改善するためには、善玉菌、悪玉菌、日和見菌のうち、「善玉菌」が働きやすい環境をつくってあげることが重要です。ちなみに、善玉菌:悪玉菌:日和見菌の比率が、2:1:7となるのが“腸内フローラの黄金比”と言われています。腸内の菌の数はなかなか見ることはできませんので、まずは善玉菌を増やすことを心がけてみましょう。

 

どうやって善玉菌の増やすの?

善玉菌を増やすために必要なのは「発酵食品」です。乳酸菌やビフィズス菌、酪酸菌などがまさに善玉菌です。乳酸菌は腸内で乳酸に、ビフィズス菌は腸内で酢酸に、酪酸菌は腸内で酪酸という酸の一種をつくることができます。悪玉菌は酸に弱いため、これらの菌を体内でつくれば、悪玉菌の増殖を防ぐことができるのです。善玉菌を多く含む食品の代表格は、ヨーグルト、チーズ、キムチ、糠漬け、乳酸菌飲料、そして納豆など。とはいっても、食品だけでまかなうのは大変なこと。そんなとき、頼れる存在が「サプリメント」なのです。

 

おすすめのサプリ3選

森下仁丹 ヘルスエイド® ビフィーナ®S
森下仁丹の技術により、胃酸に弱くて腸まで届けることが難しかったビフィズス菌を「腸まで届ける」を実現させたのが、このサプリ。成功のキーはシームレスのハイパープロテクトカプセル。カプセルという鎧をつけることによって、生きたビフィズス菌を腸まで届けることが可能になりました。

product_dimg02
画像出典:http://healthaid.jintan.jp/
ヘルスエイド® ビフィーナ®S(スーパー30日分)3,856円(税込)
公式サイト:http://healthaid.jintan.jp/

オルビス ビフィズスEX
腸まで生きて届くビフィズス菌と、とどまるエリート乳酸菌のダブル効果でスッキリ快調を実現。ヨーグルトパイン味と飲みやすさにもこだわっています。水なしで飲める手軽さも好評です。

2501030_800_1
画像出典:https://www.orbis.co.jp/
ビフィズスEX(レギュラー20日分)1,728円(税込)
公式サイト:https://www.orbis.co.jp/

カゴメ 植物性乳酸菌ラブレ
カゴメのロングセラー商品・ラブレ。他のものに比べて値が張りますが、その理由として乳酸菌量が100億個と断トツに含有されています。フリーズドライで粉末にしているため、加熱乾燥による菌の死滅の心配もありません。よって腸内フローラの変化に期待大!です。
item580p2
画像出典:http://shop.kagome.co.jp/
植物性乳酸菌ラブレ(30日分)4,628円(税込)
公式サイト:http://shop.kagome.co.jp/

腸内環境を良くする更なるメリット

腸内フローラを改善することはダイエット以外にも、さまざまな効果が期待できます。例えば、美肌効果。腸と肌は関係性が深いことはみなさんもご存知ですよね。その他にも、体臭の改善や免疫力の効果、そしてなんと、ガンのリスク低下までもが挙げられます。腸内フローラってこんなに大事なんですね!

 

サプリはなによりも続けることが大切。あなたに合ったサプリを見つけて、無理なく続けてみてください。

アイキャッチ画像:http://girlydrop.com/