【マタメシ】ピリリとした刺激が食欲をそそる「鶏そぼろとショウガの炊き込みご飯」

0

女性の大敵「冷え」。妊娠中はもちろん、体の中から温めることを意識しておくことは、美と健康を手に入れるための近道です。今回は、体を温める食材といえばコレ! という定番、ショウガを使った簡単炊き込みご飯のレシピをご紹介します。

 

好きな食材をプラスして今夜の一品に!「鶏そぼろとショウガの炊き込みご飯」

材料

材料(2合分)

  • 鶏ひき肉 200g
  • ショウガ ひとかけ(15g程度)
  • 醤油 大さじ3
  • 砂糖 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 酒 大さじ1
  • 顆粒だし 小さじ1
  • 米 2合
  • 好きな食材(今回は、ひじき・ゴボウ)

 

作り方

(1) ショウガをすりおろしておく

おろす

(2) 入れる具材の下準備をしておく
※今回は、ひじきとゴボウをチョイス。ひじきは水でもどしておき、ゴボウはささがきにして、水にさらしておく

ごぼうひじき

(3) フライパンに油をうすく引き(分量外)、鶏ひき肉を炒める

肉

(4) 肉の色が変わってきたら、ひじきとゴボウも投入。醤油・砂糖・みりん・酒・顆粒だしを入れて、炒める

炒める

(5) あらかじめ研いでおいた米に、煮汁だけ先に入れる

煮汁

(6) 2合の目盛りまで水を足したら(大体300ccくらい)、炒めた具材を入れ、ショウガを載せて炊飯器のスイッチをオン!

炊く

(7) 炊きあがったら、よく混ぜて召し上がれ!

炊きあがり

 

一緒に入れる食材は何でも構いません。冷蔵庫にある残り物をたくさん入れて、ちょっとリッチな炊き込みご飯にすれば、十分今夜の一品になりますよ。もちろん、鶏ひき肉と生姜だけでもOK! ショウガをすりおろして入れることで、ピリリという刺激が味わえます。お子さんがいる家庭では、少なめにした方がいいかもしれませんね。お好みの量で調節してみてください。

妊娠中は小腹が空くもの。多めに炊き込みご飯を作ったら、おにぎりにして冷凍しておくのがおすすめです。栄養満点の補食となります。ご飯を炊いている最中から、鶏ひき肉とショウガの香りが食欲をそそり、炊きあがりが待ちきれないくらい! 食べ過ぎには注意してくださいね!


 

About Author

PREMIER TODAY 編集部

私たちPREMIER TODAY編集部は、「女性の毎日を美しく」を掲げ、ライフスタイルや仕事、趣味や家族関係などさまざまな場面において、女性自身がよりよく満ちる情報をお届けしていきます。