【妊婦さん必見】解消できない梅雨時の不調!むくみにも効くマタニティマッサージでリラックス

0

梅雨の時期は体調を崩しやすく、とくにマタニティ期には、冷えや頭痛、むくみといった症状に悩む妊婦さんも多いものです。

体調不良によるストレスは、ママにとってもお腹の赤ちゃんにとっても大敵。

そこで、梅雨の時期に体調を崩しやすい理由や快適に過ごすためのちょっとしたコツ、妊婦さんのマイナートラブル解消の強い味方となる「マタニティマッサージ」をご紹介します!

妊婦さんが梅雨の時期に体調を崩しやすいのはなぜ?

まずは、梅雨の時期に体調を崩しやすい理由をまとめてみましょう。

ひとつには、湿度が高いことによる不快感です。夏場の「不快指数」で示されるように、気温・湿度が高いほど体感気温が高くなるといわれています。妊娠中は体温が高めのため、より不快に感じやすい傾向があります。

また、梅雨の時期は気圧の変動が激しく、自律神経が乱れやすい時期でもあります。雨が降る(気圧が下がる)時期は、身体を休息させようとする働きを持つ「副交感神経」が優位になりやすくなります。そのため身体がオフモードになり、身体のだるさ、やる気が出ない、頭痛などの体調不良が現れるのです。

さらに、湿度が高いと発汗作用が進まず、身体に余計な水分が溜まりやすくなるため、むくみや頭痛、倦怠感の原因にもなります。

こうして見てみると、梅雨の時期は体調不良をおこしやすい原因がたくさんありますね……。

この時期を快適に過ごすには、

・エアコンの除湿機能や扇風機を活用して、室内の湿度を調整する
(冷房は身体を冷やしすぎてしまう可能性があるので、避けるほうがベター)
・適度な運動により交感神経を活発にしたり、汗を流す、血行促進で身体の水分代謝をアップさせる

といった対策が有効です。

梅雨の時期はマタニティマッサージでリラックスを!

とはいえ、梅雨の時期は雨で外出もしづらく、ほかのシーズン以上に身体を動かす機会が少なくなりやすいもの。どうにも身体がだるくて何もやる気がおきない……となってしまうのも、身体が繊細な妊娠中は仕方のないことでもあります。

そんなときはいっそ、プロの手を頼ってみるのもオススメです。妊娠中のマッサージは母体や赤ちゃんの状態に影響を与える可能性もあるため、マタニティケア専門の教育を受けたスタッフが施術をしてくれるサロンを選びましょう。

完全個室の隠れ家的サロン、南青山のアユアラングレースでは、出産経験のあるベテランエステティシャンたちによって開発されたマタニティトリートメント(マタニティマッサージ)を受けることができます。

【おすすめサロン】
■アユアラングレース

東京都渋谷区渋谷4-1-12
営業時間:平日11:00〜21:00 / 土日祝10:30〜20:30
http://www.ayualam.jp/

■人気のマタニティトリートメント メニューはこちら!
http://www.ayualam.jp/grace_matanity/

マタニティギフトチケットもあるため、ご自身はもちろん、贈り物としてもおすすめです!

【関連記事】
『妊娠後期の脚のむくみ対策!むくみ解消マッサージ・安産運動&マタニティトリートメント紹介』
『妊娠中のつらい腰痛の原因と対処法!痛みを和らげる方法まとめ』
『妊娠後期のむくみや腰痛には安産体操を!簡単エクササイズでリラックス』