頬がこける原因は?頬こけ解消を叶える簡単予防・改善対策

0

体調が悪いわけではないのに疲れているように見えたり、体重は変わっていないのに過剰に痩せたように思われたり……。年を重ねるほどに気になる「頬のこけ」。

頬がこけると実年齢よりも老けて見えることもあるため、鏡に映る自分の顔を見ては老け見え問題に悩んでいる方は少なくありません。

ですが、どうして頬がこけてしまうのでしょうか。ここでは、頬がこけてしまう主な原因をご説明した上で、頬のこけを予防・改善する方法についてご紹介します。

頬がこける主な原因は?

若年層では、「太って見えるから頬のふくらみが気になる」というお悩みの声が多い傾向にあります。

ですが、30代以降の大人世代になると、年々頬にできる影が目立つようになり、「痩せている」というよりも「やつれている」ように見えてしまうお悩みが増えてきます。

頬がこけると顔の印象全体が暗くなってしまうデメリットもあるため、まずは頬がこける主な原因を知り、予防・改善対策へと繋げましょう。

【頬がこける原因1.肌の老化】

加齢によって肌のターンオーバー(新陳代謝)の周期が遅くなったり、紫外線などの外的要因によるダメージの蓄積によって、肌内部にあるコラーゲンやエラスチンなどの機能が衰えたりすると、肌は以前のようなハリ・弾力を失い、重力に負けてたるみやすくなります。

さらに、顔の筋肉や脂肪も加齢によって衰え萎みやすくなるため、これらが同時に進行することで、頬が全体的に垂れ下がり、こけて見えるようになるのです。

同じ女性による老化イメージ
※同じ女性による老化イメージ

なお、若年層であっても、血行不良やリンパの滞りなどによって肌のターンオーバーが乱れると、肌が劣化して内側からたるんでしまい、頬のこけにも繋がります。

【頬がこける原因2.ストレス】

心身に重度のストレスがかかっている状態が続くと、顔の表情が乏しくなるため、顔の筋肉(表情筋)が動かされずに衰えます。

すると、【原因1】で述べたように筋肉・脂肪・肌が重力に負けて垂れ下がり、頬がこけやすくなります。

【頬がこける原因3.無理なダイエット】

身体の脂肪を落とそうと過度な食事制限によるダイエットを行うと、顔の脂肪までも落ちてしまいます。また、栄養不足によって肌のターンオーバーも乱れ、肌の劣化も引き起こすことに。

そのため、頬がこけて不健康な印象になってしまいます。

【頬がこける原因4.姿勢の悪さ】

意外かもしれませんが、実は日常生活での姿勢の悪さも頬のこけを招いていることがあります。

パソコンやスマートフォンの長時間操作などで、前傾・猫背の姿勢を続けていると、身体の筋肉(腹筋・背筋など、重力にあらがう「抗重力筋」)が正しく使われないために、どんどんと硬くなったり衰えたります。

すると血流やリンパが滞りやすくなり、余分な水分や老廃物が顔の脂肪に蓄積し、肌状態も劣化。顔の筋肉も、身体の筋肉の硬さに引っ張られて下垂します。

その結果、【原因1】で述べたように筋肉・脂肪・肌が重力に負けて垂れ下がり、頬がこけやすくなります。

頬のこけを予防・改善する方法1.筋肉を鍛えてほぐす

頬がこける原因が分かったら、次は頬のこけを予防・改善する方法を見ていきましょう。まずは、脂肪や肌を支える頬・口元の筋肉を鍛えて、垂れ下がらないように予防します。

【頬の筋肉を鍛える方法1】

①口の中に空気をためて、頬を膨らませます。
②口の中で、空気の塊を時計回りにゆっくりと移動させます。10回繰り返します。
③今度は反時計回りに、同じく空気の塊をゆっくりと移動させます。10回繰り返します。

頬の筋肉を鍛える方法

【頬の筋肉を鍛える方法2】

①「あ」「い」「う」「え」「お」の形に、一音ずつゆっくりと大きく口を動かします。
②口を閉じて、左右の口角をぐっと引き上げます。10秒キープします。
③口角をゆっくりと元に戻します。
④ ②~③を5回繰り返します。

頬の筋肉を鍛える方法
口角が上がりにくい場合は、慣れるまで両手で軽く頬を持ち上げ、頬の筋肉で口角を持ち上げる感覚をつかみましょう。

【頬の筋肉をほぐす方法】

硬くなっている頬の筋肉をマッサージでほぐせば、血流やリンパの流れも良くなるため、肌状態も上向きになります。

①口の中に親指を入れて、「ほうれい線と口角の延長線が交わる箇所」を、(口の中から)親指と(外側から)人差し指で挟みます。

頬の筋肉をほぐす方法
※上画像で、親指が置かれている辺りを挟みます。

②円を描くように、1分程度揺らします。
③口内の親指を、①よりもさらに頬骨の近くにまで上方向にずらします。
④ ③の親指と人差し指で頬を挟み、円を描くように、1分程度揺らします。
⑤ ①~④を反対側の頬にも同様に行います。

以上は衰えがちな顔の筋肉を鍛える方法と、硬くなった筋肉をほぐす方法です。

ですがこれらの方法と合わせて、普段から姿勢を正し、身体の筋肉の衰えによる顔の筋肉が固まるのを避けることも重要です。猫背になっていると感じたら、胸を張って大きく深呼吸してリラックスし、身体と顔の筋肉を緩めるようにしてくださいね。

頬のこけを予防・改善する方法2.スキンケアの見直し

頬のこけが年々目立ってきたのなら、これまでにお使いのスキンケアアイテムでは、肌の老化に対応できていないのかもしれません。

残念ながら、肌のハリ・弾力を司るコラーゲンやエラスチン、また天然の保湿成分ヒアルロン酸などは、加齢や肌へのダメージの蓄積によって劣化し、数自体も減少してしまうのです。

老化によるシワができる肌構造
そのため、年齢に合わせたエイジングケアを目的としたスキンケアアイテムを選び、毎日のケアで外側から肌に活力を与えて、重力に負けないハリのある肌を目指しましょう。

肌のハリ・ふっくら感におすすめの美容液

頬のこけをはじめ、年々増えるシワ・たるみなどのエイジングサインに諦めかけていませんか。

そのような方にこそ、変化が見えるヒト幹細胞培養美容液「リコプロフェイスケア プレミア イノベーションSTMセラム」がおすすめです!

リコプロフェイスケア プレミア イノベーションSTMセラムR

商品名:リコプロフェイスケア プレミア イノベーションSTMセラム
価格:18,150円(税込)

「プレミア イノベーションSTMセラム」は、肌本来の潜在能力を引き出して再生能力を促す高級美容成分「ヒト幹細胞培養液エキス」を高濃度10%配合。

さらに、抗酸化作用やメラニン生成抑制作用、新陳代謝促進作用などを持つ「ビタミンC誘導体」

・コラーゲンサイクル機能を高めてコラーゲン生成を促進する「アンチエイジングペプチド」
・シワやたるみの原因となる老化タンパクの研究から生まれたペプチド「プロジェリン」
・脂肪産生促進作用によって、ふっくらハリのある肌へと導く成分「アディポフィリン」

など、多くの方が悩む見た目印象をサポートする、こだわりのエイジングケア成分が詰まっています。

また、特許浸透技術によりこれらの美容成分が角質層に素早くなじみ、お肌の奥へ長時間かけて、一定した濃度でしっかりと浸透していきます。

そのため、塗布した直後はもちろんのこと、その後もずっとスキンケア効果が持続。続けるほどに、内側からふっくらと押し上げられるような若々しい頬で笑顔が増えるはず!

プロフェッショナルなエイジングケアを簡単に塗るだけで体験できる注目の美容液です。

■「プレミア イノベーションSTMセラム」成分や使い方など詳しくはこちら

プレミア イノベーション STMセラムバナー

スペシャルケアに最適なおすすめ美容マスク

「プレミア イノベーションSTMセラム」と同じく、STMシリーズの特徴である「ヒト由来幹細胞順化培養液」配合のリッチなマスクは、ここぞという時のスペシャルケアにおすすめです!

プレミア イノベーションSTMマスク R1
・商品名:リコプロフェイスケア プレミア イノベーションSTMマスク
・価格:1枚入り1,980円(税込)、5枚入り9,405円(税込)

「ヒト幹細胞培養液」「ビタミンC誘導体」「アンチエイジングペプチド」のトリプル配合で、衰えた肌細胞の機能を目覚めさせ、健康的な細胞を育てるエイジングケアをサポートします。

さらに、細胞の老化に繋がるテロメアの長さを維持する酵素「テロメラーゼ」を活性させる成分「バイカリン」配合。これはマスクとしては、なんと日本初のスペシャルな特徴なんです!

加齢によるシワやたるみなどのエイジングサインにアプローチする高級美容成分を、上質なシートでしっかりと肌に浸透させることができる「リコプロフェイスケア プレミア イノベーションSTMマスク」

使った人から実感できる贅沢ホームケアの時間を、ぜひあなたの肌でもお試しください!

■驚きのエイジングケア効果についてもっと詳しく知りたい方はこちら
プレミア イノベーションSTMマスク Rバナー

【関連記事】
『ほうれい線を消す方法!薄くする、作らないほうれい線ケアで若見え肌をキープして』

『炭酸パックの驚くべき美肌効果|炭酸ガスが新陳代謝を高めて透明ハリツヤ肌へ!高濃度炭酸パック紹介』

『ブルーライトの肌への影響って?スマホによるシミ・シワ・肌老化を防ぐスキンケア成分!』

『老け見えマリオネットラインを予防・改善!簡単エクササイズでシワ・たるみをなかったことに』

『鎖骨・デコルテをきれいにする方法|毎日のデコルテラインケアで憧れの鎖骨美人に!』

『大人世代のゆらぎ肌|肌荒れの原因は?スキンケアでゆらぎ肌を予防・改善する方法』

『顔の歪みを整えるマッサージ!歪み改善でたるみすっきり小顔を目指す方法』