むくみ解消・代謝アップ!お風呂ダイエットでつくるすっきりボディ!!

0

日々の入浴。毎日忙しいからと、ついシャワーで簡単に済ませてしまっていませんか。だとしたら、至福のダイエットタイムにできるのにもったいない!

入浴には、血行促進や代謝アップにより脂肪が燃焼しやすくなり、痩せ体質に近づけるメリットがあるのです!

そこでここでは、注目を集める「お風呂ダイエット」のやり方や期待できる効果、マッサージ方法などをご紹介します。

お風呂ダイエット

お風呂ダイエットとは 

お風呂ダイエットとは、入浴で得られる効果を使ったダイエット方法のこと。おすすめの入浴方法は、目的に合わせて大きく2種類あります。

① リラックスしながら代謝アップ「基本の入浴法」
② 高いダイエット効果を求める「高温反復入浴法(3・3・3入浴法)」

それぞれの特徴や嬉しい効果とダイエットに繋がる理由を見ていきましょう。

① リラックスしながら代謝アップ「基本の入浴法」

38~40度程度のぬるめの湯船に15~20分浸かる基本の入浴方法です。身体への負担が少なく、毎日の入浴に取り入れたい入浴法です。

【効果1:リラックス】

実はストレスは太りやすくなる原因のひとつ。慢性的なストレスを抱えていると、脳からストレスホルモン「コルチゾール」が分泌され、ストレスへの身体的な戦闘に備えるため脂肪を蓄えます。

さらには、脳内で神経物質「ノルアドレナリン」が増加し過食するよう命令を出すのです。

そこでリラックス効果の高い入浴がおすすめ。

お湯の温かさと浮力により筋肉がほぐされ、副交感神経が優位に。副交感神経は心身をリラックスさせ、ストレスを軽減させてくれます。

一日の終わりの入浴でゆったりとリラックスすることが、脂肪がつきにくくなる第一歩となるのです。

 

【効果2:血行促進・むくみ解消】

「ぬるま湯よりも熱いお湯のほうが、手早く血行促進されるのでは?」と思われるかもしれませんが、実際は、温度ではなくお風呂の「水圧」が血行促進のポイントに!

熱いお湯での短い入浴は、肌表面だけをあたためます。時間をかけてゆっくりと入浴すると、全身に水圧がかかり、血行・リンパの流れが促進されるのです。

血液やリンパが流れやすくなると老廃物も一緒に流れ、筋肉のこわばりがほぐれてセルライトの元になるむくみが改善。すっきりとしたフォルムに!

夕方以降の足のむくみやお腹周りのむくみが気になるのなら、ゆっくりと湯船に浸かって水圧の力を有効活用してみましょう。

 

② 高いダイエット効果を求める「高温反復入浴法(3・3・3入浴法)」

さらにダイエット効果の高い入浴方法が「3・3・3入浴法」とも呼ばれる「高温反復入浴法」。

41~43度の高温のお湯に3分間浸った後、湯船から出て休憩。再度湯船に3分間浸るという流れを3回繰り返す入浴法です。

【効果:カロリー消費】

高温反復入浴法は、交感神経を刺激することで代謝を上げます。

約20分間、この入浴を行うことで消費カロリーは1回300~400キロカロリーとも! これはランニング30分以上の消費カロリーに相当!!

さらには、熱めのお湯に繰り返し浸かることで血管の収縮を促し、その結果、血液やリンパがスムーズに流れる痩せやすい体になっていくことができます。

ですが、消費カロリーが大きいということは、身体への負担も大きいということに。そのため高温反復入浴法を行うのは、週に2~3回に抑えましょう。

交感神経を優位にさせるため、就寝前に行うのもNG。少なくとも就寝2時間前までには入浴を済ませ、入眠に向けて心身を落ち着かせる時間を設けましょう。

■高温反復入浴法の注意点
体調不良時、睡眠不足時、生理前・生理中、空腹時、食後まもなく、糖質制限ダイエット中などはお控えください。※妊娠中の方、高血圧などの持病がある方は、絶対に行わないようにしてください。

 

【高温反復入浴法(3・3・3入浴法)のやりかた】

※汗をかくため、事前にコップ一杯の白湯や常温の水を飲んでおきましょう。また、入浴後も水分を十分に摂るようにご注意ください。

お風呂ダイエット
①41~43度のお湯を湯船に溜めます。
②ぬるめのお湯のシャワーを、足・足裏⇒腹部⇒肩にかけてから、湯船の熱いお湯をゆっくりと全身に浴びます。※身体を慣らして心臓に負担をかけないため。
③湯船に入り、1分間胸まで浸かり、その後肩まで2分間浸かります。
④湯船から出て、5分間休憩します。
※湯船から出る際は、ゆっくりと立ち上がってください。めまい・立ちくらみに注意しましょう。

⑤再度湯船に入り、肩まで3分間浸かります。
⑥湯船から出て、5分間休憩します。
⑦再度湯船に入り、肩まで3分間浸かります。

以上で完了です。

【3分間入浴⇒5分間休憩】3回繰り返し、それ以上は行わないようにしてください。

身体の芯から温まって多量の汗が出ていたら、代謝が上がっている証です!
※入浴中も水分を摂りながら、無理をせず行ってください。

+αでダイエット効果アップ!

ダイエット効果の高い入浴法がわかったところで、高温反復入浴法での入浴タイムはもちろん、通常の入浴時にも、ぜひ活用していただきたい美容効果をさらに高めるアイテムをご紹介します。
お風呂ダイエット

汗だく!巡りアップの入浴料

身体の巡りをよくして代謝アップ&デトックスを目指す入浴料「リコプロボディケア クリアバスパウダー」

「発泡水素」「炭酸」「エプソムソルト」と、話題の成分のいいところをギュッと凝縮させた入浴料です。

■発泡水素・・・抗酸化作用、リラックス効果、保温効果など
■炭酸・・・血行促進効果によるむくみの解消や冷え性改善、疲労回復のサポートなど
■エプソムソルト・・・保温効果、老廃物排泄効果、発汗・デトックス作用によるスリミング効果など

リコプロボディケア クリアバスパウダー商品
・商品名:リコプロボディケア クリアバスパウダー

・価格:7,480円(税込、10包入)

抗酸化力の強い“水素”は、体内で発生する活性酸素を無害な水に変えてくれるから、入浴するだけで全身サビ知らず。毎日のキレイもこれ一つで手に入ります!

保湿力の高い重曹&セラミドまで配合されているので、肌や髪にうるおいもチャージできますよ。

気になる部分はマッサージ

マッサージも湯船で行うとさらに効果的。気になる部分はぜひピンポイントで重点的にケアしてあげましょう。

【足首】

①右足の指と左手の指を交互に組み合わせます。
②①の状態で、ゆっくりと足首を10回まわします。
③反対側も同様に行います。

【ふくらはぎ】

①両手の親指を除く4本指を(足首を包むように)右足首の後ろに置き、「足首⇒ふくらはぎ⇒ヒザ裏」まで強めに5回さする。

お風呂ダイエット

②反対側も同様に行います。
③両手の親指を除く4本指を使って、ヒザ裏のくぼみをグッと押します。

【ウエスト・お腹周り】

①両手を重ねて、おへその右下に置きます。
②両手で小さく円を描きながら、おへそを中心に「右下⇒右上⇒左上⇒左下」の順番にもみほぐします。3周行います。
③お腹周りの脂肪を全体的に指でつまみ、もみほぐします。
④おへその下から太ももの付け根に向かって、リンパを流すイメージで、数回に分けてなでおろします。

 

毎日のバスタイムで脂肪がつきにくくなり、代謝アップやむくみ解消まで期待できるなら、シャワーだけで済ますのはもったいないですよね。

マッサージもプラスして入浴効果をさらに楽しみながら、すっきりとした溜めない身体づくりを目指してくださいね。

【関連記事】
『大人世代のファスティングのメリット・デメリットとおすすめファスティング方法』

『腸内環境改善・美と健康に注目の酵素ドリンク「フォルマ バランスエンザイム100」で毎日笑顔に!』

『ダイエットに効果的な食事内容は?GI値を意識して無理なくすっきりボディラインを叶えましょう!』

『腸内フローラを整えてダイエット!瘦せ体質と腸内細菌の関係って?』

『腸腰筋トレーニングでメリハリボディ!ぽっこり下腹・冷え性に効く簡単筋トレ方法』

『簡単脚やせ方法|足が痩せない原因は下半身の冷え太り !?すきま時間でできる美脚ストレッチ・マッサージ 』

『ウエストのくびれの作り方!簡単エクササイズで理想のくびれラインをアピールしましょう』

『初心者向け3日間ファスティングのやり方って?正月太り解消の短期集中ファスティングのすすめ』