初めての子連れ海外はグアムがおすすめ! ママもパパも赤ちゃんも120%満足できるグアムのホテル

0

お子さんを連れて行く、初めての海外旅行先に選ばれることが多いグアム。

日本から約3時間半で行くことができ、時差はたったの1時間。この2つのポイントだけでも子連れ海外としては魅力的ですが、さらに楽しく、安全に、お子さんもパパもママも思いきり楽しめる要素がたっぷりなのがグアムです。

小さな子どもを連れての海外旅行、現地について楽しく快適にすごすためには、しっかりとした下調べをしておくことが大事です。

そこで今回は、子連れで行くグアム旅行を快適に過ごすために宿泊したいホテル情報をご紹介します。

子連れグアムをおすすめする理由

子どもと訪れても、ストレスなく過ごせると言われるグアムの魅力をまとめてみました。

①海外旅行なのにフライト時間が短い
日本からグアムまでのフライト時間は約3時間半。東京から沖縄に行く時間とほぼ同じ時間で海外に行けるんです。

②日本との時差は1時間
赤ちゃんの生活サイクルが大きく変わらないことも、ママたちが安心できるポイント。

③4都市から1日10便運航
ユナイテッド航空では、成田空港から3便、名古屋から1便、関空からは1便、福岡から1便、グアムへの直行便が毎日運航しています。日本航空では、成田から1日2便、ティーウェイ航空からは、関西空港から1日1便が運航。さらに、期間限定でLCCのチェジュ航空のチャーター便も登場。朝10時05分に成田を出発すると、15時00時にグアムに到着。グアムの滞在時間がゆったり長いフライトなので、人気を集めています。

④グアム空港から中心地までの移動時間が短い
短いとは言え、3時間半のフライトを終えた後に市街地までの移動時間が長いのは小さな子どもにとって負担になります。グアムは、空港から市街地までの移動がタクシーで15分ほど。フライト後の移動時間が短いのは、とっても嬉しいポイントです。

⑤日本語が通じる
ホテルやお店では、ほぼ日本語が通じると思ってOK! 慣れない旅先で言葉が通じず困ることが少ないので、とっても安心です。

⑥ホテルで過ごすだけでも1日が充実している
小さな子どもを連れての旅行は、とにかく移動を減らしたいものです。そんなパパ、ママにおすすめしたいのが、サービスが充実したホテルに滞在すること。グアムにある多くのホテルは、プールがあり、目の前にはビーチが広がっています。ホテルの部屋からすぐに行ける場所で1日の大半を過ごすことができるのは、とっても魅力的。

1日楽しめちゃうグアムのおすすめホテル

グアムには、外出しなくても1日中楽しめるだけのサービスが充実しているホテルがたくさんあります。今回は、その中でも特におすすめの2つのホテルをご紹介します。

ホテル・ニッコー・グアム

Ⓒホテル・ニッコー・グアム

画像出典:https://www.nikkoguam.com/

タモン湾の北端にある「ホテル・ニッコー・グアム」。グアム唯一の全客室オーシャンフロントを誇り、日系ホテルならではのおもてなしも安心ポイント。グアム国際空港からは車で約15分。事前予約をすれば、ホテルまでの送迎サービスもあります(有料)。

落ち着いた雰囲気の中で滞在を希望する方におすすめです。

ホテルの公式サイトにも、「お子様向けサービス」のページが用意されていて、とにかく子連れでの滞在者にとって、ストレスフリーで過ごせる環境が整っています。

Ⓒファマグウンルーム

画像出典:https://www.nikkoguam.com/

『ファマグウンルーム(ベビールーム)』は、赤ちゃんのためにベッドの高さが低めに設定されているので、安心して添い寝ができます。電子レンジや赤ちゃん用補助便座、ベビーアメニティが充実したお部屋は、滞在中お部屋で過ごす時間が多くても安心して、のんびりできるお部屋です。

Ⓒキッズプレイルーム

画像出典:https://www.nikkoguam.com/

ホテルの中にも、お子さんが遊べる施設が充実しています。ホテル・ニッコー・グアムでは、キッズプレイルームや、キッズプール、キッズプレイグラウンドがあります。キッズプレイルームの横には、宿泊者専用の授乳室、オムツ替えルームが完備されているのでお部屋まで戻る必要もありません。

お部屋からプールへ行き、遊び疲れたらお部屋でお昼寝。夕食前にキッズプレイルームやキッズプレイグラウンドで遊ぶというスケジュールで、たっぷりと充実した1日を過ごすことができます。とにかく、ママにとって嬉しい施設がたくさん!

Ⓒスパ アユアラン

画像出典:https://www.nikkoguam.com/

ホテル内にはスパもあります。日本では子育てと家事に追われて、自分の時間を持つことができないママのために用意された「ちょっぴり贅沢ママプラン(50分)」 がおすすめ。30分のボディマッサージと20分のデコルテマッサージを受けられます。疲れがたまりやすい肩まわりを揉みほぐし、デコルテマッサージで血行をよくすることで顔まわりが明るくなります。

非日常の中で、パパとお子さんがプールで遊んでいる時間にママも至福の時間を過ごせるのが嬉しいですね。

 

パシフィック アイランド クラブ グアム

ⒸPICグアム

画像出典:https://pic.premierhotel-group.com/guam/play/index.html

グアム国際空港から車で5分。グアム最大規模のウォーターパークを持つ「パシフィック アイランド クラブ グアム」。

ⒸウォーターパークMAP

画像出典:https://pic.premierhotel-group.com/guam/play/index.html

このホテルのすごいところは、宿泊者は全てのアクティビティを無料で遊べるということ。グアム滞在中の全ての時間をアクティビティに使ったとしても遊びきれないほどの充実っぷりです。

Ⓒシッキールーム

画像出典:https://pic.premierhotel-group.com/guam/play/index.html

子連れで宿泊するときにおすすめなお部屋「シッキールーム」は、ハイハイする赤ちゃんのために土足厳禁のカーペット敷きになっています。この細かなサービスが嬉しいですよね。また、万が一落ちても安心な33cmのベッドや、全ての家具の角にはコーナーガードが設置されているなど、お部屋の中には安心・安全が確保されています。

ビーチ以外にも、子どもたちが遊べる施設が充実しています。その中に、「パシフィック アイランド クラブ グアム」の人気サービス「リトルキッズクラブ」「キッズクラブ」があります。

Ⓒキッズクラブ

画像出典:https://pic.premierhotel-group.com/guam/play/index.html

リトルキッズクラブ」は、1歳から3歳の乳幼児を預かってくれる託児サービス。ウォーターパーク内のゲームルームに隣接した専用に育児施設で、経験豊富なスタッフが子どもを預かってくれます。なんとこのサービス、宿泊者専用の無料託児サービスなんです。事前の予約は不要というのも嬉しいですね。

キッズクラブ」は、4歳から12歳のお子さんが参加できます。午前9時から午後4時45分までのお子様専用クラブです。クラブメイツが同伴し、ビーチやプールで遊んだり、その他のアクティビティを一緒に楽しんで1日を過ごします。こちらのサービスも無料で参加できます。*1日コースの場合は、別途ランチ代が必要。

「リトルキッズクラブ」「キッズクラブ」を活用し、パパとママは2人でショッピングに出かけたり、ママはスパを楽しんだりすることができます。

ⒸPICカード

画像出典:https://pic.premierhotel-group.com/guam/play/index.html

宿泊者には、チェックイン時に「PICカード」が一人1枚渡されます。このカードを常時携帯し、施設内のサービスを受けるときに提示します。

また、PICカードを追加料金でゴールドカード・シルバーカードにアップグレードすることができます。ゴールドカードにすると、ホテル内のレストランで朝食・昼食・夕食のサービスを受けることができ、11歳以下のお子さま2名まで食事が無料になります。シルバーカードは朝食のサービスを受けることができます。

ゴールドカードにすることで、3食全ての食事をホテル内レストランにて、無料で食べることができます。これは、とってもお得ですね。

 

まだ、子連れ海外旅行を経験していない編集部スタッフは、この情報をまとめていて、子連れ最初の海外旅行をグアムに決めたようです。

非日常を楽しみたい旅行ですが、子連れということで安心・安全・ストレスフリーであることも重要になる中で、ご紹介したグアムはその全てが叶う場所でした。

LCCのチェジュ航空チャーター便でお得にグアムに行くことができます。

成田から毎日運航されていて、グアムでの滞在時間が長く設定されているため、ゆっくりのんびり過ごすことができるツアーが用意されています。

成田⇔グアム LCC チェジュ航空チャーター便

子連れ旅行は何かと荷物が増えてしまいます。このチャーター便は、1人合計2個まで荷物を預けられ、1個23kgまでは追加料金がないんです。機内持ち込みも、1人1個、10kgまでOKなので、条件をクリアしたベビーカーであれば持ち込みOKです。

至れり尽くせりのチャーター便で行くグアム、子連れで海外旅行の行先に悩んでいる方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

アイキャッチ画像出典:https://pixabay.com/