誕生してからわずか一ヵ月の間にしか撮れない「ニューボーンフォト」が人気!おすすめの撮影方法は?

0

「ニューボーンフォト」とは、生後28日以内の貴重な新生児期間を撮影すること。

海外では記録や記念に撮影するのが一般的で、日本でも撮影件数は全国で前年比5.7倍増加と需要は高まる一方なんだとか! 今回は、そんなニューボーンフォトの魅力や撮影する際のポイントをまとめました。

ニューボーンフォトの魅力

ニューボーンフォトの魅力は、新生児という今しかない短い時期を写真で残せること。

「後に子どもの成長を実感したい」

「子供が大きくなったときに子どもに見せたい」

新生児ならではの写真を残すことで、そんな思いを叶えることができます。新生児期は寝ている時間が多いので、この時期ならではの姿を残すことができます。

また、ニューボーンフォトの対象となる産後1ヵ月はママも外出を避けていて、家の中にこもりがち。子どもと2人きりの時間が長くなると、社会と切り離されたような孤独な気分を抱えるママも多くなります。そんな時、オシャレをして家族の記念となる写真を撮影することは、ママにとっても心休まる時間になるのではないでしょうか。

ニューボーンフォト撮影時に気を付けること

生まれたばかりの赤ちゃんはまだ体が完全にできあがっていないため、簡単にケガをしてしまいます。

SNS上には人気のポーズがたくさん投稿されていますが、安易に真似するのは危険。生後何日経ったのかで関節の固まり方も変わってくるため、赤ちゃんによってとれるポーズが限られてくることもあります。安全にニューボーンフォトを撮影するには特殊な技術が必要なので、プロのカメラマンに撮影を頼むのが安心です。

とは言え、赤ちゃんも産後のママも体調が不安定な新生児期に、日時を決め、スタジオを予約して撮影に行くのはハードルが高いですよね。そこでおすすめなのが、フォトグラファーに自宅で撮影してもらう出張撮影なんです。

撮影の不安はフォトグラファーが解消

ニューボーンフォトを行っている会社「fotowa」の調査によると、撮影前は約半数の人が撮影に不安を感じるそうです。

「赤ちゃんがぐずらないか、無理をさせて体調は大丈夫か気になる」

「自宅で綺麗に撮影できるの?」

でも、実際撮影してみると、撮影時の満足度は97.3%が「とても満足」「満足」と回答するそう。

その理由としては「フォトグラファーが自分の体調を気遣いながら撮影してくれた」と「赤ちゃんの健康に細心の注意を払って撮影してくれた」があわせて44.2%と約半数。

撮影当日のフォトグラファーの対応によって不安が払拭されたことが、高い満足度につながっているようです。

 

その他、「自宅でプロに撮影してもらう非日常体験ができた」が23.2%、「自分たちでは考えつかないようなシーンを撮影できた」が17.9%と、プロカメラマンに撮影してもらえる時間そのものにも満足感を感じたという回答も多くありました。

ニューボーンフォトで親子の特別な時間を

ニューボーンフォトを撮影することで「我が子に対する愛おしさが増した」「生まれてきたことに感謝の気持ちを思い出した」という感想も。

我が子を可愛いと感じ、また育児を前向きに捉え直すことができる……そんな1つのきっかけになるといえそうです。

fotowa ニューボーンフォトの出張撮影

価格:[平日]19,800円 [土日祝]23,800円(税別)

※指名料、出張料、撮影料、データ納品料含む

画像出典:https://fotowa.com/funmily/2019/03/about-newborn-photo/

アイキャッチ画像出典:https://pixabay.com/