はらじゅく畑の「マタメシ」Vol.12 (照り焼き丼)

0

東京・北参道にある、都会(はらじゅく)と地方(畑)を結ぶ発信基地。 この場所で、自分自身はもちろん、家族の健康を守る立場になった(なる)女性のためのお料理教室「花嫁修業塾」を開いているきみママ。
【マタメシ】では、妊婦さんにおすすめしたいきみママのオリジナルレシピを連載でお届けしています。
Vol.12となる今回のレシピは、フライパンひとつで作れる「照り焼き丼」です。

妊娠中に必要なたんぱく質をしっかり摂れる鶏肉を使ったレシピ。お腹が大きくなり始めると、キッチンに長く立っているのも辛くなってきますよね。そんなときは、フライパンひとつで簡単に作れるレシピを知ってくと便利ですよ。

【材料】1人前
鶏もも肉 2分の1枚
しいたけ 1個
長ネギ(白い部分) 2分の1本
ピーマン 4分の1
パプリカ 4分の1

(タレ)
しょうゆ 大さじ1
みりん 大さじ1
三温糖 大さじ1
顆粒だし 小さじ2分1

【作り方】

①もも肉は、火が通りやすいように平らに広がるように切りみを入れる

②付け合せの野菜をカットする。野菜は、お好みのものを使ってOK

③フライパンに油をいれて、鶏肉の皮面を下にし、蓋をして中火で焼く

④皮面に焼き色がついたらひっくり返し、そのタイミングで野菜をフライパンに入れる

⑤お湯20CCに顆粒だし、三温糖、みりん、しょうゆを入れタレを作っておく

⑥焼き目がついたら、⑤のタレをフライパンに入れる。野菜に焼き目がついたら先にだしてもOK

⑦器にごはんをよそい、鶏肉と野菜を盛り付ける

⑧タレだけを少し煮詰めてから丼にかける

この丼は、照り焼きのタレとご飯の相性が抜群です。フライパンひとつで野菜も焼けて、タレを絡めて盛り付けるだけという簡単さなのに、お店で食べる丼のような美味しさを味わえます。
お弁当のおかずとしてもおすすめです。

家庭料理研究家 きみママ

はらじゅく畑では、お料理に自信がないという方、基礎から学びたいという方に向けて、きみママの個人レッスンで受けられる花嫁修業塾を開催しています。お料理の基本から、買い物時の食材の選び方まで、きみママのレッスンで「胃袋をつかめる腕」を身に着けることができます

花嫁修業塾