バランス良く野菜とお肉が食べられる丼 はらじゅく畑の「ビビンバ丼」Vol.34

0

東京・北参道にある、都会(はらじゅく)と地方(畑)を結ぶ発信基地「はらじゅく畑」。 この場所で、自分自身はもちろん、家族の健康を守る立場になった(なる)女性のためのお料理教室「花嫁修業塾」を開いているきみママ。
【マタメシ】では、妊婦さんにおすすめしたいきみママのオリジナルレシピを連載でお届けしています。
Vol.34となる今回のレシピは、バランス良くいろんな野菜とお肉が食べられる「ビビンバ丼」です。

栄養バランスの取れた、とっても美味しい丼の紹介です。つわりの時期に食欲が落ちたときや、胃が圧迫されて食欲が落ちてきたときには、丼ひとつでバランス良い食材を食べることができる「ビビンバ丼」がおすすめ。なますのさっぱり感、ナムルの食べやすさ、満腹感を与えてくれるそぼろと、ひとつの丼でいろんな美味しさを楽しめるお得感も嬉しいですね。

【材料】(2人分)
(なます)
大根 5cm程度
にんじん 2分の1本 
寿司酢 大さじ2
砂糖 小さじ1

(ほうれんそう)
ほうれんそう 2分1束
ごま油 小さじ1
塩 ふたつまみ
胡麻 少々

(もやし)
豆もやし 2分1袋
ごま油 小さじ1
塩 ひとつまみ
ラー油 お好み

(お肉)
豚ひき肉 100g
コチュジャン 大さじ1
チキンコンソメ 4分の1

(酢飯)
ごはん 400g
寿司酢 60cc
胡麻 大さじ1

市販キムチ お好みの量
温泉卵

【作り方】
1.大根、にんじんを細切りに切る
2.大根とにんじんはビニール袋に入れて、お酢と砂糖を入れて揉む

3.ホウレンソウは茹でて、水気を切ってから食べやすいサイズに切り、ごま油と混ぜてから塩、胡麻を入れ混ぜる
4.もやしを茹で、冷ました後にごま油、塩、ラー油を入れて混ぜる
5.豚ひき肉は油を使わずにほぐすように炒める 色が変わったらチキンコンソメ4分の1とコチュジャンを入れて味つけする

6.ごはんに寿司酢と胡麻を入れ混ぜる


7.器に⑥のごはんをよそい、②③④⑤を盛り付け、温泉卵を乗せて完成

いろいろな味付けの具材が乗る丼なので、飽きがこないのが特徴。それぞれのトッピングを時間があるときに作っておいて、お腹が減った時にご飯の上に並べるだけで完成するので作り置きしておくと便利です。男性にも喜ばれる1品です。

家庭料理研究家 きみママ

はらじゅく畑では、お料理に自信がないという方、基礎から学びたいという方に向けて、きみママの個人レッスンで受けられる花嫁修業塾を開催しています。お料理の基本から、買い物時の食材の選び方まで、きみママのレッスンで「胃袋をつかめる腕」を身に着けることができます

花嫁修業塾