出産パニックにならないために! 妊娠中からできること

0
LINEで送る

我が子と対面できる出産はとても楽しみなもの。とはいえ、初めて経験する出産の痛みも心配で、大きな期待と不安が入り交じった気持ちでその日を迎えることになります。そのため、いざ出産の時にパニックを起こしてしまう方も多いのです。
出産時にパニックにならないよう、今からできることを準備しておきましょう!

なぜパニックを起こしてしまうの?
出産時に限りませんが、あまりに想定外のことが起きると、人はパニックを起こしやすいですよね。出産時も、陣痛の激しい痛み、そしてこの痛みはいつ終わるのか、赤ちゃんは無事に産まれてくるのかという苦しさと不安が大きくなりすぎるとパニックを起こしてしまいます。一度パニックを起こしてしまうと、医師や看護師からの指示を冷静に聞くことも難しくなり、周囲からの介助が適切に得られなくなる可能性もあるため、さらにパニック状態を強めることにもなりかねません。
そうならないためにも、まずは出産時の流れをよく知り、陣痛の様子や対処法についてあらかじめイメージトレーニングしておくことが大切なのです。

呼吸法をしっかり身につけて、陣痛を乗り切る
ラマーズ法などに代表される、陣痛時の呼吸法があります。緊張すると人は呼吸が浅くなりがちですが、それで過呼吸気味になったりすると余計にあせりやストレスを感じることになります。それを避けるため、呼吸に意識を向け、息を深く吸ったり吐いたりすることで身体に必要十分な酸素を届け、心と身体をリラックスさせるのが呼吸法のもたらす効果です。
普段は呼吸を意識することなどほぼありませんが、パニックを起こしかけているときには呼吸すらおぼつかなくなることもあります。出産前に何度も呼吸法の練習をするママが多いのは、「頭で理解するだけではなく、身体にもしっかり覚え込ませることで、気持ちに余裕がない状態でもすぐその呼吸法を実践できるようにしておく」ためなのです。

不安が強い時は、人と話してみよう
出産時のことを考えるだけでも怖い…と不安や緊張を感じやすいタイプの人もいるかもしれません。ですが、その不安の原因は「知らない、わからない」ことではないでしょうか。陣痛の痛みがどのくらい強いのかわからない、出産の際に赤ちゃんが産道を通って出てくるというのがどんな感覚なのかわからない、痛みに自分が耐えられるかわからない…そんな時は、ほかのママたちの体験談を聞いてみるとよいでしょう。
もちろん、出産の大変さや痛みは人それぞれですので、一概に誰かと比べることはできません。それでも、いろいろな人の経験談を聞くことで、漠然ととらえていた出産のイメージが具体的になっていきます。イメージを具体化しておくことで、いざ出産の際にも「ああ、これはあの人があの時言っていたことだな」「今、出産のこの辺まで来ているんだろうな」と冷静に受け止めることができるようになります。
何より、その話を聞いたママたちは「出産」という大仕事を乗り越えてきた勇者たち。「あの人もこの人も、出産をこなしてきたんだなぁ」と思える気持ちが、きっとあなたの出産時にも背中を支えてくれますよ。

LINEで送る

 

About Author

PREMIER TODAY 編集部

私たちPREMIER TODAY編集部は、「女性の毎日を美しく」を掲げ、ライフスタイルや仕事、趣味や家族関係などさまざまな場面において、女性自身がよりよく満ちる情報をお届けしていきます。