妊娠線予防で美ボディをキープ!妊娠線の原因とケア方法、おすすめマッサージアイテム紹介

0

妊娠中は身体にさまざまな変化が起こります。その中でもできれば避けたいのが、妊娠中期からお腹にできる「妊娠線」。

一度できてしまうと一生消えないとも言われているため、不安に感じているプレママさんも多いのではないでしょうか。

そこで、「妊娠線って一体どうしてできるの?」「妊娠線の予防法はあるの?」「予防ケアを始める時期は?」など、妊婦なら誰もが気になる妊娠線について詳しくご紹介します!

妊娠線とは

妊娠中、赤ちゃんが大きくなるにつれてママのお腹も大きくなり、気づくと赤紫色の線が何本もできることがあります。

妊娠線ケア
これがいわゆる「妊娠線」。「ストレッチマーク」「肉割れ」と呼ばれることもありますが、全て同じものを指し、正式には「線状皮膚委縮症(せんじょうひふいしゅくしょう)」「皮膚伸展線条(ひふしんてんせんじょう)」と言います。

妊娠線は、お腹が大きく膨らみだす妊娠5か月ごろにでき始めることが多く、初期は赤・赤紫色、その後白色~灰白色に変化しますが、出産後も完全に消えることはありません。

なお、太さや形状、本数、できやすいかどうかといった個人差があります。

妊娠線ができる原因

妊娠線ができる原因のひとつは、お腹が大きくなるにしたがって伸びる皮膚表面「表皮」の速度に、その下の「真皮」や「弾性線維」といった皮下組織の伸びがついていけず、断裂してしまうこと。

真皮には、表皮のようなターンオーバー(新陳代謝)機能がないため、一度傷ついてしまうと修復できません。そのため、できてしまった妊娠線は、出産後も完全には消すことができないのです。

もうひとつの原因は、妊娠中に分泌量が増えるステロイドホルモン「グルココルチコイド」(糖質コルチコイド)の影響。このホルモンには抗ストレス作用があるため、分泌量を増やすことで、ストレスのかかる分娩に向かって準備をしています。

ですがグルココルチコイドには、肌のハリ・弾力を支えるコラーゲンの生成を抑制する働きがあるため、妊娠中は肌の弾力が減少し、妊娠線が生じやすくなる面もあるのです。

妊娠線ができやすい部位

妊娠線と聞くと、お腹だけにできるイメージが先行しがちです。

ですが実は、胸、二の腕、お尻、太もも、足の付け根、脇の下といった、脂肪がつきやすい部位には妊娠線ができるため、お腹と併せて予防ケアを忘れないようにしましょう。

妊娠線ができやすい条件

妊娠中は誰でもできやすくなる妊娠線。ですが、特に妊娠線ができやすいと言われる条件があるため、以下に挙げます。

  • 乾燥肌・・・皮膚の柔軟性・弾力性が低く伸びにくいため
  • 経産婦(すでに出産経験のある方)・・・初産よりもお腹が速く膨らむことで、皮膚の伸びが追いつかないため
  • 高齢出産・・・皮膚の柔軟性・弾力性が低く伸びにくいため
  • 多胎妊娠(双子以上の妊娠)・・・複数の赤ちゃんがお腹にいることで、単胎妊娠よりもお腹が大きく膨らみ、皮膚が引っ張られやすく伸びが追いつかないため
  • 小柄・細身の方・・・元々肌の面積が少ないことから、お腹の膨らみに皮膚が引っ張られやすく伸びが追いつかないため
  • 皮下脂肪が多い方・・・皮下脂肪は横方向の弾力性が低く伸びにくいため
  • 急激な体重増加をした時・・・皮膚が引っ張られやすく伸びが追いつかないため

妊娠線予防対策のポイントとケアを始める時期

以上の妊娠線ができやすい条件を見比べると、妊娠線をできにくくするには次のような対策が必要と言えます。

・体重管理を行い、急激な体重増加をなるべく防ぐ
・スキンケアとマッサージで、肌の保湿力と柔軟性を高める

まず気をつけたいのが、急激に体重を増やしてしまうことです。つわりが終わって安定期に入り、食欲が増してきた頃は一気に体重が増えてしまいがち! 

安産のためだけではなく、皮膚の伸びを緩やかにするためにも体重コントロールは大切です。

また、乾燥していると皮膚が伸びにくくなり、妊娠線もできやすくなると言われています。そのため、こまめな保湿も重要なポイント。加えて、肌にかゆみを感じたら妊娠線ができはじめるサインとも!

妊娠線が一番できやすい時期は妊娠8か月頃ですが、その時点でケアを始めてもあまり予防効果は見込めません。

少しでも妊娠線を予防するには遅くても妊娠中期の5か月頃、できれば妊娠初期の時点から始めることをおすすめします。

妊娠線予防マッサージ方法

妊娠中の肌はいつも以上にデリケートです。マッサージをする時は、こすらず優しく、お腹の赤ちゃんとコミュニケーションを取るような気持ちで行ってみてください。

ただし、妊娠線の出やすさや予防対策の有効性については、人それぞれ肌質・体質が異なるため、一括りにはできません。

ある人には有効な方法でも自分には合わないというケースや、「十分にケアしていたつもりなのに妊娠線ができてしまった」ということもあります。

あまり深刻にとらえ過ぎず、妊娠期間中の繊細な肌を心地よくケアしてあげるイメージでリラックスして取り組みましょう!

【妊娠線予防マッサージ方法】

 妊娠線ケア
①手の平にマッサージオイルやクリームを取り、人肌に温めます。
②おへそを中心に、オイル・クリームをお腹全体に右回りに優しく広げてなじませます。
③お腹の下部から上部に向かって、オイル・クリームを優しくなじませます。
④そけい部(足の付け根部分)に、オイル・クリームを優しくなじませます。
⑤お尻・太もも・脇の下・バストなど、脂肪が増えやすい部位にもオイル・クリームを優しくなじませます。

産前産後もずっと使えるおすすめボディ用美容液!

 妊娠線予防のためのクリームやオイルは数多くありますが、出産前までに使い切れないことも。それではちょっともったいないですよね。

そこでおすすめしたいのが、医師と美容のプロフェッショナルチームが開発している、美しい理想のフォルムを実現するサロン専用ブランド「FORMA(フォルマ)」のボディ用美容液「フォルマ ボディスフィアセラム R」

意外と盲点ですが、妊娠中は「妊娠線予防」として、産後は体型戻しに効果的な「スリミングアイテム」として使える、オールマイティなボディケアアイテムを選ぶとお得感満点なんです! 

フォルマ ボディスフィアセラム R

・商品名:フォルマ ボディスフィアセラム R
・容量:180mL
・価格:15,400円(税込)

「フォルマ ボディスフィアセラム R」は、痩身に特化した有効成分「アディポステム」「スリムライト」「フィコボレアン」が、最も効果が期待できる濃度で高配合!

さらに、特殊カプセルに包まれているため、肌の深部にまで確実に届ける処方が施されています。

しかも、イオン導入を上回る効果を発揮する「イオント」という成分配合により、有効成分が24時間持続するという優れモノで、サイズダウン、引き締め、美肌のすべてにアプローチしてくれます。

もちろん無香料・パラベンフリーで安心感も◎。妊娠線の予防だけでなく、できてしまった妊娠線の改善にも効果が期待できると大好評!

医師とセラピストのこだわりがとことん詰まったボディ用美容液で、妊娠中も出産後も心身ともに上向きに過ごせますよ。

■フォルマ ボディスフィアセラム Rの成分や使い方など、詳しくはこちら!

フォルマ ボディスフィアセラム R

【関連記事】
『【マタニティトリートメント体験レポ】マタニティ期間だけのスペシャルケア「マタニティトリートメント」』

『妊娠後期の脚のむくみ対策!むくみ解消マッサージ・安産運動&マタニティトリートメント紹介』

『妊娠中のつらい腰痛の原因と対処法!痛みを和らげる方法まとめ』

『妊娠後期のむくみや腰痛には安産体操を!簡単エクササイズでリラックス』

『二の腕を引き締める簡単効果的なエクササイズ!毎日の習慣で痩せる実感を』

【簡単おいしいお料理レシピ『マタメシ』一覧はこちら!】