ママからは共感の声数! 著者自らの失敗をまとめた“ダメパパ川柳”から学ぶパパ育児

0

「子どもができてから、奥さんがどんどん冷たくなっていく……」。

そう感じているパパさんがいたら、ぜひこの本を手にしてみてください。

「俺、イクメンなんだ」。なんて思っている多くのパパたちの育児は、ママからすると「やったつもり育児」と思われている可能性大ですよ! 

著者の山田周平さんが、自身の育児経験を通し、奥さんを怒らせてしまった失敗談、先輩パパとして伝えたい注意点などがまとめられた「ひとのパパ見て わがパパ直せ」は、ママが読むと「そうそう! これ、あるあるなんだなぁ」と笑えたり、パパにとっては「耳が痛い……」となりそうな、育児に関することが川柳として紹介されています。

口だけになってしまいがちなパパ育児

画像出典元:amazon「人のパパ見てわがパパ直せ」

どのページを読んでも、ママたちはとにかく頷きが止まらないこの本。

「うちのパパだけじゃないんだ」という変な勇気をもらえたりもするので、ページをめくるのが楽しくなります。そして、パパにとっては「これ、俺の事?」と耳が痛くなるページが次々に出てきます。

画像出典元:amazon「人のパパ見てわがパパ直せ」

川柳には、その失敗談についての細かい説明、反省点、改善点などが書かれているので、読む人にとっては、「だからあの時、ママはあんなに怒っていたのか……」なんて、気づきになることも。

実は、この気づきがとっても大事なんです。

育児の中で起こるママとパパの気持ちのすれ違い。それぞれが一生懸命な分、一度すれ違ってしまった気持ちって、なかなか通じ合えないんですよね。

ママは「そんなことまで説明しなくちゃいけないの……」という気持ちになって、何に怒っているかを説明するパワーを持てません。

パパはパパで、「俺だって頑張ってる! それなのに怒られて意味がわからない!」なんて気持ちになり、ケンカが長引いてしまう原因に。

この本の中には、パパがしがちな失敗談と、それによってママがなぜ怒っているかの説明があるので、長引きがちなケンカの早期解決や、育児によるストレスの軽減に役立ちます。

「この本を通じて、パパとママが育児についてちゃんと向き合い、じっくりと話し合えるようなコミュニケーションツールとしても役立ててもらえるはず」。著者の山田周平さんが、この本に込めた思いは、きっと育児真っ只中のご夫婦の絆を強くしてくれるはず。

「ひとのパパ見てわがパパ直せ」

※画像をクリックでAmazon.co.jpの商品ページへ

作:山田周平
出版社:三交社
金額:1,296円

アイキャッチ画像出典:https://pixabay.com/