潤いのある唇が若々しい印象をアップする!プルプル唇を手に入れる美容法

0

ふっくらとした弾力とツヤツヤの輝きをもつ唇は女性の憧れ! 誰かと会話するときにも、口元は一番見られやすい部分。より魅力的な唇に整えることで、印象がぐっと良くなりますよね。

ぷるぷるの唇、というとリップグロスなど、メイクでの仕上げを想像するかもしれません。でもちょっと待って。ベースとなる「素の唇」がカサカサでは、メイクでごまかそうとしても十分な効果は見込めません。
実はぷるぷる、うるうるの唇はちょっとしたケアで簡単に手に入れられるのです。

 

おすすめ! ワセリン&はちみつを使ったリップパック

ワセリン、はちみつ、そしてキッチンラップ。この3アイテムだけで、実はあっという間にぷるぷるの唇を手に入れることができちゃうんです。即効性があるので、「おでかけの予定があるのに唇がカサカサ!」なんて日の前夜に試してみてください。

<簡単リップパックの方法>

材料:ワセリン はちみつ 各小さじ1
  キッチンラップ 5cm×8cm程度

  1. ワセリンとはちみつを1:1の量で混ぜて溶液をつくる
  2. 1を唇に厚めに塗る
  3. 上からキッチンラップで覆い、5〜10分程度放置する
  4. キッチンラップをはずし、ティッシュなどで唇に残った溶液を優しく拭き取る

ワセリンとはちみつの保湿効果で、パック後はぷるぷるで柔らかい唇になります。純度の高い白色ワセリンを使うのがポイントです。長時間のパックで逆に唇が荒れてしまうこともあるので、1回のパック時間は長くても15分くらいまでを目安にしましょう。

 

くすみが気になってきたら、シュガースクラブを

ボディスクラブはおなじみですが、唇にもスクラブをしてあげることで、唇の血色が良くなり、また古い角質を落とすこともできます。
使用するのは、これまた身近な素材であるお砂糖。お砂糖の結晶が唇にほどよい刺激を与え、スクラブ効果を得ることができるのです。

<シュガースクラブの方法>

材料:砂糖 はちみつ 各小さじ1 
  オリーブオイル 少量

  1. 砂糖とはちみつ、オリーブオイルを混ぜる
  2. 唇に1を乗せ、小さな円を描くようにくるくると指の腹を使って優しくマッサージする
  3. 洗い流す

マッサージの時間は唇全体で1分程度を目安に。唇の皮膚は薄いので、あまり長時間刺激を与えるのも逆効果です。スクラブの固さを変えたいときは、オリーブオイルの分量で調整しましょう。また、オリーブオイルの代わりにココナッツオイルを使用してもOKです。

 

リップクリームを正しく塗ってデイリーケア

唇は皮膚が薄いため紫外線の刺激に弱く、肌に比べて乾燥しやすいのだそう。ワセリンはちみつパックとシュガースクラブのほかに日常的に取り入れたいのがリップクリームによる保湿。
正しい塗り方をしないと唇に負荷をかけてしまい、カサカサ唇の原因となって逆効果。リップクリームの効果を最大限に生かす塗り方のポイントをまとめておきます。

  • 口紅と同じように横に引いて塗るのはNG。リップクリームは本体が固いため、唇への刺激となってしまいます。
  • リップクリームは少しずつ指にとって体温で柔らかくしてから、縦ジワにそって優しく塗りましょう。
  • リップクリームを塗りすぎても荒れてしまう原因に。多くても1日5回くらいを目安に。

 

カサカサに乾燥し、縦ジワの目立つ唇は年齢の印象もぐっと上げてしまいます。ぷるぷるの唇を手に入れられれば、自分への自信も持てて良いことづくめですよね。今回紹介したケアはとっても簡単、手軽にできる方法です。ぜひ試してみてくださいね!