禁忌もあるので要注意! 妊婦さんに最適のハーブティーって?

0

心とからだのバランスを整えてくれる飲みものとして、古くから親しまれているハーブティー。リラックスやリフレッシュ、安眠などの効果を求めて、普段から愛飲されている方も多いでしょう。
カフェインなどの刺激が少なく、妊娠中でも安心して飲めるのが嬉しいところ。ただ、中には、「妊娠中に飲んではいけない」とされているものもあります。飲んでもいいハーブティーと効果、妊娠中は避けたいハーブティーなどを整理してみましょう。

 

妊婦さんにおすすめのハーブティー5種

・ラズベリーリーフティー
陣痛を和らげてくれる効果があり、「安産のお茶」とも呼ばれるラズベリーリーフ。母乳の分泌にも効果があるので、産後も続けて飲みたいお茶です。ただし、子宮の収縮に影響があると言われているので、妊娠初期から中期はNG! 

・ルイボスティー
最近、ペットボトルでも見かけるルイボスティーは、ミネラルを豊富に含むお茶です。飲みやすくて、ノンカフェイン。便秘解消や美肌効果が期待できるので、妊娠中でなくても人気がありますね。

・ローズヒップティー
ビタミンCが豊富なローズヒップには、疲労回復や風邪予防などの効果が期待できます。

・ジンジャーティー
肉や魚の臭み消しなどでお馴染みのジンジャー(生姜)。からだを温めてくれることでも、よく知られています。

・ダンデライオンルートティー
別名「たんぽぽコーヒー」で知られるハーブティー。むくみ解消の他に、母乳の出を良くする効果もあるので、産後もおすすめです。

 

妊娠中はNGのハーブティー

下記にあげるものは、子宮を収縮させたり、強い刺激から流産をひきおこす恐れがあります。ブレンドされている場合もあるので、ハーブティーを買うときは、原材料をご確認くださいね。

・アロエ
・カモミール
・サフラン
・ジャスミン
・セントジョーンズワート
・ハトムギ
・フェンネル
・ベニバナ
・ラベンダー
・レモングラス
・ローズマリー

 

「妊婦さんにおすすめ」とされるものでも、飲み過ぎは逆効果

からだにいいとされるものでも、食べ過ぎや飲み過ぎは逆効果。ハーブティーも同じです。おなかがゆるくなったり、子宮以外の内臓へ影響が出ることもあるので、ほどほどに。
避けるべきとされるハーブも、知らずに口にしてしまうこともあるでしょう。体調に変化がないのであれば、大丈夫とされていますが、異常を感じたり、不安な場合は、すぐにお医者さんに相談してください。
とはいえ、ママが神経質になりすぎるのは、お腹の赤ちゃんにもよくありません。ハーブティーについても、「知っていた方がいい」くらいの、ゆるい気持ちで楽しんでくださいね!


 

About Author

PREMIER TODAY 編集部

私たちPREMIER TODAY編集部は、「女性の毎日を美しく」を掲げ、ライフスタイルや仕事、趣味や家族関係などさまざまな場面において、女性自身がよりよく満ちる情報をお届けしていきます。