カフェインレスコーヒーの美健効果!カフェインのメリット・デメリットとおすすめカフェインレスコーヒー紹介

0

お仕事中から休憩時間、食後や休日のリラックスタイムまで、コーヒーを飲まずにはいられないほどのコーヒー好きは少なくありません。

ですが最近では、コーヒーに含まれるカフェインが持つネガティブな作用を気にして、コーヒーを控えようとする方が増えているようです。

とはいえ、コーヒー好きこそコーヒーを飲めないなんて、ストレスを感じる要因にもなります! そこで注目されているのが、カフェインレスコーヒー。カフェインを避けたい妊婦さんや健康志向の方を中心に、認知度が高まっています。

しかしまだまだ「カフェインレスコーヒーって、普通のコーヒーと比べてどういう点がいいの?」と疑問をお持ちの方も多いはず。

そこでここでは、カフェインのメリット・デメリットをご説明した上で、カフェインレスコーヒーが持つ美容・健康面での特徴をご紹介します。

カフェインの作用のメリット・デメリット

通常のコーヒーに入っている成分の中で、最も代表的な存在と言える「カフェイン」。カフェインを摂取するために一日何杯もコーヒーが欠かせない、という方も珍しくありません。

では、実際にカフェインにはどのような作用があるのか、メリット・デメリットに分けて見ていきましょう。

【カフェインの主なメリット】

・覚醒作用・・・脳内で眠気の原因となる「アデノシン」という物質をブロックするため、眠気を覚ます働きがある。
・集中力アップ・維持作用・・・脳の中枢神経を刺激し、活性化する働きがある。
・鎮痛作用・・・血管を収縮させる作用によって、血管の拡張によって起こる頭痛を軽減させる働きがある。
・利尿作用・・・一時的に血圧を上昇させやすいと同時に、上昇した血圧を下げるために血中の余分な水分を減らそうと、尿の量を増やす働きがある。

以上から、「日中の眠気を覚ましたい」「集中力を高めたい」「頭痛を軽減させたい」「利尿作用によってむくみを軽減したい」方にとっては、カフェインが持つ作用はメリットとして捉えられます。

【カフェインの主なデメリット】

・カフェイン摂取時のメリットの反動・・・カフェイン摂取後に作用していた脳への効果が薄れると、その反動によって「眠気」「疲労感」「集中力の低下」「頭痛」が現れやすくなる。

・依存・中毒症状の発生・・・頻繁な摂取によってカフェイン耐性ができると、さらに多くのカフェインを求める依存症状が生まれる。すると、カフェイン摂取を行わないことで、(上述した反動と同じく)「眠気」「疲労感」「集中力の低下」「頭痛」のほか、「嘔吐」「便秘」から「うつ症状」にまで陥ることがある。

・利尿作用による脱水症状・・・(メリットである)利尿作用が過剰に働くと、脱水症状やカルシウム不足の原因になる。

・不眠作用・・・覚醒作用が就寝中まで続くと、寝つきの悪さや不眠の原因になる。

・胃粘膜傷害作用・・・胃酸の分泌を促進させるため、胃粘膜を傷つけやすく胃もたれなどの原因になる。

・妊娠中の胎児への悪影響・・・妊娠中は肝臓の代謝速度が低下するため、カフェインの分解・排出にかかる時間が通常時よりも長くなり、その結果、胎児にまでカフェインが影響し、赤ちゃんの「低体重」の原因になる可能性がある。

以上から、カフェインは依存性があるため、毎日過剰摂取していると中毒症状を起こし、それを払拭するためにさらに過剰摂取をすることで、不眠や胃粘膜傷害などを起こすリスクが高まると言えます。

そこで、カフェインの過剰摂取を避けるためにおすすめなのが、「カフェインレスコーヒー」なのです。

カフェインレスコーヒーとは

カフェインレスコーヒーとは、簡単に言えば「カフェインの含有量がわずか(0.1%以下)」のコーヒーを指します。そのため、全くカフェインが入っていないコーヒー、という意味ではありません。

カフェインレスコーヒーのメリットデメリット
ちなみに、類似用語の「デカフェ」は「通常の食材からカフェインを取り除いたもの(わずかにはカフェインを含む)」、「ノンカフェイン」は「カフェインが元々含まれていないもの」を指します。

では、カフェイン摂取量を気にする方々から支持されているカフェインレスコーヒーには、どのようなメリットがあるのか、カフェイン以外のコーヒーに含まれる成分について見ていきましょう。

【カフェインレスコーヒーのメリット1.クロロゲン酸の作用】

カフェインを除いたコーヒーの成分の代表に、ポリフェノールの一種である「クロロゲン酸」が挙げられます。コーヒー生豆に豊富に含まれているため、クロロゲン酸は「コーヒーポリフェノール」という別称で呼ばれるほどです。

ポリフェノールとは、自然界に5,000種類以上存在する、ほとんどの植物が持つ苦味や渋味・色素の成分であり、細胞の酸化を抑える抗酸化物質です。

コーヒーポリフェノールであるクロロゲン酸もまた、「抗酸化作用によるエイジングケア効果」や「(食後の)血糖値の上昇を抑えて、肥満ホルモン『インスリン』の過剰分泌を抑える作用によるダイエット効果」などがあると注目されています。

コーヒーが持つ美容・健康効果は、このクロロゲン酸の働きによるとされているのです。

■クロロゲン酸による美容・健康効果例■

・(抗酸化作用による)シミ抑制効果
・(老化に関わる遺伝子「mTOR」の活性を抑える作用による)アンチエイジング効果
・(自律神経を整える作用による)疲労回復効果
・(自律神経を整える作用による)良眠効果
・(体内のミトコンドリアを活性化することによる)脂肪の分解・燃焼効果
・肝臓疾患のリスク低下
・糖尿病のリスク低下

カフェインレスコーヒーならコーヒー特有のクロロゲン酸はそのまま残っているため、カフェインによるデメリットを気にすることなく、クロロゲン酸の美容・健康効果を毎日取り入れることができるのです!

【カフェインレスコーヒーのメリット2.香り(アロマ)の作用】

コーヒー特有の豊潤な香り(アロマ)には、脳に作用することによる心身へのリラックス効果があると言われています。

さらに、コーヒーの香り成分には約300~400種類以上あり、それらの多くには抗酸化作用があるとのこと。つまり、コーヒーの香りを楽しむだけでもエイジングケア効果が期待できるのです。

カフェインレスコーヒーのメリットデメリット
※ただし、アロマによる抗酸化作用はドリップ後の約5分間です。

カフェインレスコーヒーなら、コーヒーの香りはそのまま楽しむことができるため、アロマによるリラックス&エイジングケア効果まで期待できます!

カフェインレスコーヒーであなたらしいリラックスタイムを!

コーヒーは味も香りも好きだけどカフェインの摂りすぎは良くないから……、とこれまでコーヒー摂取を控えていたのなら、ぜひ試してほしいカフェインレスコーヒー。

就寝前のリラックスタイムにも睡眠を邪魔することなく摂取でき、依存性の心配もないカフェインレスコーヒーをライフスタイルにプラスして、心身を上向きにしましょう!

おすすめのカフェインレスコーヒー3種

「妊娠中だから大好きなコーヒーも我慢しなくちゃ」「就寝前にコーヒーを楽しみたいけどカフェインが気になる」「子供とも一緒に飲めるコーヒーってないのかな?」――そんなコーヒー好きの声に応えて作られた、本格派のカフェインレスコーヒー、ご存じでしょうか!

ドリップイメージ

コーヒー専門店「P-BERRY(ピーベリー)」のカフェインレスコーヒー3種「妊婦さんもあんしんコーヒー」「ねるまえにのめるコーヒー」「お子さんとたのしめるコーヒー 」は、アメリカで特許取得されている「薬品を一切使用しないカフェイン除去方法」を採用。

生豆を熱湯に浸し、コーヒー豆から香りや風味、カフェインを抽出し、その液体を特殊なフィルターでこしてカフェインを除去します。
妊婦さんもあんしんコーヒー
※豆の段階で約97%、抽出液で99.9%以上カフェインカット! まさに「妊婦さんもあんしん」です。

その後、ろ過した熱湯に取り除いた豆を浸して香りと味を豆に戻すので、コーヒー本来の風味は変わらず十分に楽しめると好評です!

たとえば「ねるまえにのめるコーヒー」は、コーヒー豆本来の苦みを活かした、飲みごたえのある味わいが特徴的。

ねるまえにのめるコーヒー

「カフェインレスって味が心配……」とカフェインレスコーヒー未経験のコーヒー好きにこそ、ぜひその味わいを体験していただきたい本格派ドリップコーヒーです。

■妊婦さんもあんしんコーヒー ドリップバッグ6袋入り 1,080円(税込)

妊婦さんもあんしんコーヒーの特徴
カフェインレスとは思えない、香りとコク、酸味のバランスがよく、優しい味わいのコーヒーが手軽に楽しめると、コーヒー好きの妊婦さんに人気です!

■ねるまえにのめるコーヒー ドリップバッグ6袋入り 1,080円(税込)

ねるまえにのめるコーヒーの特徴
コーヒー豆本来の苦みを活かしたコク、そして苦みが寝る前のリラックスタイムを満足させてくれます! 睡眠の質が気になる方もコーヒーの苦みを存分に楽しめる一品です。

■お子さんとたのしめるコーヒー ドリップバッグ6袋入り 1,080円(税込)

お子さんとたのしめるコーヒーの特徴

お子様と一緒に安心して飲める、カフェオレに最適な味。牛乳に負けない、苦みが強く少し濃いめの味に仕上がっています。ご家族とのリラックスタイムにおすすめです!

カフェインレスコーヒーのメリットデメリット
カフェインレスコーヒー3種全てに第三者機関による残存カフェイン検査を行い、「99.9%のカフェイン除去証明」を取得しているため、妊婦さんからお子さんまで安心。

コーヒーのアロマ効果やポリフェノール効果は残しつつ、カフェインのデメリットを心配しなくてもOKなカフェインレスコーヒー。こだわり派のあなたにこそ、ぜひ味わっていただきたいアイテムです!

■本格派カフェインレスコーヒー「妊婦さんもあんしんコーヒー」「ねるまえにのめるコーヒー」「お子さんとたのしめるコーヒー 」について詳しくはこちら!

ねるまえにのめるコーヒー

【関連記事】
『ローフードの美健効果って?ローフード食材と酵素との関係、メリットデメリット紹介』

『腸内フローラを整えてダイエット!瘦せ体質と腸内細菌の関係って?』

『鉄不足の貧血改善におすすめの食べ物|貧血の症状と食事で注意すべき点とは』

『腸内環境改善・美と健康に注目の酵素ドリンク「フォルマ バランスエンザイム100」で毎日笑顔に!』

『美白におすすめの食べ物・栄養素!メラニン生成抑制・排出を促して美肌を叶えるには』

『妊婦さんが眠れないときに試してほしい3つのこと』

『便秘に効く簡単ヨガポーズ4選!朝晩2分で自律神経を整える腸ヨガのすすめ』