ローフードの美健効果って?ローフード食材と酵素との関係、メリットデメリット紹介

0

ここ数年で海外セレブなどの間で流行したことをきっかけに、美容・健康関連のメディアで目にする機会が増えた言葉「ローフード」。

なんとなく健康に良いイメージはするものの、実際はどういうものなのかご存じでしょうか。

ローフードとは、簡単に言えば加熱していない食材・食品を指し、火を通さない食材・食品を摂取する食生活を「 ローフーディズム」と呼びます。

ここでは、この「ローフード」に注目し、なぜ生のままの食べ物を摂取することが美と健康を目指すライフスタイルに導入されているのか、メリット・デメリット両面についてご紹介します。

ローフードとは

ローフード(Raw Food)とは、英語の“Raw”(生の)と“Food”(食べ物)を合わせた言葉であり、「生の食べ物」を指します。日本語では「生食」(せいしょく)と呼びます。

ほぼ加熱処理などの調理をせず、加工されていない生の食べ物を摂取すると、その植物が持つ酵素や栄養素が熱で壊れないため、「植物のパワーをそのまま体に取り込むことができる」と注目され、ローフードは世界的に人気が出始めたのです。

ちなみに、ローフードには酵素が壊れずに生きていることから、「リビングフード」(「生きている食べ物」の意味)という別称もあります。

【ローフードに含まれる食材・食品】

ローフードに含まれる食材・食品
・生の野菜、果物
・生のナッツ類(水に一晩浸けて、酵素抑制物質を取り除いたもの)
・発酵食品(味噌、醤油、納豆、酢、漬物、麹など)
・ドライフルーツ
・梅干し
・海藻類
・スプラウト類
・48度以下で調理された食材(48以上に加熱するとローフード内の酵素が壊れやすいため)

消化酵素と代謝酵素とは

では、ローフードに生きたまま含まれている「酵素」とはどのような働きをするため、美と健康に良いと注目されているのでしょうか。

まずは、私たち人間の体内で作られる「潜在酵素(体内酵素)」について見ていきましょう。

潜在酵素とは、体内に5,000種類以上も存在する酵素の総称です。これらの潜在酵素は、「消化酵素」と「代謝酵素」の2種類に大きく分けられます。

消化酵素とは、胃や小腸などの消化器官から分泌される、まさに消化を助ける酵素のこと。食べたものを血中に取り込めるように細かく分解し、身体を動かすエネルギーにする働きがあります。

代謝酵素は、消化酵素の働きによって消化吸収された栄養を身体の各細胞に届け、新陳代謝を促して自然治癒力を高めたり、有害物質を除去して免疫力を高めたり、血液を浄化したりと、生命活動全般に関わる働きをする酵素です。

これら2種類の働きの異なる酵素が合わさった潜在酵素ですが、実は1日で作られる量は決まっています。

そのため、消化酵素と代謝酵素のうちどちらか一方の酵素を多く使用すると、反比例してもう片方の酵素の量は減少してしまいます。

ローフードと脂質の多い食品
肉類や揚げ物、加工食品やお菓子などに含まれる添加物を摂取しがちな現代の食生活では、多量の消化酵素がフル活動しなくてはいけません。すると、代謝酵素の量は少なくなってしまい、結果的に生命活動に関わる代謝がうまくできず、体調不良に陥ってしまうのです。

食物酵素と代謝アップの関係

そこで注目されるのが、生の野菜や果物が持つ「食物酵素」です。

食物酵素とは、潜在酵素とは異なり、食べ物から摂取する酵素のこと。先述した「ローフードに生きたまま含まれている酵素」とは、この食物酵素を指します。

生の野菜や果物は、食物酵素によって自己消化(酵素の力によって成分を分解すること)するため、消化酵素をあまり使わずに体内で消化することができます。そのため、ローフードを摂取しても、消化酵素を多量に使用せずに済み、潜在酵素の大部分を代謝酵素として働かすことができるのです。

以上の考え方から、ローフードを主とした食生活を送れば代謝酵素が多量に働くため、全身の代謝能力が上がって新陳代謝が促進され、毒素排出による体調不良の改善や美肌効果、血行促進によるむくみの改善など、美と健康の向上が望めると言われているのです。

【ローフードで期待できるメリット】

・疲労回復効果
・(頭痛や肩こり、風邪などの)体調不良の改善効果
・肌や髪などへの美容効果
・腸内環境改善による快腸効果
・ダイエット効果

ローフードのデメリット

以上の様にローフードを取り入れると、代謝酵素の働きが良くなり様々な面でメリットが得られます。ですがその反面、ローフードだけを摂取する食生活に関してデメリット面も指摘されています。

というのも、ローフードだけを摂取しようとすると、必然的に食べられる食材・食品が限定されてしまうからです。

食材・食品が限定されるということは、外部から摂取できる栄養素が限定されることを意味するため、栄養が偏ってしまいます。たとえば、加熱して食べる動物性食品や穀物に含まれるタンパク質や炭水化物などは、不足しやすい栄養素の代表例と言えます。

そのため、ローフードだけを摂取する厳格な食生活よりも、ローフードを取り入れつつ不足しがちな栄養素を適度に摂取するほうが、全身の美と健康にとって良い結果へと導かれるのです!

ローフードにプラスしたい酵素ドリンク&酵素ペースト

そこで、「ローフードに興味はあるけれど、栄養不足が不安」という方にプラスしていただきたいのが、話題の酵素ドリンク(植物性発酵飲料)「フォルマ バランスエンザイム100」

フォルマ バランスエンザイム100単体
・商品名:フォルマ バランスエンザイム100
・容量:500mL
・価格:9,612円(税込)

「フォルマ バランスエンザイム100」は、医美容痩身のプロフェッショナル集団が携わる、美しい理想のフォルムを実現するサロン専用ブランド「FORMA(フォルマ)」発の酵素ドリンクです!

酵素ドリンクとは、原料となる食物の栄養素が酵母や細菌などの微生物の力によって分解される発酵現象を有効に利用した、栄養豊富な植物性発酵飲料のこと。

フォルマ バランスエンザイム100中身

発酵の過程で原料に含まれる栄養素(タンパク質、デンプン質など)が、アミノ酸や乳酸などに分解されているため、消化の負担が少なく消化吸収しやすくなっており、消化酵素を無駄遣いしない特徴があります。

また、乳酸菌、酵母菌、麹菌、酢酸菌などの善玉菌をつくる栄養素が豊富なため、腸内環境が整って栄養が吸収しやすく、免疫力などのアップ効果も期待大! ローフードのメリットにプラスのサポートをしてくれます。

特に「フォルマ バランスエンザイム100」は、およそ200年続く老舗酒蔵だけに生息する「蔵付き酵母菌」を使用している点がすごさの秘密。

長い年月、生存競争を勝ち抜いた酵母は発酵力が強いため、通常の酵母よりも上質な植物発酵エキスが生み出されると言われています!

そんなすごい発酵力のベースとなる原料は、100種以上の高品質の野菜・果実・山野草・穀類・海藻類。これらを皮まで丸ごと使用し、非加熱・非加水処方で、沖縄産の黒糖と素材の糖分による浸透圧でじっくりとエキスを抽出します。

3年もの長期発酵・熟成を経て生まれる発酵エキスには、19種類のアミノ酸やビタミン・ミネラル、食物繊維など、美と健康に欠かせない栄養素とうま味満点です。

身体への優しさを第一に、防腐剤や保存料、香料・着色料、白砂糖・人工甘味料といった余分な成分は不使用。ローフードの栄養補助をはじめ、健康的に過ごしたい日々のお供におすすめです。

酵素ドリンク・ペーストセット
携帯に便利なペーストタイプ「フォルマ バランスエンザイム アクティブ100」もあり、ライフスタイルに合わせて選べるラインナップも嬉しいポイントです!

■「バランスエンザイム100」のおすすめの飲み方や詳しい成分、愛飲者の声はこちら

フォルマ バランスエンザイム100バナー

【関連記事】
『大人世代のファスティングのメリット・デメリットとおすすめファスティング方法』

『腸内環境改善・美と健康に注目の酵素ドリンク「フォルマ バランスエンザイム100」で毎日笑顔に!』

『ダイエットに効果的な食事内容は?GI値を意識して無理なくすっきりボディラインを叶えましょう!』

『お腹を引き締めてポッコリお腹を解消!自宅エクササイズでお腹痩せを叶える方法』

『腸内フローラを整えてダイエット!瘦せ体質と腸内細菌の関係って?』

『簡単脚やせ方法|足が痩せない原因は下半身の冷え太り !?すきま時間でできる美脚ストレッチ・マッサージ』

『【体験レポ】30代で痩せやすい体をつくる!「ハイパーナイフ」でお腹周りすっきりなスリミング体験』

『ウエストのくびれの作り方!簡単エクササイズで理想のくびれラインをアピールしましょう』

『美白におすすめの食べ物・栄養素!メラニン生成抑制・排出を促して美肌を叶えるには』