【マタメシ】香りがやみつき!「ごぼうの甘辛バター醤油焼き」

0

大根、かぶ、れんこんに里芋……。いろいろな根菜がありますが、なかでも食物繊維が豊富として知られるのが「ごぼう」です。「きんぴらごぼう」などでお馴染みですが、それ以外のレシピとなると、あまり思い浮かばないという人も多いのではないでしょうか。

ごぼうには独特の風味や、しっかりとした歯ごたえがあります。主張の強いごぼうを、どんな食材と組み合わせるか、どんな味付けにするかで悩んでしまうこともあるかもしれません。そんなときは原点に戻り、ごぼうそのもののおいしさを楽しんでみてはいかがでしょうか。今回使うのは、調味料だけ! バターの風味を決め手にした、簡単レシピをご紹介しましょう。

 

香りが食欲をそそる「ごぼうの甘辛バター醤油焼き」

【材料(1人分)】

  • ごぼう     1本
  • バター     大さじ1
  • 片栗粉     少々
  • 醤油      大さじ1
  • 砂糖      大さじ1/2
  • 酒       大さじ1

【作り方】

1、ごぼうの汚れを落としたら、4~5mm程度の幅にななめ切りにする。

2、水に5分程度さらす。

3、水気を切ったごぼうに、軽く片栗粉をまぶす。

4、バターを熱したフライパンに入れ、弱めの中火でいためる。

5、両面をこんがり色づく程度に焼き、ごぼうに火がとおったら調味料を加え、汁気がなくまるまで全体にからませる。

片栗粉をはたいているので、バター醤油がしっかりごぼうにからみ、おいしく仕上がります。ごぼうはアク抜きのために水にさらしますが、栄養素を損ないたくない人は水にさらさなくてもいいでしょう。

今回ご紹介したレシピは普段のおかずだけでなく、おつまみやお弁当などさまざまなシーンで活躍してくれるはずです。食物繊維が手軽に摂れるのに、炒めるだけというコツのいらない料理なので、常備菜として冷蔵庫にストックしておくのもいいですね。きんぴらごぼう、煮物など決まったレシピにばかり登場しがちなごぼうも、調味料だけでバリエーションの広がりを感じることができるはず。

この機会にぜひ、挑戦してみてくださいね!