「白玉点滴」って知ってる? 空前の美白ブームが継続中 今年の美白のコツは?

0

令和元年から引き続き、空前の美白ブームは継続中! 続々と美白コスメが発売されている中、美意識が高い女子の間では「塗る美白ではなく本当の美白になりたい」ということから、「白玉点滴」が注目されるように……。
今回は、この「白玉点滴」とは一体どんなものなのかを紹介します。おすすめの美白アイテムも合わせてチェックを!

 

白玉点滴の効果とは? 含まれている成分は?

一般的に「白玉点滴・注射」と呼ばれるものは、メラニン生成を抑制し肌全体をトーンアップする美白効果のある「グルタチオン」を体内に注入する施術になります。また、老化の原因となる活性酸素を除去し、アンチエイジングにも注目されている強力な抗酸化作用をもっていることも特徴!体の錆びつきを抑えることで、体の内側から透き通った美肌に導いてくれるそう。
ほかにも、美白効果のみならず免疫力を高めてアレルギーを抑える効果もあり、喘息にも効果的。元々グルタチオンは体内に存在するタンパク質であり、体内の毒素や老廃物を分解し排泄するというデトックス作用があるため、男性でもアルコールの解毒のために施術を希望する人がいたりと、期待できる効果は幅広いのだそう。
また、クリニックやメニューによっては、グルタチオンに加えて、ビタミンCやビタミンB群(B2・B6・B12)、アミノ酸、その他にコラーゲン生成に一翼を担う美容成分などをブレンドし、美白はもとより総合的に美肌に導くことを目的としたものを「白玉点滴」と呼んでいることもあります。施術を検討している人は、予約時にグルタチオンのほかにどんな美容成分が配合されいるか確認した方がいいでしょう。

◆1回の注入量や注入頻度は?

クリニックやメニューによって、1回に注入する量は60mg~2000㎎と様々。所要時間も注入量によって変化しますが、約30分を提示しているクリニックが多いようです。長い施術時間になるので、ワンドリンクサービスをしてくれるところも!
また、1回注入しただけでは効果を実感することはないという声が多数。個人差はありますが、1週間から10日を目安に1~2回ほど注入して、1ヶ月以上経過した頃に実感する人が多いようです。

◆痛みはあるの?

針を刺した箇所に赤みや腫れを生じる場合がありますが、数時間から数日で消えることがほとんどです。ほかに、吐き気や腹痛や頭痛などが起こる場合がごくまれにありますが、事前に医師とのカウンセリングをしっかり行い、万全の体調で施術をするのがよいでしょう。

 

美白を実感!編集部おすすめのホームケア

流行りの白玉点滴ですが、忙しくてクリニックへの通院は難しいという人のために、編集部イチオシの美白ケアのアイテムをご紹介します。
美白はもちろん、美肌に欠かせないと言われるビタミンC誘導体を贅沢に高濃度凝縮した『リコプロ フェイスケア C20ルーセント EX』は、保湿効果の高いグリセリンを同時に配合!“ビタミンCの美容液はつっぱりやすい”という概念を払拭した、美白に導きながらもハリと潤いを同時に与えてくれる美容液です。

【美容液】リコプロ フェイスケア C20ルーセント EX(20ml)
価格:9,900円(税込)

一般的には、ビタミンCは紫外線によって酸化してしまうために、陽が当たる日中(朝のお手入れ時)には使用できないものが多いのですが、これは酸化しにくい性質のため朝・夜のお手入れを可能に。高濃度ビタミンCを贅沢にケアができるので、使い続けていくうちに「肌がワントーク明るくなった」「シミ、そばかす、ニキビ跡が薄くなった気がする」と口コミでも話題!低刺激なので、敏感肌の人にも安心して使えます。

憧れの美白肌を手に入れるためには、自分のライフバランスに合わせて、クリニックやエステサロン、ホームケアなどを取り入れていくのがいいですね。

アイキャッチ画像出典:https://www.photo-ac.com/