プレママの花粉症対策ってどうすればいいの? ツラ〜イ症状を緩和させる方法教えます! 

0
LINEで送る

花粉症の季節がやってきました。鼻水や鼻づまり、目のかゆみなどの花粉症の症状は本当にツライものです。妊娠前は、内服薬や点鼻薬などを取り入れてしのいでいたという人も多いでしょう。しかし、妊娠中は、体の状況が違います。この時期だからこそ気を付けるべきことはあるのでしょうか。

 

妊娠中、花粉症の薬は飲んでもいいの?

妊娠中はおなかの中の赤ちゃんに影響があるのではと、むやみに薬を飲むことに抵抗を感じてしまいますよね。花粉症の薬はどうなのでしょう。

妊娠初期は胎児の成長にとても重要な時期であるため、薬の服用をできるだけ控えることを勧める医師も多いものです。
しかし、安定期に入ると、市販薬の中にも服用できるものが増えます。心配な人は、医師に相談して、処方してもらうといいでしょう。

花粉症の相談はかかりつけの産婦人科でもできます。アレルギー科や耳鼻科に来院する場合は、母子手帳を持参して。必ず妊娠中であることを伝えましょう。

 

自律神経を整えて、花粉症の症状をやわらげよう

妊娠中の体は、自律神経のバランスが乱れやすくなります。そして、自律神経が乱れると、アレルギーの症状が出やすくなるのです。
妊娠中に花粉症が悪化した気がする、という人が多いのには、こんな理由があるからなのかもしれません。

自律神経を整えるためには、睡眠時間を十分に確保し、毎日湯船に浸かってゆっくり入浴をするなど、体をリラックスさせる心がけが大切です。ゆっくりと自然な呼吸で行うストレッチも有効です。

また、食べ物でも花粉症の症状を抑制することができます。レンコンやシソには、鼻の粘膜の炎症を抑えたり保護する働きがあります。
そのほか、ルイボスティーはアレルギー反応を抑えてくれるといわれています。毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

花粉症に悩まされると、ママの心と体にストレスがかかります。それは、お腹の中の赤ちゃんにもよくありません。ツライ時期を少しでも楽に乗り切るため、先手先手の花粉症対策を行ってみてくださいね。

LINEで送る

 

About Author

PREMIER TODAY 編集部

私たちPREMIER TODAY編集部は、「女性の毎日を美しく」を掲げ、ライフスタイルや仕事、趣味や家族関係などさまざまな場面において、女性自身がよりよく満ちる情報をお届けしていきます。