マスク荒れ改善予防のスキンケア方法!乾燥・かゆみ・ニキビに負けないスキンケアとは

0

日常的にマスクをするライフスタイルが定着しつつある昨今、外出先では食事のシーンを除いて、ほぼマスクを着用し続けているのではないでしょうか。

そんなマスク生活が長引く中、マスクで覆われた肌に乾燥、かゆみ、ニキビなど、いわゆる「マスク荒れ」トラブルが急増中!

そこでここでは、長引く恐れのあるマスク荒れにお悩みの声に応え、マスク荒れの原因と改善・予防のスキンケア方法をご紹介します。

マスク荒れの原因とは

「マスクをすると、外気や紫外線に触れないから肌が守られるのでは?」と考える方もいるかもしれませんが、実はマスクによって、肌トラブルは引き起こされやすくなります!

まずは、どうしてマスクをすると肌荒れになるのか、原因を見ていきましょう。

【マスク荒れの原因1.マスク内の高湿度】

長時間マスクをしていると、汗や呼気によってマスク内は高湿度の蒸れた状態になります。また、熱がこもって高温になることで、皮脂分泌が盛んに!

すると、マスク内部では雑菌が繁殖しやすい環境となり、肌のかゆみや湿疹を誘発するうえ、過剰な皮脂により毛穴が詰まりやすくなるため、ニキビ・吹き出物ができやすくなるのです。

さらには、肌は高湿度になると、外部に蒸発する皮膚内部の水分量を表す数値「TEWL(経皮水分蒸散量)」が上昇し、外的刺激から肌を守る「バリア機能」が低下すると言われています。

というのも、「TEWL」は、高湿度になるほど上昇する特徴があるため。つまり、高湿度になるほど肌内部は水分を失って乾燥し、比例してバリア機能も低下してしまうのです!

バリア機能が低下している肌は、マスク着脱時の急激な湿度・温度変化にも弱くなっているため、マスク生活を続けているにつれて、肌はますます敏感に傾いてしまいます。

【マスク荒れの原因2.マスクによる摩擦】

高湿度によってバリア機能が低下している肌に、さらに負担をかけるのが、マスクによる摩擦です。

着脱時はもちろん、マスクをつけているだけでも弱った肌には刺激となり、その蓄積によって肌荒れが生じることに。

さらに、肌に必要な水分・皮脂がマスクの繊維に移ってしまい、肌が乾燥してバリア機能が低下することも考えられます。

肌が乾燥すると、バリア機能を補おうと皮脂が過剰分泌するため、ニキビ・吹き出物ができやすくなる、という悪循環に陥る可能性もあるのです!

マスクを選ぶ・着用時の注意点

以上のマスク荒れの原因を踏まえて、現在マスク荒れしている方も、マスク荒れを予防したい方も、マスクを選ぶ・着用する際は次のことにご注意ください。

【マスクを選ぶ際の注意点】

マスクをする女性
①敏感肌用の不織布マスク、もしくはコットン(綿)やガーゼなど、肌に優しく摩擦の少ない素材を選びましょう。

ただし、一般的には不織布マスクのほうが飛沫を抑えるとされるため、不織布マスクを使用する場合は、マスクと肌のあいだにコットンやガーゼ、ティッシュペーパーを挟むなど、肌に直接不織布が触れないように工夫しましょう。

※マスクに挟むコットンやガーゼなどは、マスクと同じ大きさにし、マスク内で動いて肌へ刺激を与えないように気をつけてくださいね。

②顔の大きさに合ったマスクにしましょう。

顔の大きさよりも小さいと、こすれて摩擦を与えやすくなります。しかし、大きすぎると密着感がなくなり、マスクとしての機能が低下するため、鼻から顎までをカバーする、適度に顔にフィットする大きさのマスクを選んでください。

【マスク着用時の注意点】

マスク着用時は、マスクを触ることで肌に摩擦を与えてしまう可能性があるため、できる限りマスクを触らないようにしましょう。

なお、使用したマスクにはウイルスや菌が付着しているため、使い捨てマスクの場合は必ず1日1枚の使用で取り替え、布マスクの場合も使用後は必ず洗い、清潔に保つようにしてください。

マスク荒れを改善・予防するスキンケア方法

では、バリア機能が低下して外部刺激に弱くなっているマスク荒れ肌には、どのようなスキンケアをすればよいのでしょうか。

【洗顔は優しく泡とぬるま湯で!】

まず、汚れ・雑菌を落とすための洗顔時は、優しく泡で包み込むように洗える洗顔料を使用しましょう。バリア機能が低下しているため、低刺激で保湿成分配合の、洗い上がりがしっとりとするタイプがおすすめです。

なお、洗顔時には32度程度のぬるま湯ですすぐようにしましょう。

なぜなら、お湯が熱すぎると必要な皮脂まで溶け出し、肌の乾燥を促進させてしまうから。

また、反対に冷たすぎると、洗顔料が十分に落とせずに肌荒れの原因になったり、毛穴が閉じたままのため毛穴奥の汚れまで取れず、ニキビの原因となったりするため、必ず水温にまで気を配りましょう。

【潤し守って整える保湿スキンケアを!】

洗顔で汚れや雑菌を落とした後は、同じく低刺激かつ保湿力のあるスキンケアアイテムを使用しましょう。

特におすすめなのが、乾燥に傾いた肌を潤す保湿効果の上に、マスクによるダメージから肌を守り、乱れたターンオーバー(新陳代謝)を整えて、弱った肌を元気にしてくれる高機能クリーム!

外的刺激にゆらぎやすくなっているマスク荒れ肌を、優しく癒し整えるスキンケアアイテムでいたわり、マスクに負けない強く美しい肌を育んでくださいね。

マスク荒れに!環境ストレスの刺激から守って潤すフェイスクリーム

一日中マスクに覆われて荒れた肌を、塗ったそばからふっくらハリ肌へ――バリア機能が低下した元気のないマスク荒れ肌対策には、「リコプロフェイスケア プレミア イノベーションSTMクリーム」がおすすめです!

リコプロフェイスケア プレミア イノベーションSTMクリーム

「プレミア イノベーションSTMクリーム」は、次世代のエイジングケアを叶える「リコプロSTMシリーズ」から生まれた、エイジングケアに特化した最先端美容成分配合のフェイスクリーム。

これからもマスクとは長い付き合いになると予想されるからこそ、うわべだけのケアではなく、肌の修復機能を高めて「自らの肌力」で再生できるようにすることが美肌づくりには重要です。

そこでおすすめなのが、最先端成分として注目のエイジングケア成分「ヒト由来幹細胞培養液エキス」。細胞を修復・保護し、肌本来の力を底上げする効果が期待できると今注目のこの高機能美容成分が、「プレミア イノベーションSTMクリーム」には贅沢に配合されています!

さらに、注目したいのが、お肌にしっかりと潤いを与えバリア機能を高める「プロテオグリカン」「セラミド」、マスクなどの外的刺激から肌をサポートする、ロイヤルゼリー由来の抗炎症成分「ロイヤルビオサイト」、損傷したDNAを修復しコラーゲンの生成機能を正常化する効果が認められている「AC-11」など、ヒト由来幹細胞培養エキス以外にも、マスクで荒れてしまったお肌におすすめの成分が配合されている点。

しかも、滞ったリンパ機能の低下を防いでむくみやくすみを改善する果実由来美容成分「キュアパッション」、細胞寿命のカギであるテロメアの長さを維持する酵素(テロメラーゼ)に働くテロメラーゼ活性成分「バイカリン」までも入っているので、使うほどにお肌の内側からエイジングサインに働きかけてくれます!

マスクの刺激からお肌を守りたい方にも、すでにお肌にトラブルが出てしまった方にもおすすめしたい、編集部イチ押しのアイテムです。

使用感にも定評があり、朝晩のお手入れ時に優しく伸ばすだけで内側からしっとりと潤い満点。毎日のマスク生活でもふっくらハリツヤ肌が手に入りますよ。

リコプロフェイスケア プレミア イノベーションSTMクリーム
商品名:リコプロフェイスケア プレミア イノベーションSTMクリーム
価格:19,800円(税込)

■「プレミア イノベーションSTMクリーム」について詳しくはこちらをクリック
リコプロフェイスケア プレミア イノベーション

【関連記事】

『ブルーライトの肌への影響って?スマホによるシミ・シワ・肌老化を防ぐスキンケア成分!』

『毛穴の開き改善方法!毛穴が目立つ原因と毛穴を引き締めるスキンケア化粧品紹介』

炭酸パックの驚くべき美肌効果|炭酸ガスが新陳代謝を高めて透明ハリツヤ肌へ!高濃度炭酸パック紹介』

『皮脂を抑えて化粧崩れを防ぐ方法!脂性肌・乾燥肌の間違いスキンケアが皮脂浮きの原因に』

『簡単小顔リンパマッサージで毎日すっきり!フェイスライン・ほうれい線のたるみに効くマッサージ方法』