妊娠時は肌状態が不安定……そんな時は口コミで話題の”ゆるがない肌”に導く美容液&クリームがおすすめ!

0

マタニティ期のお肌はとても敏感なので、今まで使っていたスキンケアで肌荒れを起こすトラブルに悩む人もいるそう。
特に、1年の中で1番寒いと呼ばれる「大寒」の時期は、寒さに加えて空気が乾燥するので、今まで以上にお肌が敏感になることも!ただでさえトラブルが起きやすいマタニティ期の秋冬のお肌、どんな保湿方法でお肌を守っていけばいいのでしょうか。
今回は、編集部おすすめの保湿方法や、「妊娠時も問題なく使えた!」「妊娠してコレに切り替えてから肌の調子が安定した!」と、どんな肌状態の時もキレイをサポートしてくれる口コミでも評判の頼れるスキンケアアイテムを合わせて紹介します。

《おすすめ保湿方法》化粧水の2度づけで、うるおいを肌の内側に閉じ込める

不安定な肌状態のマタニティ期や乾燥が気になる季節は、油分重視のスキンケアに陥りがち。しかし、油分のヴェールで肌を包んでも、肌自体に水分が少ない状態では、うるおい肌にはなりません。この時期は、いつも以上に水分補給にこだわりましょう。肌をやわらかくし、たっぷりの化粧水でお肌の内側まで水分を与えるスキンケアが大切です。
化粧水のつけ方も見直しを。コットンをつかうよりも、指で直接なじませるほうが刺激が少なくなります。
手の平にたっぷりの化粧水をとって、肌に滑らせるように指でつけたら、手のひらで顔を覆って、やさしくプッシュ。
化粧水がなじんだら、再度、化粧水を手にとって2度づけを。お肌表面がひんやりしたら、水分チャージ完了の合図です。

マタニティ期の不安定な時こそ!”ゆるがない肌”にしてくれるスキンケアシリーズを

マタニティ期になると不安定な肌状態になるという人が続出する中、「今までと変わらず調子いい!」という声や、不安定な肌状態に悩まされていたけれど、「コレに切り替えてから肌状態が安定するようになった」という口コミを調査した結果、「リコプロフェイスケア インプル―ヴ シリーズ」を使用している人が多いことが分かりました。

「リコプロフェイスケア インプル―ヴ シリーズ」は、不安定な肌にアプローチし、ゆるがない肌に導いてくれる頼もしい美容成分が配合しています。
特にマタニティ期におすすめしたいものは、傷ついた肌細胞を立て直し、未来の肌トラブルまでも予防する高機能美容液 「リコプロフェイスケア インプル―ヴ マザーEX リペアC」。

【美容液】リコプロフェイスケア インプル―ヴ マザーEX リペアC(30ml)
価格:12,100円(税込)

今アンチエイジングに効果が高いと話題の”植物幹細胞”を4種も配合!傷ついた細胞の修復と保護をしてくれます。なかでも、氷河期時代を生き抜いた植物「サポナリアプミラカルス」の培養液を配合、肌への負担になる紫外線や可視光線からも真皮幹細胞を保護し、強化するそう!
さらに、美肌に欠かせないと言われるビタミンCを凝縮配合。保湿型のビタミンC誘導体を内包した特殊なリポソームカプセル“VC誘導体リポソーム”を採用しているため、美肌成分を肌の奥までとどけます。
ほかにも、肌の潤いを保つセラミド、コラーゲンやヒアルロン酸の産出を助けるプロテオグリカンを配合しているので、肌にハリと潤いを蘇らせます。
未来の肌トラブルを素早くキャッチして即座にサポートしてくれる頼もしいアイテムです。

より乾燥肌になりやすいマタニティ期には、「リコプロフェイスケア インプル―ヴ シリーズ」の中でも、「とろけるように肌になじみがいい!」と評判の「リコプロフェイスケア インプル―ヴ ディープクリーム リペアC」もおすすめ!

【クリーム】ディープクリームリペアC(30g)
価格:11,000円(税込)

美容液同様に、贅沢に”植物幹細胞”を3種も配合しているクリーム。なかでも、海から陸へと移住するための進化を遂げた最初の植物と言われている「クリスマムマリチマムカルス」の培養液は頼もしい!乾燥・太陽光線・紫外線などの過酷な環境変化によるストレスの中、自らを適応させる能力を備えているため、表皮細胞のターンオーバーを促進し、メラニン形成までの各プロセスを阻害しメラニン合成を抑制するそう。
美容液と共通して、高濃度ビタミンCリポソーム& プロテオグリカンも配合しているので、ハリと潤いも徹底的にサポート!
また、ビフィズス菌培養溶解質を配合しており、UVにより損傷されたDNAを修復してくれるため、肌の免疫機能を高めて慢性的な光ダメージの進行を防御!免疫力が落ちてしまうマタニティ期にもぴったりです。

マタニティ期は、今までとは体調だけでなく、肌質も変わっていくので、負担をかけないスキンケアが欠かせません。正しい保湿を行い、頼れるアイテムを使用し、トラブル知らずの肌で過ごしたいですね。

アイキャッチ画像出典:https://www.photo-ac.com/