「なぜ妊婦さんに対してのマッサージが充実していないのだろう?」 エステティシャンのそんな思いから生まれたマタニティトリートメント

0

妊娠中に受けることができるマッサージがあるのをご存知ですか?

お腹の中に新しい命を宿すと、「無理はできない」という気持ちになるものです。
ライフワークにしていた運動や、メンテナンスやリフレッシュのために通っていたマッサージを、妊娠を機に控えるという方も少なくありません。

でも、妊娠をしたからと言って、そういったことを全て我慢したり、控えたりする必要はないんです。

赤ちゃんがお腹の中で育ち、無事出産を迎え、健康な赤ちゃんを産むということは、その全てが奇跡の連続です。
「お産は病気じゃない」なんて言葉を耳にすることがありますが、お腹の中で新しい命を育むお母さんは、十月十日(トツキトウカ)の間、身体の変化や、時には不調にも対応していかないといけません。

「なぜ妊婦さんに対してのマッサージが充実していないのだろう?」

自らの妊娠・出産経験から「なぜ妊婦さんに対してのマッサージが充実していないのだろう?」と、マタニティマッサージを開発したのは、株式会社プレミア・ビューティ・アンド・スパで技術開発やプレミア・ビューティ・アカデミー エステティック学科で講師を勤めるなど幅広い経歴をもつ新井陽子さん。

「妊娠中は体重が増加し、足がむくんだり、身体全体に負担がかかります。また、静脈も圧迫され、流れが悪くなってしまっているので、マタニティトリートメントでこれらを解消していきます」

やはりエステティシャンとして、「女性が一番大変な時期こそ何とかしてあげられないか」という想いから、妊娠中でも安心して受けることができるマッサージメニューを開発したそうです。

新井さんが開発した「マタニティトリートメント」は、マタニティケアの先進国であるアメリカのマッサージ法をベースに、妊婦特有の心身のコンディション、妊婦さんに安全なアロマ、ハーブ、オイルなどを研究。経験者ならではのこだわりが詰まったオリジナルトリートメント。腕にクッションを抱え、足でもクッションを挟み横になった姿勢で受けます。この体制は、妊婦さんが一番心地良い状態で施術が受けられます。

手の感触とお腹の赤ちゃんの鼓動だけを感じる60分

オイルを使って行うマタニティトリートメント。
エステティシャンが優しく、手で一つひとつ不調を感じとるように、丁寧に解きほぐしていきます。
優雅な空間でゆったりとマッサージを受ける中で、知らず知らずのうちに緊張していた心や、溜まっていた疲れから解放されるはず。

「トリートメント後、共通しておっしゃるのが“もっと早く来ればよかった”というお言葉です」

実際に、マタニティトリートメントを受けたお客さまは、むくみや腰痛に悩み、悪化した状態になってから来店する方がほとんどなんだそう。
その時点ですでに妊娠8ヶ月位になっている方も多いので、出産までに通える回数も限られてしまいます。

マタニティマッサージは、妊娠16週を過ぎた、健康な妊婦さんであれば受けることができるので、妊娠初期の段階から、「妊娠中に受けられるマッサージがある」ということを知っておくことが大切ですね。

身体が辛くなってからではなく、その前から通うことで妊娠中に避けては通れない不調とうまく付き合っていくことができます。

こんな贅沢しちゃって、いいのかな?

画像出典:https://pixabay.com/

新井さんが開発したマタニティトリートメントを、南青山にあるサロン「アユアラングレース」で、実際に受けた方の感想をご紹介します。

「マタニティマッサージって、一体どんなことをするんだろうと、何も知識のない状態で行きました。
受けた感想は、気持ちよすぎて、からだがふにゃふにゃ〜って感じです(笑)。
今、2人目を妊娠中なのですが、上の子がいる状態での妊婦生活は一人目のときとはやはり違って、休んでいられないのがとても辛いです。身体はもちろん、心にも余裕がないなと感じていたのですが、心身ともにスーパーリラックスしました。こんな贅沢して、いいのかしら?と思ってしまうほど。
担当してくださったエステティシャンの方も働くママさんで、出産・子育ての話でも盛り上がり、さらに腕も最高! 出産まで、まだ時間があるので、また受けたいです」

マッサージを受けた方の中には、今まで胎動を感じたことがなかったようなのですが、マタニティマッサージを受けている時に初めて胎動を感じたという方もいらっしゃるそう。

お腹の赤ちゃんもママと一緒に、リラックスしたのでしょうか?

マタニティトリートメント (アユアラングレース
初回体験価格⇒10,800円(税込)
東京都渋谷区渋谷4-1-12
営業時間:平日 10:30~21:00 / 土日祝 10:30~20:00

アイキャッチ画像出展:https://pixabay.com/