秋冬でもうるうる肌を保つ秘訣!入念な乾燥・トラブルケアでうるもち肌に!

0

いよいよ12月。冬はイベントが目白押しで、街も華やいできましたよね。

さまざまなパーティーや集まりに参加することが多いから、お肌のコンディションは常に万全にしておきたいもの。この季節、女性の最大の悩みである乾燥をしっかり防ぐことが美肌への近道です。

そもそも、どうして秋冬は肌が乾燥するの?

秋冬は肌が乾燥する、というのは、もはや一般的に知られている事実。でも、どうして乾燥してしまうのか、その理由を改めて考えてみましょう。

「冬は湿度が低くなるから乾燥するんでしょう?」と思った方。では実際に、東京の湿度の年間推移を見てみると、夏は75~80%ほどであるのに比べて、冬場は55%前後。

確かに湿度は低めですが、思っていたほどではない印象です。乾燥の大きな原因は、ほかにもありそうです。

冬は気温が下がります。一方で、体内の温度は37℃前後、肌の表面も30℃以上を保とうとしている状態。つまり、肌の表面と外気との温度差が大きいと、温かい方の湿度が下がります。

よって、外気にさらされている部分(すなわち一番気になる顔!)ほど、湿度が下がってしまい、乾燥しやすくなると考えられます。

ここに冬の冷たい風が加わると、お肌の乾燥はさらに加速! 体が冷えていると新陳代謝も低下、肌本来が持つバリア機能なども鈍くなってしまい、お肌のハリや弾力も失われがちです。

加えて、寒い時期は汗をかく量が減少します。しかしながら、常に皮膚などから少しずつ水分が蒸発していく「不感蒸泄(ふかんじょうせつ)」と呼ばれる現象は、むしろ増加の傾向に。つまり、汗をかいていないと思っていても、実は気づかないうちに水分が失われているというわけです。

秋冬でもうるうる肌を保つ秘訣

さまざまな要因によって、お肌の乾燥やトラブルが多くなるこの季節。できる限りのケアをして、美肌を保ちましょう!

・適度な水分補給
さほど喉の渇きを感じないため、夏場ほど水分補給をしない人が多いかと思いますが、まったく水分を摂らないのはNG! こまめな水分補給を心がけましょう。

・体を冷やさない
ただでさえ体が冷えがちなこの季節、身体を暖かくする工夫は、健康だけでなくお肌にも良い影響を与えます。

・衣類にも工夫を
マスクやマフラー、ストール、フード付きのアウターなどで顔周辺への風を防ぐことで、湿度を保ち、肌の乾燥対策に効果的です。

・スキンケアも念入りに
そして何より、スキンケア。ターンオーバーを整え、ハリや潤い、弾力を維持するためには、肌本来の再生機能をサポートしてあげることが大切です。

おすすめは、「新世代アンチエイジング」として話題の「リコプロフェイスケア プレミア イノベーション STMセラム R」

09261112_57e883feb5201

出典:https://shop.premier-beauty.co.jp/products/detail.php?product_id=363

画期的なのは、再生美容で注目されている「ヒト幹細胞培養液エキス」が配合されているということ。細胞の活性・再生を強力に促進し、肌本来が持つ潜在能力を存分に引き出してくれます。

加えて、細胞内の不要物を排出し、自浄作用を活性化してくれる「ビタミンC誘導体」、コラーゲンサイクル機能を活性させてくれる「プロリフィル」など、さまざまな最先端のアンチエイジング成分が処方されています。

実際に使ってみると、その潤いの違いに驚きます。外の寒い空気に触れた後でも、肌が内側からふっくらしているのが実感できました。これからの季節、手放せないスキンケアアイテムといえそうです。

リコプロフェイスケア プレミア イノベーション STMセラム
価格:18,150円(税込)

一年中安定した美肌を保つには、乾燥なんかに負けてはいられません! こまめなケアを心がけて、冬もしっとり美肌を目指しましょう。

【関連記事】
『マスク荒れ改善予防のスキンケア方法!乾燥・かゆみ・ニキビに負けないスキンケアとは』

『ブルーライトの肌への影響って?スマホによるシミ・シワ・肌老化を防ぐスキンケア成分!』

『毛穴の開き改善方法!毛穴が目立つ原因と毛穴を引き締めるスキンケア化粧品紹介』

炭酸パックの驚くべき美肌効果|炭酸ガスが新陳代謝を高めて透明ハリツヤ肌へ!高濃度炭酸パック紹介』