髪に若さを出すシャンプー前トリートメントで老け印象をなかったことに!

0

ヘアトリートメントはシャンプー後にするのが一般的。しかし近年、シャンプー前にトリートメントをするのがいいと話題になっているのをご存知ですか? 

アラサー、アラフォーになって髪のパサつきが気になってきた方に、ぜひともおすすめしたい簡単美髪方法をご紹介します!

コンディショナーとトリートメントの違い

コンディショナーとトリートメントは、どちらも同じだと思っていませんか? 実は大きな違いがあります。

■コンディショナー:髪の表面を整え、髪にキューティクルやつやを与える
■トリートメント:髪の内部に浸透し、内部からコンディションを整える

つまり、コンディショナーは表面、トリートメントは内面を強化するもの。トリートメントは髪に浸透すれば浸透するほど、髪に元気を与えてくれます。

シャンプー前のトリートメントで栄養たっぷり!

髪は吸収できる水分量が決まっています。だからシャンプー後にトリートメントをすると、髪は十分に水分を吸収してしまっているので、その後からではトリートメントの栄養素を十分に取り入れることができません。

しかし「シャンプー前にトリートメント」と順番を変えれば、髪も吸収力抜群の状態でスタンバイということに。髪に栄養がぐんぐん取り入れられるのです!

メリットはそれだけではありません。シャンプーの前にトリートメントすることで、髪の摩擦も起きにくくなり、絡みやすい髪や細い毛を守ってくれます。

さらに、トリートメントの前にオイルをプラスすると、その効果はさらにアップ。オイルを髪に揉み込むことで、整髪剤などの汚れが浮き立ち、落としやすくしてくれ、トリートメントも浸透しやすくなります。

シャンプー前のトリートメント方法

1. 乾いているうちに髪をブラッシングをする

濡れた髪をブラッシングすることは切れ毛などの要因になります。

2 .髪にオイルをなじませるか、お湯でしっかり濡らす

オイルは傷んでいる部分に重点的にもみ込みこむこと! 乾燥や痛みがひどければ10〜20分程度、時間をおくといいでしょう。 

3. トリートメントを揉み込むようにつける

これにより、トリートメントがオイルと馴染んで指通りがよくなります。

4 .軽く流してシャンプーをする

この段階終了時点で髪の状態がよさそうなら、トリートメントはしなくてもOK。

物足りない場合は、再度トリートメントを塗布し、5分後に流しましょう。これでしっとりとした髪の毛に生まれ変わっているはず!

オイルは、椿油や馬油、アルガンオイル、ココナッツオイルなどがおすすめ。一般的なヘアオイルでもOKです。ぜひ、トライしてみてください。

【関連記事】
白髪の原因4つと予防対策|白髪ができる仕組みとおすすめ栄養素・頭皮ケア紹介!
『HGH(成長ホルモン)で睡眠美容!エイジングケアに必要なHGH分泌量を増やす方法』