妊娠中に増えるってホント? 「シミ」「そばかす」ができる原因と対処法

0

妊娠中は、さまざまなマイナートラブルが起こります。特に、肌トラブルに悩まされるという方は多いのではないでしょうか。妊娠前に使っていた化粧品やスキンケアアイテムが肌に合わなくなったというケースも珍しくありません。そして、意外に多いのが「シミやそばかすが急に増えた」という声。一体なぜでしょう?

 

妊娠中にできるシミ・そばかすの原因

シミとそばかすができる原因は、少し違います。

シミは、紫外線による肌ダメージや加齢、ニキビ跡の炎症など、主に後天的な原因。一方そばかすは、正式には雀卵斑(じゃくらんはん)といい、多くは遺伝、つまり先天的な原因です。鼻周りや頬のほか、腕や背中など顔以外にもできることがあります。

このように、後天的か先天的かの違いはありますが、共通しているのはメラニンによって引き起こされるということです。

妊娠中は、体内のホルモンバランスが大きく変化します。「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2つの女性ホルモンの分泌量が増加することで、メラニン色素を生成するメラノサイトが刺激され、シミやそばかすが増えてしまうのだとか。急に増えてしまっても、ケア不足が原因ではないので、まずは自分を責めないでくださいね。

 

できればシミもそばかすもつくりたくない! 対策は?

産後はホルモン分泌が元に戻るので、シミやそばかすもだんだんと薄くなっていくことが多いようですが、なかにはそのまま定着してしまったという声も。ホルモンバランスの変化が原因とはいえ、できればシミもそばかすもつくりたくありませんよね。

対策としては、何より紫外線をできるだけ浴びないこと。外出の際は、紫外線対策を万全にしましょう。そして、つわりの時期は仕方がないとしても、できるだけ栄養バランスのとれた食事を心がけること。質のいい睡眠をしっかりとることも大切です。

 

妊娠中でも使える! おすすめスキンケアアイテム

シミやそばかすを防ぐには、スキンケアアイテムでセルフケアをすることも重要です。効果が高く、妊娠中でも安心して使える肌刺激が少ないアイテムをご紹介します。

リコプロ フェイスケア C20ルーセント EX
09261105_57e882564d514

画像出典:https://shop.premier-beauty.co.jp/

紫外線対策といえば「ビタミンC」。最新型ビタミンC誘導体を20%と高配合しているので、より確実に肌へとアプローチしてくれる美容液です。特筆すべきは、従来のビタミンC配合アイテムにありがちだったピリピリ感がないこと! グリセリンも配合されているので、保湿力も抜群です。もちろん、鉱物油や防腐剤、界面活性剤は不使用。成分はアスコルビン酸(ビタミンC)とグリセリン、水のみと、余分なものは一切入っていないので、妊娠中でも安心して使えます。

プレミア・ビューティ・アンド・スパ「リコプロ フェイスケア C20ルーセント EX」
価格:9,720円(税込)
http://shop.premier-beauty.co.jp/

 

リコプロフェイスケア プレミア イノベーション STMセラム
STM

画像出典:http://shop.premier-beauty.co.jp/

美容医療分野でも大注目の「ヒト由来幹細胞培養液」を配合した美容液。美肌のカギとなるターンオーバーの正常化、ハリや潤い、弾力の維持を担っている幹細胞を活性化させてくれます。さらに、紫外線対策に大切なビタミンC誘導体も配合されています。合成香料・アルコール・パラベン(防腐剤)・色素などの肌ストレスもフリーなので、妊娠中の不安定な肌にもうれしいですね。

プレミア・ビューティ・アンド・スパ「リコプロフェイスケア プレミア イノベーション STMセラム」
価格:21,600円(税込)
http://shop.premier-beauty.co.jp/

 

ほんの少し肌ケアを丁寧にすることが、産後の健やかで美しい肌へと繋がります。お腹の赤ちゃんを慈しむように、妊娠中は自分の肌もしっかりいたわってあげましょう。

 

アイキャッチ画像出典:Gregory Klein