30代から始めるスキンケア新習慣! 肌の再生機能を高める「ヒト幹細胞コスメ」

0

30代になると目に見えてくる肌の老化。加齢には誰も逆らうことはできません。
20代までは気にしたこともなかったシミやシワを始め、たるみやくすみなどを見つけてショックを受けることも。

30代からはこのような肌の変化には、20代までと同じスキンケアではとても太刀打ちできません。

では、年齢に合わせたエイジングケアとはどういうことなのでしょうか?

 

30代からのエイジングケア

30代からのエイジングケアでこれから先30年の肌が変わります。

エイジングケアと言えば、不足した栄養分を補うケアをイメージする方が多いかもしれません。
しかし、30代からは代謝も落ち、肌の機能も弱ってきています。30代になって現れた肌の変化には、20代までのスキンケアだけではとても対応できません。

そこで栄養補給だけでなく、弱ってしまった肌の再生機能を蘇らせるケアが必要になってきます。

自分に合った化粧品の探し方におすすめなのが「肌診断」

しかし、ほとんどの女性が自分の肌の変化に気づかないまま今まで通りのケアをしていたり、肌の変化に気がついてもどのようにケアを変えて良いかわからずにいます。

肌の変化の仕方は人それぞれ。加齢だけでなく、環境や遺伝子によっても千差万別です。
まずは自分の肌を知り、今必要なケアは何かを知らなくてはいけません。

そんな女性たちに最適なのが「肌診断」。
肌診断機にも様々な種類がありますが、特に代表的なのがマイクロスコープです。肌をスキャンするだけで、肉眼では見られないレベルまでも高精度な分析が可能です。

結果は五角形のバランスグラフで表示したり、過去の測定画像と並べて比較したりすることができ、自分の肌の変化の様子やスピードを理解することができます。

自分の肌の特徴がわかれば今後自分に必要なケアを知ることができるので、「肌診断」はエイジングケアの近道であると言えるでしょう。

自分の肌のことがわかったら?

自分の肌の特徴がわかったら、エイジングケアで弱った肌にアプローチしていきましょう。

肌の再生機能を高めるのに有効な成分が「ヒト幹細胞培養液」。

従来、私たちの体に備わっている「幹細胞」は、分化・分裂を繰り返すことで細胞を再生し組織を活性化していきます。
そして、加齢やストレス等によってこの機能が低下することで、肌も徐々に変化していきます。

しかし「ヒト幹細胞培養液」なら、自らの幹細胞に働きかけて「生み出す」ケアをすることが可能になります。

そこでおすすめしたいのが、『プレミアイノベーションSTMクリーム』。
ヒト幹細胞培養液を豊富に含むことはもちろん、その長さが短くなると細胞分裂をしなくなるため「命の回数券」とも呼ばれる”テロメア”の維持を助けるテロメラーゼ活性成分バイカリンを配合。細胞寿命を延ばし、肌奥からハリと潤いをもたらします。

さらに、抗シワ成分マトリキシルモルフォミクスが、肌のコラーゲン量を増やし、皮膚の形態を整え、弾力のある肌質へ導いてくれます。

他にも抗炎症&敏感肌の改善に有効な「ロイヤルビオサイト」、代謝を促進しむくみを解消してくれる「キュアパッション」など、今注目の有効成分を幅広く配合しています。

使い心地も滑らかで伸びの良いテクスチャが心地よく、ふっくらしっとりとした触感です。
しっかりと丁寧に、気になる部分には重ねづけをしながら使うことで、30代からの肌の変化に対応できます。

いつものクリームをこれに変える、または仕上げのケアとしていつものケアにプラスすることで、あなたも最新のエイジングケアを始めてみませんか。

画像出典:http://shop.premier-beauty.co.jp/

プレミア イノベーション STMクリーム
価格:19,440円(税込)

 

アイキャッチ画像:https://pixabay.com/