生理前の肌荒れ・ニキビはホルモンバランスのせい?肌荒れを改善するおすすめ対策紹介

0

「いつも生理前になると肌荒れになって大変!」「生理前はニキビが大量発生して気持ちが沈む……」など、生理前の肌トラブルに気持ちまで左右されてしまう女性は多いのではないでしょうか。

個人的な程度の差はあるものの、女性の肌はホルモンバランスによって影響されやすく、特に生理前は肌が敏感になり、いつものスキンケアで痛みや痒みを感じたり、吹き出物が発生したり、どれだけ保湿をしてもかさついてしまったりと、様々な肌トラブルが起きることは珍しくありません!

そこでここでは、生理前に肌荒れしやすい原因と、おすすめの肌荒れ対策についてご説明します。

生理周期を作り出す女性ホルモンとは

生理前の肌の不調には、生理周期を作り出す女性ホルモンのバランスが深く関係しています。

女性ホルモンには、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」があり、およそ28~30日周期におけるこれらの分泌量の変化によって、生理が引き起こされているのです。

エストロゲン、プロゲステロンそれぞれには、主に以下の作用があります。

■エストロゲン(卵胞ホルモン)
卵巣内の卵胞の発育に従って分泌されるホルモン。別名「美のホルモン」

・受精卵が着床しやすいように、子宮内膜を増殖肥厚させる。
・女性らしい丸みのある体格を形成する。
・コラーゲン産出を促し、肌や髪の潤い、ハリ・弾力を維持する。
・骨にカルシウムを蓄積させる。
・抗酸化作用により、動脈硬化などを防ぐ

■プロゲステロン(黄体ホルモン)
卵胞が排卵後に変化した黄体から分泌されるホルモン。別名「母のホルモン」

・受精卵が着床しやすいように、子宮内膜を柔らかくする。
・乳腺発育を促す。
・体温を上げる。
・皮脂の分泌を活発にする。
・水分をため込みやすくするため、むくみを起こす。
・便秘しやすくする。

これら2つの女性ホルモンの、生理の始まりから生理直前までの各分泌量の変化に伴い、生理から次の生理の始まりまでの期間を以下の4段階に分けることができます。

 生理周期の女性ホルモンの分泌量

【生理中(1週目)】
プロゲステロンの分泌がなくなる。
生理終了間近から、エストロゲンの分泌が始まる。

【生理終了後(2週目)】
(排卵準備のため)エストロゲンの分泌が高まる。

【排卵後(3週目)】
プロゲステロンの分泌量が高まる。

【生理前(4週目)】
プロゲステロンの分泌量がピークになる。
エストロゲンの分泌量が低下していく。

生理前の4週目には、皮脂分泌量を促進したり、便秘やむくみを誘発したりするプロゲステロンの分泌量が増え、反対に肌に潤いやハリを与えるエストロゲンの分泌量は低下します。

そのため、生理前から生理中にかけて、皮脂の過剰分泌と乾燥によって肌が敏感になり、肌荒れ・ニキビのトラブルが発生しやすくなるのです!

生理前の肌荒れ対策

では、ホルモンバランスの変化によって肌荒れになりやすい時期は、どのようにして乗り越えていけばよいのでしょうか。

【生理前の肌荒れ対策1.スキンケアは保湿を重視】

まずは、スキンケアを見直してみましょう。生理前は皮脂量が増えるものの、乾燥もしやすく刺激に対して敏感になっています。

そのため、洗顔時はたっぷりの泡を使い、肌に摩擦を与えないように優しく泡で洗うようにしましょう。

また、クレンジングでメイク汚れを落とす際も、ゴシゴシとこすったり、洗浄力の強いクレンジング剤を使用したりせず、敏感肌の方でも使用できるマイルドかつ汚れはしっかりと落ちるタイプを選ぶように気をつけましょう。

化粧水や乳液・クリーム・美容液に関しても、生理前の荒れやすい時期は、低刺激で保湿力の高いタイプを優しく浸透させるように塗布してください。

【生理前の肌荒れ対策2.規則正しい生活習慣】

ホルモンバランスの変化からくる肌荒れには、身体の内側からのケアも重要です。そのためには、生活習慣の見直しを。

食事は栄養の偏りに注意して、美肌づくりに欠かせない栄養素をバランスよく食事やサプリメントから摂取するように心がけましょう。

肌荒れ予防に押さえておくべき栄養素として、まずは肌の細胞の材料となるタンパク質と、タンパク質を構成するアミノ酸が挙げられます。

アミノ酸を含む食材

タンパク質は肌をはじめ、筋肉、骨、髪の毛、爪、臓器など、あらゆる身体の組織づくりに使われる栄養素。そのため、タンパク質とアミノ酸は、肌荒れ以外の体調不良改善にも欠かせない摂取すべき栄養素として覚えておきましょう!

次に、おすすめの栄養素はビタミンB群。糖質・脂質の分解を促進し、代謝を高める働きがあります。また、抗酸化作用やメラニン色素抑制作用、血行促進作用のあるビタミンCも、肌荒れ予防・改善のために積極的に摂取したい栄養素の代表です。

また、食事の見直しだけではなく、質の良い睡眠も肌荒れ対策として重要です。なぜなら睡眠中は「HGH(ヒト成長ホルモン)」が脳の脳下垂体から分泌され、ホルモンバランスの乱れによって滞りがちな肌の新陳代謝を促進するため。

ただしHGHは、寝始めの3時間に分泌量が増えるため、この時間にぐっすりと眠っていることが美肌づくりに繋がります。

以上から、生理前の肌荒れ対策には、肌に良い栄養素をバランスよく摂取し、質の良い睡眠を取るように生活習慣を整えることが重要なのです。

女性の美をサポートするおすすめのサプリメント

繰り返す生理前の肌荒れに毎月がっかりしていると、それがストレスになって更なる肌荒れを招くことにもなりかねません! とは言え、なにをやってもキレイにならない……。

そんなお悩みを抱えている方こそ、HGH分泌に欠かせないアミノ酸を独自のバランスで配合し、女性の美をサポートするサプリメント「recopro ONE CARE JELLY(リコプロ ワンケアゼリー)」を試してみてはいかがでしょうか。

リコプロ ワンケアゼリー

商品名:recopro ONE CARE JELLY(リコプロ ワンケアゼリー)
価格:16,200円(税込)
内容量(1箱):10g×30袋 ※1日あたりの推奨摂取量:1~3袋

副交感神経を活性化させてリラックスさせる「GABA」や、HGH(成長ホルモン)合成促進作用や免疫力アップ作用があるとされる「アルギニン」など、HGH分泌に欠かせないアミノ酸を、最適バランスで配合。自律神経のバランスを整えて、深い睡眠へと導きます。

recopro ONE CARE JELLYペースト

※吸収率の高いペースト状を採用

粉末やカプセルタイプと比較して、ペーストは飛躍的に吸収率が高いと言われています。

そのため「recopro ONE CARE JELLY(リコプロ ワンケアゼリー)」はペーストタイプを採用することにより、通常の消化過程を必要としないため、わずか1分で吸収がスタートする優れものなのです!

【recopro ONE CARE JELLYの特徴】

・睡眠の質の向上と成長ホルモンの分泌にアプローチするゼリー状サプリメント。
・成長ホルモンの構成に欠かせないアミノ酸を最適バランスで配合したアミノ酸加工食品。
・ペーストタイプを採用することにより、通常の消化過程を必要としないため、わずか1分で吸収がスタート。
・スティックタイプで持ち運びしやすく、水なしで飲める形状。甘酸っぱいライチ味。
・睡眠サイクルが不規則な方を中心に、美と健康に悩みを抱えている方におすすめ。

生理前の肌荒れ対策から毎日の巡りアップまで、女性が求める効果が盛りだくさん! 何をしても肌の調子に自信が持てないのなら、今すぐ「recopro ONE CARE JELLY(リコプロ ワンケアゼリー)」をチェックしてみてくださいね。

■「recopro ONE CARE JELLY」特徴や成分、お召し上がり方などについて詳しくはこちら
recopro ONE CARE JELLY

【関連記事】
『鼻ニキビができやすい原因は?皮脂でべたつく肌におすすめのスキンケア紹介』

『辛い生理痛を和らげて快適に過ごすセルフケア方法!生理痛の原因と痛み改善対策を知ろう』

『背中ニキビができる原因は?簡単な予防法でバックスタイルに自信を!』

『ブルーライトの肌への影響って?スマホによるシミ・シワ・肌老化を防ぐスキンケア成分!』

『毛穴の角栓は取ったらダメ?黒ずみ毛穴を改善・予防する毛穴レス肌対策』

『唇のくすみ・乾燥は血行不良!?くすむ原因とNG行動、おすすめリップケア方法まとめ』