油で太らない! ダイエット中に気をつけたい「脂質」の摂り方

0

ダイエット中の食事で、糖質と並んで気になる「脂質」。脂、と付くだけに、脂肪の元=ダイエットの敵! といったイメージに繋がりやすいですよね。

ですが脂質も、身体を健康的に機能させるうえで大切な栄養素のひとつです。脂質が不足するとどんな問題が起きるのか、そしてダイエット効果を妨げない脂質の摂り方について、まとめてみました!

■脂質不足は美しさを損なう原因に!?

まずは、脂質の働きについて見てみましょう。脂質は、1gあたり9キロカロリーと高カロリーで、身体にとって非常に効率のいいエネルギー源です。さらに、ビタミンA、D、Eなどの吸収を促進するほか、ホルモンのバランスを整えたり、細胞膜や角膜をつくる元となったりしています。つまり、この大切な脂質が不足するということは……

・エネルギー不足……体力や集中力の低下をまねく
・ビタミン不足…新陳代謝が低下し、老化が進んだり痩せにくい体質につながる
・ホルモンバランスの崩れ…肌荒れ・髪のパサつき、精神的な不安定や自律神経失調症につながることも

こうしてみると、美しく働きたい女性にとっては何としても避けたいことばかりですね…

■脂質の種類を理解して、上手に脂質を摂ろう!

脂質には、「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の2種類があります。このうち、ダイエットを支えてくれるのは「不飽和脂肪酸」。魚介類(とくに青魚)やオリーブオイル、えごま油、アボカドやナッツなどに含まれます。

不飽和脂肪酸は主にビタミンの吸収を助けたり、ホルモンバランスを整えるために役立つ脂質で、かつ体内に蓄積されにくい性質のため、太りにくいというメリットがあります。一方、飽和脂肪酸は肉類に多く含まれ、エネルギー源として消費されます。身体を動かす機会が多い人など、摂取量と消費量のバランスが取れていればよいのですが、運動量が足りないとそのまま身体に蓄積されていくため、肥満の原因となるのです。

飽和脂肪酸を控え、不飽和脂肪酸は必要以上に抑えることなくきちんと摂取していくことが、ダイエット中の上手な脂質の摂り方といえるでしょう。

極端な脂質制限でのダイエットでは、身体に蓄積された脂肪がエネルギーとして消費されていくため、たしかにダイエットに効果的なように思われます。しかし、せっかく痩せても心身ともにハリのない状態になってしまうのは避けたいところですよね。

控えるべき脂質は、飽和脂肪酸の多い肉類(動物性の油なども含む)であり、魚介類や植物性の油・ナッツなどは適切な量を摂る。このポイントをしっかり押さえて、美しくダイエットを成功させましょう!

■無添加サプリでサポート!「AOZA」

ダイエット中でも、積極的に摂りたい、健康や美をサポートする「オメガ3」、つまり「DHA」や「EPA」、そして「コエンザイムQ10」などの栄養成分を絶妙なバランスで含んでいる栄養食品「アオザ」。こうしたサプリメントも上手に取り入れてみてくださいね。

AOZA(300粒)
価格:10,800円(税込)

AOZA

画像出典:http://shop.premier-beauty.co.jp/