大人の平行眉毛の描き方|若見え太眉と黄金比率で目元美人度アップ!

0

顔の印象を大きく変える眉毛(アイブロウ)は、メイクの仕方で若見えにも老け見えにもしてしまう重要なパーツです。

ですが、長年メイクをしている大人世代こそ、なかなか昔はやりの眉毛メイクをアップデートできずにいるもの。それでは、持ち前の目元の魅力が半減しているかもしれません。

特に、今に至るまでアーチ型の細眉メイクを通しているのなら、基本となる眉毛の黄金比率と人気の平行眉毛の描き方を習得すれば、一気に印象が変わって旬顔に変化することも!

マスク生活が長引く中で、ますます注目が集まる目元周りの美人度を高めるために、ここでは大人世代向けの眉毛の描き方をご紹介します。

眉毛の黄金比率

まずは、基本となる眉毛の黄金比率を見ていきましょう。

眉毛の黄金比率
①眉頭:小鼻の付け根の延長線上
②眉山:小鼻から黒目の中央を結んだ延長線と、白目の終わりの延長線が交差する箇所
(眉頭から眉山:眉山から眉尻=2:1)
③眉尻:小鼻と目尻を結んだ延長線上
④眉頭と眉尻:同じ高さ
⑤眉尻の角度:生え際と平行

以上5点のポイントを押えて眉毛を描けば、基本的にはバランスが良く、美しい眉毛の形と言えます。

若見えポイントは平行&ナチュラル太眉

ですが大人世代の場合、基本の黄金比率に昔風の「(急角度の)アーチ型」「細眉」を当てはめると、残念ながら老けて見える要因に。

ナチュラル太眉の書き方
そこでプラスのキーワードとなるのが、「平行眉毛」「ナチュラル太眉」です。

下画像のように、基本の黄金比率をキープしながら以下の2点も守るように描けば、目の存在感が引き立ちつつ、柔らかく若々しい表情に仕上がります。

・眉山部分の下ラインの角度:10度以内に抑える
・眉毛の太さ:目の縦幅(目袋を含む)が狭めの場合は目幅の1/2、目の縦幅が広めの場合は目幅の2/3にする

理想の眉毛の太さの目安

※↑目の縦幅が狭い例。眉毛の太さを「目の縦幅の2/3」にすると、眉毛が悪目立ちするため、「1/2」にします。

理想の眉毛の太さの目安

※↑目の縦幅が広い例。眉毛の太さを「目の縦幅の1/2」にすると、目力が強すぎて眉毛があまり目立たないため、眉毛の太さは「2/3」にします。

若見えナチュラル眉毛の整え方・描き方

ではここからは、実際にどのようにしてナチュラルな雰囲気の平行眉毛を描けばよいか、見ていきましょう。

【準備するもの】
・眉毛シェーバー
・眉毛カット用ハサミ
・眉毛用コーム
・眉毛用スクリューブラシ
・アイブロウペンシル ※髪の色に近い色
・アイブロウパウダー ※髪の色に近い色
・アイブロウマスカラ ※髪の色に近い色

【眉毛の整え方】

眉毛を描く前に、余分な眉毛をカットして整えます。

①眉毛用スクリューブラシで、眉毛の流れを整えます。
②(慣れていない場合)先述の黄金比率を元に、理想の眉毛の輪郭をアイブロウペンシルで描きます。

理想の眉毛の書き方
③ ②の枠からはみ出た部分の眉毛を、眉毛シェーバーで剃ります。
④眉頭付近の長い眉毛に眉毛用コームを下から当てて、コームからはみ出た部分を眉毛カット用ハサミで切ります。
※コームがない場合は、眉毛用スクリューブラシでも代用できます。

眉毛の整え方
⑤眉毛の中心から眉尻にかけては、上から眉毛用コームを上から当てて、コームからはみ出た部分を眉毛カット用ハサミで切ります。

【ナチュラルな平行・太眉毛の描き方】

①眉毛用スクリューブラシで、眉毛の流れを整えます。
※眉頭部分は上方向、眉中央部分から眉尻は横に流します。

アイブロウの整え方
②眉頭から指1本分内側に入った箇所から、アイブロウペンシルで理想の眉毛の形に沿って、「眉毛の下ライン」「眉毛の上ライン」の眉毛が足りない部分に、毛を足すように少しずつ描きます。地肌をべたっと塗りつぶさないように注意しましょう。
※眉頭から描きだすと、眉頭部分が一番濃くなり、不自然になります。そのため、眉頭部分は後ほど描きます。

③スクリューブラシで眉毛を梳かして、なじませます。
④アイブロウパウダーをブラシに取り、眉中央から眉尻まで、毛のすき間を埋めるようにパウダーを乗せます。
⑤眉頭部分を、「内側から外側(眉間)」に向かってパウダーで埋めます。

アイブロウの整え方
⑥眉毛の色が髪色よりも黒すぎる場合は、アイブロウマスカラを使って色を整えます。
※眉尻から眉頭に向かって一度塗りした後、眉頭から眉尻へと塗りましょう。

⑦眉毛を描き始めた「眉頭から指1本分内側に入った箇所」から鼻筋に向かって、ブラシに残ったパウダーを軽く乗せるようにブラシを走らせ、ノーズシャドウを描きます。

アイブロウの描き方

⑧濃くノーズシャドウが入った場合は、パウダーがついていないブラシ、または清潔な指で軽く撫でてぼやかします。

以上で、やりすぎ感なくナチュラルに若見えする平行・太眉毛の完成です!

丸顔の人はソフトアーチ眉がおすすめ

ご紹介した平行・太眉毛は、多くの方におすすめの眉毛の形です。ですが、平行眉毛と同じく人気なのが、太さは残した「ソフトアーチ眉」。

ソフトアーチ眉とは、平行眉毛よりも丸みのある角度を描く眉毛のこと。フェイスラインが柔らかな曲線を描く丸顔になじみやすいため、丸顔の方や女性らしいソフトな印象をつけたい方におすすめです。

ベースは先述の【ナチュラルな平行・太眉毛の描き方】に則りつつ、以下の点に注意して描きましょう。

アーチ型眉毛の目安
・眉山:黒目の外側~白目の間の延長線上(黄金比率よりも少し内側)
・眉頭:45~60度の角度を持たす

眉毛ひとつで品よく若々しく!

メイクにマンネリ感を抱いていたり、もっと表情を明るく若々しく見せたりしたいなら、まずは眉毛からぜひ変えてみてください!

これまで細眉だった場合、最初は慣れない太眉に不安があるかもしれません。そういう場合は自分の顔を写真に撮って客観的に以前のメイクと見比べたり、ご家族や友人の反応を確かめてみたりするのもおすすめです。

メイクは今の自分を魅せるための手段のひとつ。時代や年齢に合わせてアップデートすることで、いつまでも笑顔が素敵な、あなたらしい美しさをアピールすることができますよ!

【関連記事】
『ハイライト・シェーディングは顔型で入れ方が違う!丸顔・面長・ベース・逆三角形の立体顔の作り方』

『30代大人のアイシャドウの塗り方!目の形別アイメイクで品よく魅力アップを狙って』

『ファンデーションが毛穴落ちする原因と対策!開き毛穴をキレイに隠すメイクテクニック』

『【美プロ】今年の夏をメイク崩れなしで過ごすメイク術【ビューティコラム】』

『印象が変わる上手な香水のつけ方!香水の種類やマナーを知ってほのかな香り美人に』

『皮脂を抑えて化粧崩れを防ぐ方法!脂性肌・乾燥肌の間違いスキンケアが皮脂浮きの原因に』

『30代におすすめの肌に優しいクレンジング! 30代からのプロ仕様クレンジングで素肌力アップ』

『目の下のクマは3種類!原因別の改善対策ですっきり目元を手に入れる方法』

『大人世代のゆらぎ肌|肌荒れの原因は?スキンケアでゆらぎ肌を予防・改善する方法』