黄ぐすみとたるみが気になる!タイプ別くすみの原因と予防・改善方法

0

疲れていないはずなのに、いつも顔色が悪くてくすんでいる。日焼けしていないのに、なんとなく黄色く沈んだような顔色になってきた……。

このような顔のくすみにお悩みの方は、メイクでなんとかカバーしようとしがち。ですが、お肌がくすむと化粧ノリまで悪くなってしまうため、理想の透明感あるツヤ肌になかなかなれず、がっかりしてしまいますよね。

そこでここでは、くすみの種類と原因と対策についてご説明した後、特に30代以降の大人女性に多い「黄ぐすみ」に注目して、今日からできる黄ぐすみ予防・改善方法をご紹介します。

肌くすみの種類と原因・対策

「くすみ」と一口に言っても、実は肌をくすませる原因は様々です。そこで、まずはあなたの肌のくすみの原因を見ていきましょう。

なお、当てはまるくすみの種類はひとつだけではない可能性もあります。複合的にくすみを招いているケースもあるため、心当たりがある方は全ての種類のくすみ対策をチェックしてくださいね。

【肌くすみの原因1.血行不良】

■当てはまる特徴
・顔色が全体的に青く沈んでいる。
・目の下に青クマがある。
・肌荒れしやすい
・冷え性体質
・むくみやすい

これらの特徴に当てはまる場合、血行不良によって肌細胞が健康に育つために必要な酸素や栄養素が十分に届かず、肌のターンオーバー(新陳代謝)が正常に働いていないと考えられます。

また、通常なら血流に乗って排出される余分な水分や老廃物が、血行不良によって蓄積されるため、むくみやすく肌荒れしやすい傾向になります。

さらに、皮膚が薄い目の下には血流が滞った青黒い静脈が透けて見えるため、青クマが目立つようになり、顔全体もトーンダウンしてしまうのです。

【血行不良によるくすみ対策】

血行不良によるくすみの改善には、全身の血流を促すことが重要です。そのため、以下のことに気をつけましょう。

①入浴時はシャワーだけで済ませずに、浴槽に浸かって全身をじっくりと温める。
②ウォーキングなどの適度な運動習慣をつけて、全身の血液循環を促進させる。
③ストレス過多の場合、リラックスタイムを設けて、十分な睡眠時間を確保する。
④身体を冷やす食材はできるだけ避けて、温める食材を摂るようにする。

黄ぐすみ改善方法
・温める食材例)ショウガ、ニンジン、カボチャ、ゴボウ、ダイコンなどの根菜類、発酵食品、唐辛子、紅茶、赤ワインなど

・冷やす食材例)レタス、ハクサイ、キャベツ、ホウレンソウ、キュウリ、トマト、ナス、コーヒー、緑茶、白ワインなど

【肌くすみの原因2.乾燥】

■当てはまる特徴
・かさついて粉をふきやすい。
・肌触りがごわついている。
・毛穴やシワが目立つ。
・季節の変わり目などに肌荒れしやすく、肌が敏感。

これらの特徴に当てはまる場合、乾燥によって肌表面のバリア機能が正常に働いておらず、形が不ぞろいでもろい未熟な角質細胞が肌表面を覆うために、ますます肌内部が乾燥してしまう悪循環に陥っています。

バリア機能
すると、紫外線や花粉・ホコリなどの外部刺激に反応しやすくなり、肌トラブルが起こりやすくなるのです。

また、乾燥によって肌のターンオーバーが乱れてしまい、古い角質細胞が自然に剥がれずに厚く積もり、肌表面に当たった光をきれいに反射できずに肌色が暗くなってしまいます。さらには肌内部の弾力も失われて、毛穴やシワが目立つようになるのです。

【乾燥によるくすみ対策】

①保湿を重視したスキンケアを心掛ける。
②洗浄力の強い洗顔料で洗いすぎたり、手やタオルで肌をこすったりしないようにする。
③エアコンが直接当たらないようにする。
④紫外線対策を毎日欠かさないようにする。

【肌くすみの原因3.糖化】

30代以降から悩む方が増えるくすみで、該当者が多くなるのが「糖化による黄ぐすみ」です。「血行不良や乾燥によるくすみとは違うかも……」と思われるなら、糖化の可能性が考えられます。

■当てはまる特徴
・以前よりも肌が黄色(または茶色)っぽくくすんでいる。
・白米やパスタなどの炭水化物の摂取量が多い。
・ジャンクフードや甘い飲食物の摂取量が多い。
・野菜をあまり食べない。
・喫煙している。

黄ぐすみ改善方法
活性酸素による酸化は「身体のサビ」と呼ばれますが、糖化は「身体のコゲ」と呼ばれる老化要因のひとつ。食べ物から摂取した糖質が体内のタンパク質と結合・変化して、「AGEs(糖化最終生成物)」が生成される現象が糖化です。

この糖化によって生まれるAGEsという物質が黄褐色であり、この物質が増えることで肌表面まで黄色くくすんでしまうため、「黄ぐすみ=糖化が原因」となるのです!

ではなぜ、糖化は「身体のコゲ」と呼ばれるのでしょうか。その理由は、よくホットケーキに例えられます。

ホットケーキを作る際、牛乳・卵(=タンパク質)と砂糖(=糖質)を混ぜて焼くと、こんがりとコゲて茶褐色になりますよね。このコゲた反応こそが糖化(別名「メイラード反応」)であり、同様の反応が体内で起こっていると言えるからです。

さらにこの糖化は、肌を黄色くくすませるだけではありません。そこで次に、糖化による肌へのダメージについて見ていきましょう。

黄ぐすみとたるみは同時に起こる!?

先述したAGEs(糖化最終生成物)は、真皮層に存在するタンパク質の一種であるコラーゲンやエラスチンと結合し、そのまま体内に蓄積されます。

実はAGEsは、強い毒性を持つ活性酸素と同じく、細胞を老化させる「老化促進物質」です。

そのため、AGEsと結合したコラーゲンやエラスチンなどの機能は、老化によって衰えたり、数自体が減少したりすることに。

コラーゲンやエラスチンは肌のハリ・弾力を司っているため、機能が衰えると必然的に肌を内部から支えるハリがなくなり、肌表面にはシワやたるみが発生してしまうのです。

老化によるシワができる肌構造
また、肌表面の表皮においても糖化は進み、細胞機能が衰えることで水分保持力が落ちてしまいます。すると、肌のターンオーバーが乱れ、バリア機能が低下し、血行不良や乾燥によるくすみと同じく、肌荒れまでも引き起こしてしまうことに。

黄ぐすみ改善方法
そのため、すでに糖化によって黄ぐすみ肌になっているのなら、たるみ・シワをはじめとした様々な肌トラブルもまた、同時に進行していると考えられるのです!

糖化による黄ぐすみ予防・改善対策

では、糖化による黄ぐすみ対策には、どうすればよいのでしょうか。

【黄ぐすみ対策1.食生活の見直し】

まずは、糖質過多になりがちな食生活から見直してみましょう。糖質の多い炭水化物や甘い飲食物は控えるようにしてください。

また、食事をする時は、血糖値を急激に上げないように、最初にGI値の低い野菜から食べるようにしましょう。というのも、血糖値が急激に上がると体内で糖の処理ができないために、糖質とタンパク質が結合してAGEsが生成されてしまうからです。

そのため、野菜の次に肉類などのタンパク質、最後にごはんなどの炭水化物を食べるのが、血糖値を上げない、つまりはAGEsが生成されにくい理想的な食事の順番なのです。

■低GI値の食材についてはこちらの記事で紹介しています。
『ダイエットに効果的な食事内容は?GI値を意識して無理なくすっきりボディラインを叶えましょう!』

【黄ぐすみ対策2.保湿ケア】

スキンケアによる保湿やエイジングケアもまた、黄ぐすみを予防・改善対策として欠かせません!

というのも、肌が十分に保湿されていなければ肌のターンオーバーが滞るため、すでに糖化し衰えた肌細胞をスムーズに外へ排出できなくなるからです。

また、肌が乾燥していると、肌は皮脂を過剰分泌することでバリア機能を補おうとします。すると、その過剰な皮脂によって大人ニキビや炎症などのトラブルが起こりやすくなり、ますます肌老化の悪循環に陥ることに。

そこで、黄ぐすみをはじめとしたエイジングサインを防ぐには、まずは保湿を第一にしましょう。

【黄ぐすみ対策3.エイジングケア】

さらに重要なのが、糖化によって衰えたコラーゲンなど肌内部に働きかけるエイジングケア成分です。

先述したように糖化は黄ぐすみだけでなく、たるみなどの老化の要因でもあります。そのため、抗糖化作用のあるエイジングケア成分をスキンケアでしっかりと肌に届けるようにしましょう。

■抗糖化作用のあるエイジングケア成分例
・成長因子(EGF、FGFなど)
・ビタミンC誘導体
・シャクヤクエキス
コウジ酸

身体の内側・外側から毎日ケアをすることで老化を引き起こす糖化を抑えて、年齢に負けないくすみ知らずの肌を目指しましょう。

抗糖化・コラーゲン生成を促すヒト幹細胞培養美容液

糖化が肌に悪いと分かっていても、黄ぐすみ・たるみ・シワなどのエイジングサインは、もう自分ではどうにもできないと諦めていませんか?

そんな、どんなスキンケアアイテムを使っても思うように変化が感じられなかったあなたにこそおすすめしたいのが、次世代のエイジングケアを叶える「リコプロSTMシリーズ」から生まれたヒト幹細胞培養美容液「リコプロフェイスケア プレミア イノベーションSTMセラムR」!

リコプロフェイスケア プレミア イノベーションSTMセラムR

商品名:リコプロフェイスケア プレミア イノベーションSTMセラムR
価格:18,150円(税込)

プレミア イノベーションSTMセラムR」は、肌本来の潜在能力を引き出して再生能力を促す「ヒト幹細胞培養液エキス」を高濃度10%配合。

ヒト幹細胞培養液エキスには、表皮幹細胞に働きターンオーバーを促す「EGF(表皮細胞成長因子)」や、真皮幹細胞に働きコラーゲン・エラスチン、ヒアルロン酸などの量産を促す「FGF(線維芽細胞成長因子)」など、肌の再生に欠かせない抗糖化・エイジングケア成分として注目されている「GF(成長因子)」が複数種類も贅沢に含まれています。

また、シワやたるみの原因となる老化タンパクの研究から生まれた、タンパク質変性を抑制し糖化反応を抑える働きのあるペプチド「プロジェリン」を配合することで、糖化による黄ぐすみをはじめとしたエイジングサインにアプローチ!

さらに、コラーゲン生成を促進し細胞のデトックス機能をサポートする「ビタミンC誘導体」、コラーゲンリサイクル機能を活性化する「プロリフィル」、ふっくらハリのある肌へと導く画期的な成分「アディポフィリン」までも組み合わされています。

リコプロフェイスケア プレミア イノベーションSTMセラムR

特許浸透技術により、これらの美容成分が角質層に素早くなじみ、お肌の奥へ長時間かけて、一定した濃度でしっかりと浸透していきます!

そのため、塗布した直後だけではなく、一日中ずっと肌への変化を実感。使うほどにくすみ・たるみの気にならない、内側からふっくらと押し上げられるような透明感のある肌へ。

自己再生力を高めてくれる最先端エイジングケアをご自宅で簡単に体験できる、話題の次世代美容液をぜひあなたのお肌で試してみてください!

■成分や使い方など、もっと詳しく知りたい方はこちら

プレミア イノベーション STMセラムバナー

【関連記事】
『シミ・そばかすを消す方法|シミの原因を知って予防・改善!未来の美肌を叶えましょう』

『顔のたるみに塗るだけリフトアップクリーム!見た目年齢に差がつく小顔ケアはアクティジム配合クリームで』

『40代おすすめクレンジング|乾燥・くすみの原因は女性ホルモンの減少?保湿系クレンジングで美肌を作る!』

『プロテオグリカンの美容効果|天然由来成分で肌老化を抑えるおすすめスキンケア化粧品紹介』

『老け見えする首のシワを改善したい!シワ取り対策におすすめの首ストレッチ・マッサージ方法』

『おでこのシワで老け見えに!ハリツヤ肌を取り戻すシワ改善方法』

『ハイライト・シェーディングは顔型で入れ方が違う!丸顔・面長・ベース・逆三角形の立体顔の作り方』

『大人の平行眉毛の描き方|若見え太眉と黄金比率で目元美人度アップ!』