老け見えする首のシワを改善したい!シワ取り対策におすすめの首ストレッチ・マッサージ方法

0

鏡でご自身の首に刻まれたシワを見て驚いたことはありませんか。どれだけキレイにメイクをしても、隠しきれない首のシワは実年齢よりも老けて見せてしまうことも!

ですが、顔のスキンケアほど首のケアにまでは手が回っていない……、という声は少なくありません。

しかし、思いのほか見た目年齢を左右する首のシワは、そのまま放置しておくとますます深く濃くなり、後からなかったことにするのは難しくなってしまいます!

そこで、すでに首のシワができてしまっている方にも、うっすらとシワができ始めた方にも今日からすぐに実践してほしい、おすすめの首のシワ改善方法をご紹介します。

首の横ジワと縦ジワ

「首のシワ」と聞くと、多くの場合、年輪のように横方向に走る横ジワをイメージされるかと思います。ですが、首のシワには、「横ジワ」「縦ジワ」の2種類があるのです。

あごの裏側あたりから喉元にかけてできる細かな「縦ジワ」は、加齢によってできやすく、およそ50代以降に現れやすいと言われています。

比較的若い年齢からできやすい横ジワのように、ケア不足によって肌内部では30代以降から縦ジワが進行しているとも考えられます! そのため、横ジワ・縦ジワに関わらず、早めの対策が必要なのです。

首のシワができる原因

では、首のシワができやすくなる主な原因について見ていきましょう。

【原因1.姿勢の悪さによる筋肉の衰え】

首の前側には、「広頸筋(こうけいきん)」という大きな筋肉があります。正面を向いたままで、口を力いっぱい「イー」とした時に縦筋が浮きますが、この縦筋のすぐ下に、薄い膜のように広がっているのが広頸筋です。

広頸筋は下あご部分にある口角を下げる筋肉「口角下制筋」から、デコルテあたりの「大胸筋」にまで繋がっているため、広頸筋が衰えると首全体がたるんでしまいます。

では、広頸筋はどうして衰えてしまうのでしょうか。

加齢によって背中が丸まると、比例して広頸筋が緩み、筋力が衰えます。

また加齢だけでなく、家事やPC・スマートフォンなどの操作によって猫背や前かがみの姿勢が長時間続くと、頭を支える首への負担が増大します。

スマホ首
すると、加齢と同様に、広頸筋が衰えてしまい、首元がたるみやすくなるのです。

【原因2.肌の乾燥・老化】

首の皮膚は顔よりも薄くて油分が少なく、肌の弾力を作り出すコラーゲン量も元々多くありません。

また首は汗が出やすいため、汗が蒸発する際に肌内部の水分までも蒸発し、顔以上に乾燥しやすい特徴があります。

その上、外気の乾燥・紫外線や花粉・ホコリなどの外的刺激の影響を受けやすく、シワ・たるみをはじめとした肌の老化が出やすい部位なのです。

【原因3.リンパの滞り】

原因2「肌の乾燥・老化」を誘発する要因として、リンパの滞りが挙げられます。

リンパには、余分な水分や老廃物を回収し排出する作用があります。そのため、リンパがスムーズに流れていないと、本来排出されるはずの老廃物が溜まって必要な栄養素が細胞にうまく取り込まれなくなります。

姿勢の悪さや冷えなどによって首のリンパが滞っていると、肌のターンオーバーが乱れてしまい、結果的にシワが濃く刻まれることになるのです。

首のシワを改善・予防するストレッチ・マッサージ

ではここからは、首のシワを改善・予防する方法をご紹介します。

※マッサージを行う際は、保湿やエイジングケアもできる美容クリームやオイルを塗布しましょう。

【首のシワ伸ばしストレッチ1】

首のしわ対策

①両手の平を、甲を上にして重ねて、右鎖骨下に置きます。

首のしわ対策

②体は正面のままで顔だけを左側に向け、あご先を45度上げて、右の首筋を伸ばします。
③あご先をゆっくりと3回上げ下げし、広頸筋を動かします。

首のしわ取り
④あご先を少し正面寄りにし、あご先を45度上げます。
⑤あご先をゆっくりと3回上げ下げし、広頸筋を動かします。
⑥左右を入れ替えて、同様に行います。

朝晩1セット行いましょう。

【首のシワ伸ばしストレッチ2】

①真上を向きます。
②下唇を上に向けて突き出します。
③首筋が伸びているのを意識しながら、10秒キープします。
④下唇と共に上唇も突き出します。
⑤首筋が伸びているのを意識しながら、10秒キープします。
⑥ゆっくりと顔を正面に戻します。
⑦真上を向きます。
⑧口を横に開いて「イー」の形にします。5秒キープします。
⑨舌を思いっきり突き出します。5秒キープします。
⑩ゆっくりと顔を正面に戻します。

1日数回いつでも行いましょう。

【首のシワ伸ばしマッサージ】

※ストレッチ1または2を行い、首元の筋肉をほぐしてから行うとより効果的です。

①両耳の後ろから首のサイドを通って肩の中央部分まで、両手の人差し指の腹で数回なでおろします。
②右手を上、左手を下にし、首の前方を両手でつかみます。
③右手を上方向に、左手を下方向に引っ張ります。右手の動きに合わせてあごを上げましょう。10秒キープします。
④顔を元に戻します。

首のしわ取り
⑤右手の平を首の左サイドに置き、斜め下の鎖骨あたりまでなでおろします。
⑥左手の平を首の右サイドに置き、斜め下の鎖骨あたりまでなでおろします。
⑦ ⑤⑥の動きを交互に各10回行います。

工程ごとに、手の平に美容クリーム・オイルを塗布して滑りを良くし、首にしっかりと成分が浸透するようにしましょう。

筋肉に働きかけるクリームで効果アップ!

衰えた筋肉を鍛えるストレッチやマッサージのお供に最適! スキンケアしながら筋肉にまでアプローチできるリンクルケアクリーム「フォルマ コルセットクリーム」。

FORMAコルセットクリーム
・商品名:フォルマ コルセットクリーム(FORMA CORSET CREAM)
・内容量:30g
・価格:9,900円(税込)

女性の美しいフォルム作りを追求するプロフェッショナルブランド「FORMA」発のリンクルケアクリーム「フォルマ コルセットクリーム」は、その選び抜かれた成分が人気の秘密です。

たとえば、「塗るだけで有酸素運動をした時と同じような作用が起こる」と世界的に注目をされる成分「アクティジム」。塗るだけで筋肉に働き、脂肪を燃焼。衰えた首の筋肉にアプローチしてくれる成分です。

さらに嬉しいことに、肌のハリを支える真皮層で働く「シルタリス」は、細胞内のミトコンドリア機能を活性化し、ATP産出を促進する作用があります。

ATPとは、「筋肉を動かす」「保湿成分セラミドやタンパク質を合成する」「細胞が新陳代謝を行う」時の重要なエネルギー源のこと。そのため、ATP産出量が増えるほど筋肉も肌のハリ・潤いも上向きに!

また、混合アミノ酸成分「P.P.A.A」は、肌の弾力を作り出すコラーゲンなどの働きをサポートしてシワ・たるみが気にならない理想の肌へと導きます。

コルセットクリームネックラインのB&A

そのほか、血管系疾患の医薬品にも採用される植物由来の血流促進成分「グルコシルヘスペリジン」が、血行不良によるむくみやたるみを予防・改善!


※コルセットクリームを使用したおすすめの公式マッサージ動画

厳選された有用美容成分が筋肉にも肌にも働きかけて、シワ・たるみのお悩みにアプローチする「FORMA コルセットクリーム」。

女性の美を追求する美容のプロが開発した「FORMA」発想のリンクルケアクリームなら、あなたの長年のお悩みにきっと応えてくれますよ!

■「FORMA コルセットクリーム」の使い方など、もっと詳しく知りたい方はこちら

コルセットクリームバナー

肌本来の再生能力を促す美容液

年々増えるエイジングサインに諦めかけているのなら、次世代のエイジングケアを叶える「リコプロSTMシリーズ」から生まれたヒト幹細胞培養美容液「リコプロフェイスケア プレミア イノベーションSTMセラムR」がおすすめです!

リコプロフェイスケア プレミア イノベーションSTMセラムR
商品名:リコプロフェイスケア プレミア イノベーションSTMセラムR
価格:18,150円(税込)

プレミア イノベーションSTMセラムR」は、肌本来の潜在能力を引き出して再生能力を促す「ヒト幹細胞培養液エキス」を高濃度10%配合。

さらに、抗酸化作用などを持つ「ビタミンC誘導体」の他、シワ・たるみに特化した成分だけでも、

・コラーゲンサイクル機能を高めてコラーゲン生成を促進する「アンチエイジングペプチド」
・シワやたるみの原因となる老化タンパクの研究から生まれたペプチド「プロジェリン」
・ふっくらハリのある肌へと導く画期的な成分「アディポフィリン」

など、ヒト幹細胞培養液エキス以外にも、シワ・たるみにアプローチするこだわりの成分が詰まっています。

さらに、特許浸透技術により、これらの美容成分が角質層に素早くなじみ、お肌の奥へ長時間かけて、一定した濃度でしっかりと浸透していきます。

そのため、塗布した直後だけではなく、その後もずっと変化を実感。続ければつづけるほど、内側からふっくらと押し上げられるような若々しい肌に驚くはず。

最先端テクノロジーのエイジングケアをお家で体感できる、まさにプロフェッショナル仕様の美容液です!

■成分や使い方など、もっと詳しく知りたい方はこちら

プレミア イノベーション STMセラムバナー

首のシワは毎日のケアで改善!

繊細な首の肌は「顔の一部」と考えて、毎日きちんとケアをすることが重要です。老け見えする首のシワ予防には、ストレッチとマッサージをした上で、顔と同じく紫外線対策も忘れずに。

また、座り仕事が続いていたり、前かがみの姿勢で首が疲れていたりするなら、その都度ストレッチを行って首の筋肉の緊張をほぐすように心がけましょう!

 【関連記事】
『鎖骨・デコルテをきれいにする方法|毎日のデコルテラインケアで憧れの鎖骨美人に!』

『老け見えマリオネットラインを予防・改善!簡単エクササイズでシワ・たるみをなかったことに』

『ほうれい線を消す方法!薄くする、作らないほうれい線ケアで若見え肌をキープして』

『炭酸パックの驚くべき美肌効果|炭酸ガスが新陳代謝を高めて透明ハリツヤ肌へ!高濃度炭酸パック紹介』

『ブルーライトの肌への影響って?スマホによるシミ・シワ・肌老化を防ぐスキンケア成分!』

『マスク老けで顔のたるみ・シワが気になる!簡単口元エクササイズですっきり印象アップ』

『女性ホルモンバランスを整える方法|睡眠不足でホルモンバランスが乱れるって本当!?』

『大人世代のゆらぎ肌|肌荒れの原因は?スキンケアでゆらぎ肌を予防・改善する方法』