帯状毛穴・たるみ毛穴を改善・予防する方法!スキンケアで肌老化を抑えて数年先も美肌へ

0

朝にメイクをしている時や夕方のお化粧崩れを直そうと鏡を覗き込んだ時、毛穴や細かなシワが以前よりも目立っていると思ったことはありませんか。

もしも毛穴がたるんでいたり、毛穴単体ではなく「毛穴の連なり」がシワのように見えたりするのなら、それは「帯状毛穴」かもしれません。

この帯状毛穴を放置しておくと、さらに進行して深いシワになり、顔の老けを加速させてしまうことにも!

そこでここでは、帯状毛穴の原因と、改善・予防方法についてご説明します。

帯状毛穴とは

通常、毛穴とは丸い形をしています。ですが、30代を過ぎたころから頬に目立つ毛穴は、下方に垂れ下がった「涙状」または「楕円形」になります。これを「たるみ毛穴」と呼びます。

帯状毛穴の改善方法
さらに、このたるみ毛穴が進行し、横並びのたるみ毛穴が繋がって線、もしくはシワのようになることがあります。このような「たるみ毛穴の連なり」を、帯状になっている毛穴として「帯状毛穴」と呼ぶのです。

帯状毛穴ができる原因

では、なぜ毛穴は、通常の丸い形からたるみ毛穴になり、最終的に帯状毛穴になってしまうのでしょうか。

【原因1.コラーゲンやエラスチンの減少】

毛穴が楕円形になるたるみ毛穴の原因として、主に加齢によるコラーゲンやエラスチンの減少や機能低下が挙げられます。

肌の真皮層に存在するコラーゲンは、真皮層の約70%を占めているタンパク質の一種。網目状に張り巡らされており、肌のハリ・弾力を守る働きをしています。

そしてエラスチンは、コラーゲンとコラーゲンをつなぐ、まるでベッドのスプリングのような働きをしています。エラスチンには伸縮性があり、肌の弾力や柔軟性を維持する働きがあるのです。

肌老化イメージ
ですが、たとえばコラーゲンの場合、20歳ごろまでは多量に生産されるものの、それ以降は年々減少し、40歳前後には20歳頃の約半分の量しか体内で生産されないようになっています。

また、長年紫外線を浴び続けることで紫外線ダメージが真皮層にまで影響を与え、コラーゲンやエラスチンを破壊します。ある程度は修復されるものの、やはりダメージの蓄積によって、コラーゲンやエラスチンの機能は衰えてしまうのです。

そのため、適切なエイジングケアをしていなければ、肌の内側からハリ・弾力は失われ、土台となる肌がたるむことで毛穴も同時に垂れ下がり、楕円状のたるみ毛穴となります。

そして、それらのたるみ毛穴の数が増えることで、隣り合った楕円形の毛穴同士が繋がってしまい、まるで一本のシワのような帯状毛穴になってしまうのです。

【原因2.肌の乾燥ダメージ】

肌が乾燥し水分量が低下すると、水分の蒸発を防ごうと毛穴から皮脂を分泌します。そのため、長く乾燥した状態が続くと過剰に皮脂が分泌され、毛穴が拡がり帯状毛穴になりやすくなります。

また、年齢に関係なく、肌が乾燥して肌表面のバリア機能が損なわれると、細胞の生まれ変わりサイクルであるターンオーバーが正常に行われなくなります。

すると、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸など肌内部の組織のダメージが修復されず、肌の弾力が失われてたるみ毛穴やシワの目立つエイジング肌になってしまいます。

そのため、「まだ20代だから」と適切なスキンケアを行わっていないと、たるみ毛穴・帯状毛穴が早い段階でできてしまう可能性があるのです。

【原因3.表情筋の衰え】

顔にある約60種類の筋肉の総称である「表情筋」。表情筋は顔の各部位を動かすために、複雑に組み合わさっています。

ですが残念ながら、加齢や表情筋をあまり動かさない生活習慣などによって、表情筋は衰えてしまいます。すると、表情筋に支えられている脂肪や皮膚もまた、重力に逆らえずにたるんでしまうことに。

皮膚がたるむと、皮膚上にある毛穴も同時にたるんでしまうため、当然ながらたるみ毛穴・帯状毛穴になってしまうのです。

帯状毛穴の予防・改善方法

毛穴の形状の変化からシワまでも増えてしまうのが、帯状毛穴の厄介なポイント。ですが、もうできてしまったからと諦める必要はありません!

毎日のスキンケアの積み重ねで今以上に毛穴がたるむのを防ぎ、帯状毛穴を改善・予防する方法をご紹介します。

【洗顔時は優しく泡で洗う!】

洗顔時に重要なのが、肌に刺激を与えないこと。毛穴の汚れが気になるからとついついこすってしまう方もいるようですが、それでは余計に毛穴に刺激を与えて、広げてしまう要因に。

必ず弾力のあるたっぷりの泡を作り、顔と手の間に泡のクッションを挟むことで「汚れを泡に吸着させる」ようにしましょう。

帯状毛穴改善の泡洗顔
① 手と顔をぬるま湯で軽く濡らします。
② 手の平もしくは泡立てネットを使って、洗顔料にぬるま湯を少しずつ含ませて、たっぷりの泡を作ります。
③ 皮脂の多い(額から鼻にかけての)Tゾーンに泡を乗せて、皮脂や汚れになじませます。
※手の平や指で肌をこすらないように注意しましょう。
④ 顔全体に泡を乗せて、泡を肌になじませます。
※手の平や指で肌をこすらないように注意しましょう。
⑤ ぬるま湯で、顔全体をしっかりとすすぎます。

額の生え際やフェイスラインに泡が残らないようにご注意ください。すすぎ残しがニキビや炎症の原因になります。

洗顔後はタオルで肌をこすらずに、優しく肌を押さえてタオルに水分を吸収させるようにしましょう!

【毛穴を引き締めるおすすめ泡洗顔料】

洗うだけで毛穴を引き締めて目立たなくする、驚きの泡洗顔料「リコプロフェイスケア クリーミーフォーム グロウ」。毛穴悩みを抱える方におすすめの洗顔料です!

クリーミーフォームグロウ
・商品名:リコプロフェイスケア クリーミーフォーム グロウ
・価格:6,050円(税込)

【クリーミーフォーム グロウの特徴1. パナドキシンP】
毛穴ケアで注目なのが、新型ビタミンB6誘導体「パナドキシンP」配合な点。

パナドキシンPとは、使い続けるだけで毛穴を引き締める美容成分。そのため毛穴が目立たなくなり、さらには皮脂分泌を抑える効果まであると言われています。

朝晩使用すればするほど、毛穴やテカリの気にならなくなると期待できるのです!

【クリーミーフォーム グロウの特徴2.グリシルグリシン】
グリシルグリシンとは、毛穴を改善して肌をなめらかにする効果があると注目されている美容成分。肌全体のキメを整え、たるんだ毛穴を目立たなくする働きがあります。

肌のターンオーバーも整うので、内側から健やかでハリツヤのあるなめらか肌へと導きます。

【クリーミーフォーム グロウの特徴3.ビタミンC誘導体】
ビタミンC誘導体は、シミの原因であるメラニン色素の生成を抑制し、シミ・そばかす予防をします。

さらに、メラニン還元作用もあるので、すでに出来ているシミにもアプローチ! くすみ・シミが気にならない透明美肌へ導きます。

【クリーミーフォーム グロウの特徴4.ふわふわ濃密泡】
クリーミーフォーム グロウは、エアゾール処方でふわふわの濃密泡がいつでも簡単に手に入ります!

クリーミーフォームグロウ泡

美容成分の詰まった濃密泡が毛穴の奥の汚れまでからめとり、しっかりと除去。お肌に大切な保湿成分は残るので、洗い上がりはスッキリしつつも、しっとりとした潤い肌で毛穴ケアまで叶えてくれます! 

■「リコプロフェイスケア クリーミーフォーム グロウ」について詳しくはこちら!
クリーミーフォーム グロウバナー

【たるみ毛穴・帯状毛穴にはビタミンC美容液を投入!】

ビタミンC美容液とは、「ビタミンC誘導体」を配合した美容液のこと。

ビタミンCは、そのままの形では肌に浸透しにくい特徴があります。そこで、角質層へ浸透しやすく、浸透後はビタミンCと同じ働きをするように改良された「ビタミンC誘導体」が、ビタミンC美容液には配合されています。

帯状毛穴の改善方法
ビタミンC(ビタミンC誘導体)は、毛穴トラブルにぜひ投入したい美容成分。その期待される効果は、主に以下のようなポイントです! 

ビタミンCの主な毛穴ケア作用■
・皮脂の分泌を抑える

・真皮層の線維芽細胞に働いてコラーゲンの産出を促進させ、肌のたるみを改善する
・抗酸化作用によって、細胞の老化を抑える
・ターンオーバーを促進する

以上の作用によって、肌の内部からハリを作ってたるみ毛穴を改善・予防してくれます。 

さらに、毛穴ケアにプラスして、メラニン色素の生成を抑えて、シミをできにくくしたり、今あるシミを薄くしたりする効果まで!

このように、ビタミンCは毛穴にもシミにもアプローチしてくれる、スキンケアに欠かせない成分なのです。

しかし、ビタミンC美容液を使用する際は、注意点があります。たとえば、ビタミンCの皮脂抑制効果は、強すぎると肌の乾燥を招いてしまうことがあるのです。また、ビタミンC自体は酸化しやすいため、美容液として日中は使用できない場合もあります。

そのため、ビタミンC美容液を選ぶ際は、低刺激性かつ保湿力にも配慮された成分配合のアイテムをおすすめします。

【帯状毛穴対策におすすめのビタミンC美容液】

新型ビタミンC誘導体と保湿成分グリセリンを組み合わせたビタミンC美容液「リコプロフェイスケア C20ルーセント EX」なら、たるみ毛穴・乾燥両方のトラブル対策への心強い味方に!

リコプロフェイスケア C20ルーセント EX
・商品名:リコプロフェイスケア C20ルーセント EX
・容量:20mL
・価格:10,890円(税込)

リコプロフェイスケアC20ルーセントEXは、新型ビタミンC誘導体が肌の酵素に触れることでビタミンC効果を発揮する独自設計を採用。紫外線で酸化しないため、朝晩しっかりと使用できます!

皮膚へのビタミン C 塗布は「紫外線を浴びる前が効果的」というデータもあり、朝から安心して使えるビタミンC美容液は貴重な存在なんです!

たるみ毛穴・帯状毛穴にアプローチするだけでなく、シミ・そばかすなどのお肌トラブル全般の改善を期待できる1本です。

【C20ルーセントEXの特徴】
・ビタミンCが肌の奥(角質層)までしっかりと届いて効果を発揮
・紫外線で酸化しないので、朝晩使用できる!
・低刺激で肌に優しく、赤み・ヒリヒリ感なし!
・ビタミンC誘導体高配合なのに乾燥しない! 保湿成分グリセリン配合で、しっとりした使い心地
・無鉱物油、無防腐剤、無界面活性剤で余分な成分は無配合

朝晩プラスすることで一日中角質層まで届くので、毛穴に嬉しい変化を実感できると人気の高機能ビタミンC誘導体美容液です。

■「リコプロフェイスケア C20ルーセント EX」について詳しくはこちら

リコプロ フェイスケアC20ルーセントEXバナー

毎日のスキンケアで毛穴トラブルを一掃しましょう!

帯状毛穴にまでなってしまうと、すぐにはなかなか改善が難しいため、毛穴トラブルが気になるなら今すぐにでも対策を取るのがおすすめです!

顔全体や毛穴のたるみは、毎日のスキンケアで地道にケアをするのが大切。未来のあなたに感謝されるために、今からコツコツと毛穴ケアをして、いつまでも自信のあるハリ肌を目指しましょう!

【関連記事】
『毛穴の開き改善方法!毛穴が目立つ原因と毛穴を引き締めるスキンケア化粧品紹介』

『大人世代のゆらぎ肌|肌荒れの原因は?スキンケアでゆらぎ肌を予防・改善する方法』

『ファンデーションが毛穴落ちする原因と対策!開き毛穴をキレイに隠すメイクテクニック』

『毛穴の黒ずみケア方法!自宅でできる簡単スキンケアで毛穴すっきり肌へ』

『毛穴の角栓は取ったらダメ?黒ずみ毛穴を改善・予防する毛穴レス肌対策』

『顔のテカリの原因は肌の乾燥?皮脂分泌の原因と皮脂を抑えるスキンケア方法』

『洗顔後の白い毛穴詰まりは角栓!?正しいスキンケア方法で角栓が目立たない肌へ』

『マスク荒れ改善予防のスキンケア方法!乾燥・かゆみ・ニキビに負けないスキンケアとは』

『マスクでメイク崩れが起きる原因って?崩れにくい肌を目指す3つのポイント』

『脂性肌の原因とテカリ対策!オイリースキンを整えるスキンケアのポイントとは』