眉間のシワを消して好印象に!眉間の筋肉をもみほぐす簡単マッサージ方法

0

ふと鏡を見ると気づく眉間のシワ。以前なら表情を戻せばなくなったのに、最近はシワが深く刻まれて消えてくれないと感じませんか?

眉間のシワが目立つと常に不機嫌そうに見えるため、初対面などであまり良い印象を与えられず残念なことに……。また、実年齢よりも年上に見られやすいのも気になるところです。

そこでここでは、眉間のシワができる原因と、簡単にセルフでできる眉間のシワ改善マッサージ方法をご紹介します。

眉間のシワの原因とは

目を細めたり顔をしかめたりするとできやすい眉間のシワ。笑った時にできるほうれい線や目尻のシワなどと同じく、眉間のシワも表情を動かした際にできる表情ジワのひとつとして挙げられます。

眉間のシワ改善方法
顔の細やかな表情は、表情筋と総称される複数の筋肉によって作られています。そのなかで、眉間のシワを作り出すために動くのが、「皺眉筋(しゅうびきん)」と「鼻根筋(びこんきん)」。

皺眉筋とは、鼻筋に沿った目頭の斜め上から眉頭・眉毛中央部分の上部一帯に広がる筋肉を指します。眉間に縦ジワを作るのがこの筋肉です。

もう一つの鼻根筋とは、鼻の付け根に広がる筋肉を指し、眉間の皮膚を下げることで眉間に横ジワを作ります。

皺眉筋と鼻根筋
※上画像:鼻筋に沿った目頭の斜め上から眉頭の上周辺に広がる水色部分=「皺眉筋(しゅうびきん)」、鼻の付け根付近に三角形に広がるオレンジ色部分=「鼻根筋(びこんきん)」

PCやスマートフォンの画面を眉間に力を入れて凝視したり、イライラして頻繁に眉間にシワを寄せていたりすると、これらの筋肉が凝り固まり、いつしかシワが固定されて消えなくなってしまうのです!

もしも眉頭をつまむと痛みを感じたり、眉頭の上あたりがぼこぼこと盛り上がっていたりするなら、すでに筋肉がかなり凝っていると言えるでしょう。

【肌のたるみがシワを加速】

肌奥の層「真皮」に存在するコラーゲンやエラスチンは、加齢や乾燥、紫外線などの外的要因によって機能が低下したり、数自体が減少したりしてしまいます。

これらは肌のハリ・弾力を内側から支えているため、ダメージを受けると肌本来のハリが失われてたるみ、深いシワとなって元には戻らなくなるのです。

肌老化イメージ
コラーゲンやエラスチンがダメージを受ける要因には、周辺の筋肉のコリによって血行不良になり、老廃物が排出されず栄養が行き届かないことで新陳代謝(ターンオーバー)が滞ることも挙げられます。

そのため、シワが気になるパーツは筋肉をほぐしながら、同時にスキンケアでたるみを予防・改善する必要があるのです。

眉間のシワ予防改善におすすめのマッサージ

ではさっそく、眉間のシワの原因になる皺眉筋と鼻根筋のコリをほぐすマッサージ方法を見ていきましょう。

【皺眉筋マッサージ1】

①右手の親指と人差し指の腹で、右の眉頭あたりの皺眉筋をつまみます。
※眼球を傷つけないように注意しましょう。

眉間のシワ改善方法
②つまんだ状態で、上下左右に細かく揺らします。
③つまむ位置を少しずらして、②のように揺らします。これを眉山あたりまで行います。
④反対側も同様に行います。
※痛みがひどくない場合、左右同時に行ってもOKです。

【皺眉筋マッサージ2】

①軽く目を閉じます。
②両手の中指の腹を左右の鼻の付け根に置きます。
眉間のシワ改善方法
③そこから左右交互に、指の腹を上方向(額に向かって)に押し上げます。左右各5回。
④眉頭の内側にあるくぼみに位置するツボ「攅竹(さんちく)」に、両手の中指の腹を置き、痛気持ち良い程度に5秒押し上げます。
眉間のシワ改善方法

※眼球を傷つけないように注意しましょう。
⑤そのまま両方の指の腹を、上方向(額から生え際に向かって)にすべらせます。
⑥ ④~⑤を5セット繰り返します。

【鼻根筋マッサージ】

①軽く目を閉じます。
②左手の人差し指と中指の腹で、左右の眉頭の上あたりを押さえて上に引っ張ります。
※画像の青色矢印部分
眉間のシワ改善方法
③右手の人差し指の腹を眉間の少し下のくぼんだ部分(鼻の付け根)に置き、上下に細かく30回揺らします。
※眼球を傷つけないように注意しましょう。
④ ③の指の位置のまま、左右に細かく30回揺らします。
※眼球を傷つけないように注意しましょう。
⑤右手の人差し指の位置を眉間に移動させ、③~④を繰り返し、眉間全体をもみほぐします。
※③~⑤:画像の赤丸部分

⑥(左手の指は外して)右手の平の付け根を眉間に当てて、円を描くように5回もみほぐします。
眉間のシワ改善方法
※上画像では美顔器を当てていますが、このようなイメージで手の平の付け根でマッサージしましょう。
⑦右手の平の付け根を眉間に当てたままで、上方向(額に向かって)押し上げます。

マッサージとスキンケア習慣で眉間のシワをなかったことに!

以上の皺眉筋・鼻根筋マッサージで凝り固まった筋肉をほぐせば、眉間のシワだけなく目元の重だるさもスッキリして表情が明るくなるはず!

また、同時に普段のスキンケアでも肌にハリと潤いを与えるエイジングケア・リンクルケア系を選び、筋肉からも肌質からもシワ改善を目指しましょう。

眉間のシワにもおすすめなリンクルケアクリーム

FORMAコルセットクリーム

・商品名:フォルマ コルセットクリーム(FORMA CORSET CREAM)
・内容量:30g
・価格:9,900円(税込)

女性の美しいフォルム作りを追求するプロフェッショナルブランド「FORMA」発のリンクルケアクリーム「フォルマ コルセットクリーム」。なんといっても注目なのは、表情筋にアプローチすると話題の成分「アクティジム」配合なこと!

「塗るだけで有酸素運動をした時と同じような作用が起こる」と世界的に評価されており、衰えた表情筋にアプローチして、たるみを誘発する脂肪の燃焼まで期待できるんです。

コルセットクリームおでこのシワ改善B&A
参照:コルセットクリーム使用者のおでこ・眉間のシワBEFORE&AFTER画像 

もちろん、眉間のシワを作る要因の皺眉筋・鼻根筋対策にも◎。凝り固まった筋肉をほぐしてスッキリとした印象に導きます。

さらにシワ改善に嬉しい成分として、肌のハリを支える真皮層で働く「シルタリス」。この成分には、細胞内のミトコンドリア機能を活性化し、ATP産出を促進する作用があります。

ATPとは、「筋肉を動かす」「保湿成分セラミドやタンパク質を合成する」「細胞が新陳代謝を行う」時の重要なエネルギー源のこと。ATP産出量が増えるほど、筋肉に元気がチャージされて、肌のキメ・潤い・ハリ感も上向きに!

また、混合アミノ酸成分「P.P.A.A」は、肌のハリ・弾力を司るコラーゲンなどの働きをサポート。悩みの多いエイジング肌にプラスしたい成分です。

そのほか、血管系疾患の医薬品にも採用される植物由来の血流促進成分「グルコシルヘスペリジン」が、血行不良にアプローチ。

厳選された複数の美容成分が筋肉と肌の両方に働く「FORMA コルセットクリーム」。

美容のプロがとことんこだわって開発した「FORMA」発想のリンクルケアクリームなら、毎日のスキンケアで長年の悩みに変化が起きるはずです!

■「FORMA コルセットクリーム」の使い方など、もっと詳しく知りたい方はこちら
コルセットクリームバナー

【関連記事】
『おでこのシワで老け見えに!ハリツヤ肌を取り戻すシワ改善方法』

『目元のちりめんジワ原因と対策!老け見えジワ撃退で若見え効果を狙うには』

『老け見えマリオネットラインを予防・改善!簡単エクササイズでシワ・たるみをなかったことに』

『ほうれい線を消す方法!薄くする、作らないほうれい線ケアで若見え肌をキープして』

『目の下のクマは3種類!原因別の改善対策ですっきり目元を手に入れる方法』

『炭酸パックの驚くべき美肌効果|炭酸ガスが新陳代謝を高めて透明ハリツヤ肌へ!高濃度炭酸パック紹介』

『髪がぺたんこになる原因は?根元からボリュームアップさせるテクニックと対策方法』

『大人世代のファスティングのメリット・デメリットとおすすめファスティング方法』

『頬がこける原因は?頬こけ解消を叶える簡単予防・改善対策』

『まぶたのむくみを即解消!むくみ目になる原因とむくみ改善マッサージ方法』

『いつまでも若々しい人の秘密「テロメア」ケアで老け知らずな未来を!』